神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

インデックス投資

利益が出ているアクティブファンドからインデックスファンドへ乗り換えるべきか?

おはようございます。 当ブログの読者から以下のご質問をいただきました。 毎朝、通勤電車の中でブログを読むのが日課となり、楽しみにしています。 いつも有意義なブログをありがとうございます。 現在41才の公務員です。 2019年からイデコ、つみたてNISA、…

夫婦で資産形成をする時に注意すべきポイント

おはようございます。 当ブログの読者から以下のご質問をいただきました。 ちゅり男先生 毎日ブログを拝見させて頂き、日々大変勉強させて頂いております。 30台前半、都内で勤務医をしている者です。 先生のブログを拝見し、2019年夏より、資産形成を始めま…

インデックス投資以外に金や個別株に投資する必要性

おはようございます。 当ブログの読者から以下のご質問をいただきました。 いつも有益な情報をありがとうございます。 日々参考にさせていただいております。 私は26歳研修医2年目です。 最近、ちゅり男様が発信されております情報を元にインデックス投資を…

月10万円から始めるインデックス投資の方法

おはようございます。 当ブログの読者から以下のご質問をいただきました。 いつも有益な情報ありがとうございます。 参考とさせて頂いております。 私は30歳救命科医師です。 最近株式投資を始めました。 目的は、30年後の資金確保です。 期間は20−30年で長…

インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいか?

おはようございます。 「インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいですか?」 という内容の質問を頂戴することが増えましたので、一度私の考えをまとめておこうと思います。 結論から書きますと、個人的には「少額で今すぐに開始する」のがよいと思い…

つみたてNISAを活用して月4.5万円から始める投資戦略

おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 はじめまして. リベ大の両学長のYouTubeチャンネルからちゅり男さんのことを知りブログを読ませていただいています. 私は作業療法士として病院勤務しています. 30代に入り…

夫婦ともに同じ金融商品・投資手法を選択することはデメリットか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、夫婦での資産形成について以下のご質問をいただきました。 いつもわかりやすく、ためになる情報ありがとうございます。 30代前半、医師夫婦で昨年からやっと資産形成をはじめたところで、 日々、先生のブログ…

つみたてNISAは株式100%で運用するのが正解です

おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 初めまして。 こちらから質問をお送りしてもよろしいでしょうか。 つみたてnisaのスイッチングと年齢に応じたリスク軽減に関してです。 ちゅり男さんのブログを拝見し、来月から…

毎月定額で投資をしたい場合、ETFか投資信託どちらを選択すべきか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、以下のご質問をいただきました。 ブログいつも拝見させていただいております。 ちゅりおさんのように海外ETFのドルでの積みたをしたいと思ったのですが、 米国株が好きでS&P500を指標にするVOOで積み立てたい…

配当金目当てにVTへ投資するのはアリなのか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 40手前の外科医です。 いつも有用な発信をありがとうございます。 毎日拝読させて頂いております。 ちゅり男さんの、全世界株式投資に絞るという構想に強く賛同しており、 全世…

投資初心者にはVTよりもeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)がおすすめ

おはようございます。 当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 ちゅり男様、いつもブログやTwitterで勉強させていただいております。 当方、32歳独身女性、年収500万の会社員です。 2020年に銀行預金が1000万になり、iDeCoとつみたてNISAおよ…

「長期」の「インデックス投資」でプラスサムゲームに参加しよう。

おはようございます。 世の中には、プラスサムゲーム、ゼロサムゲーム、マイナスサムゲームというものがあります。 この中で、最も参加してはならないのは当然マイナスサムゲームです。 しかし、実際には宝くじや競馬、パチンコなどのマイナスサムゲームが日…

バランスファンドのメリット、デメリットとおすすめ商品2選

おはようございます。 バランスファンドは一部の投資家から根強い人気があります。 バランスファンド一本購入するだけだとシンプルで手間が全くかからず、資産管理が容易という点が最も評価されているのだと思います。 私自身はバランスファンドは利用しない…

「インデックス投資」x「非課税口座(iDeCo、NISA) 」x「年数」は最強の投資法だと思う。

おはようございます。 数ある投資法の中でも、「インデックス投資」x 「非課税口座(iDeCo、NISA)」x 「年数」は最強の投資法だと思います。 何をもって最強とするかは個々人の意見が分かれる所かと思いますが、少なくとも老後の生活資金を調達するという目…

海外ETF投資(VT・VTI)のメリット・デメリットと出口戦略とは?

