神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

自分のメインの収入源の暴落耐性を確認しよう

おはようございます。 できるだけ安値で買って高値で売るというのが投資の大原則であることは間違いありません。 そして、世の中の大半の金融商品が安くなる大暴落は約10年〜20年に1回の頻度で起きています。 なんの備えもなしに暴落相場に突入することはあ…

海外ETF投資(VT・VTI)のメリット・デメリットと出口戦略とは?

おはようございます。 投資を行うにあたって、暫定的なものでもよいのでゴール設定と出口戦略を考えておくことは非常に重要です。 私は以前は日本の個別株中心に勝負していた時期もありますが、今は海外ETFメインの投資に切り替えています。 本日は海外ETF投…

『脳を鍛えるには運動しかない!』は運動に対するモチベーションを向上させる一冊

おはようございます。 食事と運動というのは、健康管理における基本中の基本です。 しかし、頭では理解していながらも、実際に健康に良い食事や定期的な運動を長年に渡って継続するというのは非常に難しいことです。 インデックス投資においても、何があって…

特定口座の源泉徴収あり・なしはどちらを選択すべきか?

おはようございます。 当ブログの読者である同業の先生から、特定口座の源泉徴収あり・なし、どちらを選択すべきかについて以下のご質問をいただきました。 はじめまして、米国株1年目の いもようかん と申します。 非常に為になる情報をありがとうございま…

【ほったらかし投資術】インデックス投資の初めの1冊におすすめ!

おはようございます。 『ほったらかし投資術』はインデックス投資をこれから始めようという方の初めの1冊におすすめです。 新書ですので手に取りやすく、山崎先生も水瀬さんも非常に簡潔で明快な文章を書かれますので、投資初心者の方でも読みやすいです。 …

日本に住みながら経済力を維持するには「副業」と「外国への投資」が鍵

おはようございます。 今後、日本に住みながら経済力を維持するには、「副業」と「外国への投資」が欠かせません。 また、これからはより流動的な世の中になりますので、刻一刻と変わっていく状況に対して臨機応変に対応できる能力が求められます。 同じもの…

貯蓄と投資のバランス、その優先性は?

おはようございます。 2020年3月のコロナショック後から急速に株価が回復し、その頃に購入した株に関しては含み益が大きく膨らんでいる方も多いのではないかと思います。 COVID-19は世界的に終息への道筋が見えてこない中、私自身も今年の春先に仕込んだ銘柄…

ETFと個別株投資のメリット・デメリットは?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、下記のご質問をいただきました。 いつもブログを拝見させていただいております。 私は田舎で会社を営んでおり、39歳の男性です。 Twitterがきっかけででちゅり男さんのブログを読み、ちゅり男さんオススメの…

ETF投資は決算発表でメンタルを削られないのが最高

おはようございます。 私自身は、以前は個別株中心のポートフォリオを組んでおり、投資の規模が大きくなるにつれて分散の重要性に気が付き、徐々にETFメインの投資へシフトしています。 米国株の場合、四半期ごとに決算ラッシュが訪れますが、ETF投資の最大…

ETF運用会社の倒産リスクをどの程度想定すべきか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、「ETF運用会社の倒産リスクをどの程度想定すべきか?」という点についてご質問いただきました。 初めまして。いつもブログを楽しく読ませて頂いております。 長期投資を行っていく上でリスク軽減を目的に私もE…

個別株投資では買い以上に売りの技術が求められる

おはようございます。 かの有名なウォーレン・バフェットの格言の1つに以下があります。 ルール1:絶対に損をするな ルール2:絶対にルール1を忘れるな これは非常に重要な投資格言で、大きな損失さえ出さなければ後からいくらでも取り返すチャンスはやって…

「物が欲しい」から「株が欲しい」にシフトしてから節約の効率が上がりました。

おはようございます。 私個人の経験では、投資を始める前と後で家計管理に対する意識が大きく変わりました。 特に、「物が欲しい」という欲が減り、その代わりに「株が欲しい」という気持ちが芽生えたのが大きかったですね。 お金の数字に対する意識も大きく…

「長期」の「インデックス投資」でプラスサムゲームに参加しよう。

おはようございます。 世の中には、プラスサムゲーム、ゼロサムゲーム、マイナスサムゲームというものがあります。 この中で、最も参加してはならないのは当然マイナスサムゲームです。 しかし、実際には宝くじや競馬、パチンコなどのマイナスサムゲームが日…

債券ETFのBNDは手堅いですが、やはり長期投資の中心は株式です

おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 こんにちは。 いつも貴殿のブログを拝読させて頂き勉強させて頂いております。 誠に恐縮ではございますが、ご質問がございます。 現在、46歳で非課税枠をフルに使い企業型DCとつ…

投資で安易にレバレッジをかけるのはやめましょう

おはようございます。 レバレッジ取引はその値動きの大きさが魅力で、一部のアグレッシブな投資家からは大変人気があります。 レバレッジ取引で少し成功体験を積むと、その値動きの大きさが中毒となり、ますますレバレッジの魅力に取り憑かれてしまうという…

インデックス投資オンリーならば楽天証券の投信積立で決まり

おはようございます。 私自身は海外ETFや米国株を中心に資産運用をしていますので、為替コストの低いSBI証券をメインで選択しています。 また、90日間の指値注文が可能であり、逆指値注文も可能、米国株の時間外取引が可能というサービスが充実しているマネ…

インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいか?

