神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

どの金融商品を購入するかよりアセットアロケーションが重要

スポンサーリンク

おはようございます。

当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 

いろいろあって積み立てニーサを始めてみましたが、emaxis slimシリーズの米国株式と先進国株式の違いについてはあまり意識しなくてよいでしょうか?

やはりemaxis slimシリーズであれば米国株式がおすすめなのでしょうか?

idecoはオールカントリーにするつもりですが、NISAはすこしせめてみたいとおもい、米国株式中心にしようとおもっている素人です。

よければご教授ください。

ご質問ありがとうございます。

株式投資と言うとどうしてもどの金融商品を購入すべきかという点に話題が集中しがちですが、もっと大きな視点で考える必要があります。

どの金融商品が優れているかということよりも、まずは自分の資産のうち何割を現金で保有するか、何割を株式に回すかといった資産配分を検討すべきです。

本日は、アセットアロケーションを決めることの重要性を振り返ります。

f:id:shinkei807:20180322200749j:plain

どの金融商品を購入するかよりアセットアロケーションが重要

アセットアロケーションを初めに考えないと大怪我します

ご質問者様の場合、どの商品を購入するかということよりも、アセットアロケーションを先に決める必要があります。

アセットアロケーションを決めておかないと、野球のルールも全く知らないのに、どのグローブがよいかスポーツ用品店に行って選んでいるような訳の分からない状態になってしまいます。

 

最低でも自分の全財産のうち、

1) 現金(日本円):無リスク資産

2) 株式:リスク資産

を◯:△の割合で保有するというおおまかなルールは決めておきましょう。

このうち、2)の株式部分に関しては最悪の場合は50%くらいまで下がることを覚悟できるだけの金額を割り振ることが重要です。

50%になるなんてとても耐えられないという場合は、1)の現金比率を高め、各個人に合わせた投資をすればよいでしょう。

 

アセットアロケーションに関しては、以下の記事をよろしければどうぞ。

www.churio807.com

www.churio807.com

 

eMAXIS Slimシリーズはおすすめですが、各商品毎の特性は理解したい

次に、2)の株式をどのような形で保有するかという話にうつります。

年齢が若ければ、つみたてNISAやiDeCoのような非課税制度を最大限に活用するのがよいでしょう。

ただし、iDeCoは原則60歳まで掛け金を引き出すことができませんから、より慎重に投資判断を下す必要があります。

また、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)がおすすめかどうかは一概には言えません。

全世界の株式時価総額のうち50%以上を米国が占めている以上、米国を外した投資というのは考えられませんが、米国だけへの集中投資をよしとするか否かは意見が分かれるところでしょう。

私個人としては、米国株を中心にしつつ、他の先進諸国や新興国にもある程度の資金を割り振るべきだと考えています。

個人的なおすすめはeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)ですが、どの商品がよいかというのは絶対的な正解はありません。

自分の信じられるシナリオに沿って投資判断を下すしかないでしょう。

ただ、どのような事態になっても最も後悔が少ない選択肢はオーソドックスな世界分散投資だと思います。

 

まとめ

以下でご紹介する本を読んで、アセットアロケーションをよく検討することを強くおすすめします。

どの金融商品を購入するかというのは二の次でしょう。

 

【おすすめ投資本】

山崎元氏の書籍は、平易な文章で書かれているため初心者の方でも読みやすく、どの書籍をみても結論が一貫しているのでおすすめです。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

橘玲氏の書籍の中では、以下が最もおすすめです。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫)
 

 

こんな記事も書いています。

各個人のリスク許容度の範囲内で、最大限株式に資金を回して長期保有するのが鉄則です。

www.churio807.com

 

楽天VTIとeMAXIS Slim米国株式(S&P500)はどちらを購入すべきか、ということは深く考えても結果に大きな差は出ないので無駄です。

www.churio807.com

 

インデックス投資をこれから始める人向けに書いた記事です。

www.churio807.com