神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

サラリーマン投資家ならドルコスト平均法による積立が最もストレスフリーです

おはようございます。 ドルコスト平均法による積立投資は賛否両論分かれる投資手法ですが、やはりサラリーマンのような給与所得者との相性は抜群だと思います。 多くのサラリーマンは無自覚かもしれませんが、その月にどれだけ休んだか、どれだけ成果を上げ…

手元のキャッシュをPFFやARCCに置き換えて配当メリットを享受すべきか?

おはようございます。 手元のキャッシュをすぐにでも投資して配当メリットを享受すべきか否かについて以下のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログ読ませて頂いております。 お陰様でと言うわけではないですが、自分の資産形成に高い問題意識を持って…

株式投資でベストを求めすぎず、不確実な要素とどう付き合っていくか

おはようございます。 メガバンクの普通預金金利が0.001%しかない超低金利時代において、稼いだお金を銀行預金に置いておいても増えていく見込みはありません。 そこでどうすべきかを真剣に考えれば、必然的に株式投資や不動産投資など現金以外のアセットへ…

クレジットカードは家計の節約と相性が悪いのか?

おはようございます。 昨日ツイッターを眺めていたところ、インヴェスドクターさんの以下のツイートが目に止まりました。 下記のツイートで引用されている元記事は残念ながら医師の方しか見ることができません。 私は全く反対の意見で、クレカと家計簿をリン…

国力が衰退する日本において外貨建て資産を積み上げることの重要性

おはようございます。 日本では超少子高齢化がますます加速し、2065年までに約8,800万人まで人口が減少することが確実視されています。 2040年頃までは高齢者人口自体は増加しますが、それ以降は高齢者人口すら減少に転じるようです。 このように、人口の絶…

税負担増の社会では節約や節税にウェイトを置かざるを得ない

おはようございます。 給与所得控除の上限が年々段階的に下げられ、社会保険料の負担が右肩上がりに増している現状に直面しますと、少子高齢化社会を生き抜くのは大変だと常々実感します。 高齢者の数が増え続け、その一方で高齢者を支える若者の数が減り続…

個人投資家もリターンを追求してフルインベストメントをすべきか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、フルインベストメントの是非について以下のご質問をいただきました。 はじめまして! そらまめおと申します。 いつも楽しく拝見しております。 以前から気になっていた米国株投資を、一念発起して今年から始め…

メインのクレジットカードはVISAかMasterCardで保有しよう

おはようございます。 クレジットカードに関しては、メインカードはVISAかMasterCardで保有しておくのが無難です。 クレジットカードに関しては、VISAが世界シェアの56%で圧倒的なナンバーワン、MasterCardが次点で26%となっているからです。 シェアだけで全…

銀行口座は楽天銀行とメガバンク一社を併用するのが正解

おはようございます。 昔と異なり超低金利時代の日本において、どこの銀行口座を使っても得られる金利は微々たるものであるのは事実です。 とはいえ、同じ普通預金金利であってもメガバンクとネットバンクでは100倍異なることがあります。 また、ネット銀行…

米ドルのプール先として外貨建てMMFを活用しよう

おはようございます。 2018年12月の株価急落は記憶に新しいところですが、その一方で2019年に入ってからはわりと順調に株価が回復しました。 昨今の株式市場は、トランプ大統領のツイート一つで簡単に上にも下にも揺れ動きますので、正確に予測するのは難し…