おはようございます。 「インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいですか?」 という内容の質問を頂戴することが増えましたので、一度私の考えをまとめておこうと思います。 結論から書きますと、個人的には「少額で今すぐに開始する」のがよいと思い…

お金の知識を身につける時も大局を見失わないよう注意しよう

おはようございます。 資産形成に関するブログを運営していてこんなことを言うのは問題かもしれませんが、お金の知識というのはそこそこあれば十分で、必要以上に勉強しすぎてもあまり意味がないのかなと思っています。 例えば、金融商品に関してはVTを買っ…

毎月20万円の余剰資金でNISA口座で何を購入するか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 はじめまして。 いつもブログを読ませていただいています。 ちゅり男さんのブログを拝見させていただき、本格的に投資を始めようと思いました。 目標としてはセミリタイアまでは…

外国債券・外貨建てMMFはポートフォリオに必要か?

おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 はじめまして。 毎日、通勤電車の中で楽しく勉強させて頂いております。 今まで個別株投資を行っていたのですが、最近積立投資を始めました。 そこで積立投資は何年かけて積み立…

セゾン、コモンズ、ひふみなどの高コスト投資信託から低コストな商品に乗り換えるべきか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、ファンドの乗り換えに関して以下のご質問をいただきました。 40歳台中盤の共働き地方公務員(2児の父・住宅ローン60歳まで)です。 最近先生のブログを発見し、最初から最後まで通読させて頂きました。 とても…

配当金は株価の変動よりも安定的で投資継続の大きなモチベーションになる

おはようございます。 インデックス投資において、数十年後のトータルリターンを考えれば、配当金は受け取らずに自動再投資するのが最適解なのは間違いありません。 配当金を得るのはこまめに利益確定をしていることと同じですので、その都度税金がとられて…

手元のキャッシュをPFFやARCCに置き換えて配当メリットを享受すべきか?

おはようございます。 手元のキャッシュをすぐにでも投資して配当メリットを享受すべきか否かについて以下のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログ読ませて頂いております。 お陰様でと言うわけではないですが、自分の資産形成に高い問題意識を持って…

個人投資家もリターンを追求してフルインベストメントをすべきか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、フルインベストメントの是非について以下のご質問をいただきました。 はじめまして! そらまめおと申します。 いつも楽しく拝見しております。 以前から気になっていた米国株投資を、一念発起して今年から始め…

国力が衰退する日本において外貨建て資産を積み上げることの重要性

おはようございます。 日本では超少子高齢化がますます加速し、2065年までに約8,800万人まで人口が減少することが確実視されています。 2040年頃までは高齢者人口自体は増加しますが、それ以降は高齢者人口すら減少に転じるようです。 このように、人口の絶…

税負担増の社会では節約や節税にウェイトを置かざるを得ない

おはようございます。 給与所得控除の上限が年々段階的に下げられ、社会保険料の負担が右肩上がりに増している現状に直面しますと、少子高齢化社会を生き抜くのは大変だと常々実感します。 高齢者の数が増え続け、その一方で高齢者を支える若者の数が減り続…

メインのクレジットカードはVISAかMasterCardで保有しよう

おはようございます。 クレジットカードに関しては、メインカードはVISAかMasterCardで保有しておくのが無難です。 クレジットカードに関しては、VISAが世界シェアの56%で圧倒的なナンバーワン、MasterCardが次点で26%となっているからです。 シェアだけで全…

銀行口座は楽天銀行とメガバンク一社を併用するのが正解

おはようございます。 昔と異なり超低金利時代の日本において、どこの銀行口座を使っても得られる金利は微々たるものであるのは事実です。 とはいえ、同じ普通預金金利であってもメガバンクとネットバンクでは100倍異なることがあります。 また、ネット銀行…

株式投資でベストを求めすぎず、不確実な要素とどう付き合っていくか

おはようございます。 メガバンクの普通預金金利が0.001%しかない超低金利時代において、稼いだお金を銀行預金に置いておいても増えていく見込みはありません。 そこでどうすべきかを真剣に考えれば、必然的に株式投資や不動産投資など現金以外のアセットへ…

保有中の投資信託を売却して米国ETFへ完全移行すべきか?

おはようございます。 今現在保有中の投資信託を取り崩して米国ETF投資へ移行すべきか否かについて、以下のご質問をいただきました。 ちゅり男さま いつも興味深く拝読させていただいております。 ニックネーム複利攻勢といいます。突然の書き込み失礼します…