おはようございます。 投資を行うにあたって、暫定的なものでもよいのでゴール設定と出口戦略を考えておくことは非常に重要です。 私は以前は日本の個別株中心に勝負していた時期もありますが、今は海外ETFメインの投資に切り替えています。 本日は海外ETF投…

自動積立は本当にストレスフリーです。「積立貯金」ならぬ「積立ETF」をSBI証券で実践します。

おはようございます。 10年以上に渡って今までに様々な投資法を試してきましたが、30年以上の長期投資では結局VTやVTIの積み上げが一番時間対効果が高いのかなと思います。 この「時間対効果」というのは投資において見逃せないファクターだと思っていて、 …

長期投資が前提のインデックス投資家にとって一番大変なのは「退屈さ」と付き合うこと

おはようございます。 インデックス投資家にとっての最大の敵は「退屈さ」だと思います。 いや、本当に退屈なんですよ。 何も考えずに世界分散投資であれば、VT一本購入しておけばそれで済んでしまうわけですから、本当に暇ですよね。 私は投資がけっこう好…

つみたてNISA3ヶ月目の成績を公開。楽天VTIと楽天VTのパフォーマンス差と将来は?

おはようございます。 つみたてNISAを開始して3ヶ月が経過しましたので、運用成績をまとめておきます。 2018年1月から、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)と楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を50%ずつ買い付けるだけのシン…

SBI証券の米国株式・海外ETFの定期買付サービスで4月からVTを購入します。NISA口座以外では手数料との戦いですね。

おはようございます。 2018年3月10日から、SBI証券で米国株式・ETFの定期買付サービスを開始しました。 SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を- SBI証券は、他社に先駆けてこのような先進的な試みを打ち出す傾向…

米国+新興国株投資の是非について。日本と欧州市場は切って捨てるべきなのか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、「米国株+新興国株投資の是非」について下記のようなご質問をいただきました。 米国株+新興国株投資の是非について いつも勉強させて頂いております。 米国+新興国株投資について先生のご意見をお伺いしたい…

VT、VTI、VYM、VEA、VWOの5年チャートを眺めて考察してみる

おはようございます。 以前から当ブログで何度も取り上げているように、私のポートフォリオの最大部分を占めるのはバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。 今回の米国市場のちょっとした調整を経験して、やはりVTを保有し続けるのは精神的…

2018年始からつみたてNISAを始めた人は勝ち組になれそうですね!

おはようございます。 先日、ダウ平均株価が急落したニュースがありましたが、今はヨコヨコで推移していますね。 この後もう一弾の下げが来るのかは私には分かりませんが、2018年は2017年よりも面白い相場になりそうでワクワクしています。 2017年のような右…

妻の銀行預金の一部でWealthNavi(ウェルスナビ)をやってもらおう!

おはようございます。 我が家は夫婦共働きで、それぞれ別々の銀行口座で預金を管理しています。 妻の銀行預金は生活防衛資金の一部として日本円で保管し続けてきたのですが、会社の財形を含めると約1000万円あることが判明しました。 さすがに1000万円を日本…

投資環境の改善によって、20代の方は「簡単・シンプル」な方法に徹するだけでも合格点がとれる世の中になりました。

おはようございます。 世の中には、天性の才能で相場の流れを読むのに長けた人がごく一部いらっしゃるようですが、そういった方の経験談は面白く聞くことはできても、自分が同じことを実践しても同じように成功することはありません。 そうした一部の恵まれ…

インデックスが絶好調な時には素直にその流れに乗っておくのが得策!?

おはようございます。 私自身は、はるか昔に逆張りで購入したままホールドし続けている個別株はありますが、最近では個別株の新規投入はしていません。 VTやVTIなどのインデックスをコツコツと積み重ねている程度です。 これは個別株投資を否定するものでは…

世の中に100%完璧なアセット・アロケーションというものは存在しません!

おはようございます。 投資を始めたばかりの方から、「アセット・アロケーションはどのようにすべきでしょうか?」といった内容のご質問をいただくことが増えてきました。 インデックス投資を始めたばかりの方が必ず悩むのが、自分のアセット・アロケーショ…

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)とiFree S&P 500インデックスはどちらが買いか?

おはようございます。 昨日は久しぶりにブログの更新ができませんでした。 同僚の先生がインフルエンザで休みになったため、急遽代役で当直に入ったためです。 インフルエンザが本格的に流行してきていますので、皆さんもお気をつけください。 さて、本題に…

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」の第1位は楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)でした!

おはようございます。 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」の結果が発表されました。 今年は、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)が1位でしたね。 ニッセイ外国株式インデックスの4連覇を阻止した形になります。 以下のリンクから…

つみたてNISAの「ドルコスト平均法」は60〜70点狙いの投資法です。デメリットも知って使い分けましょう。

おはようございます。 本業が忙しいビジネスマンの方の中には、ドルコスト平均法で毎月積立を実践している方も多いと思います。 2017年からはSBI証券で「毎日積立」という究極のドルコスト平均法とも言うべき投資法も可能になりました。 また、今年から始ま…

高信託報酬の投資信託の積立をやめて、つみたてNISAで別の商品に変更すべきか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、下記のご質問をいただきましたので回答させていただきます。 ブログ参考にさせて頂いてます。 ご相談したいのですが・・・50代後半です。来年積立ニーサを始めるにあたって、10年間継続中の野村アセットマネジ…