神経内科医ちゅり男のブログ

初心者でも実践できる投資や節約術を紹介しています。人生を豊かにする本や健康情報との出会いも。

SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の概要と活用法

スポンサーリンク

おはようございます。

SBI証券では、2022年6月3日から「米ドル定期自動入金サービス」が開始されました。

詳細は以下のページを御覧ください。

www.sbisec.co.jp

住信SBIネット銀行で両替した米ドルをSBI証券に自動的に入金してくれるサービスで、このサービスを用いることによりSBI証券へのドルの移し忘れを防ぐことができます。

「外貨積立」や「米国株・ETF定期買付サービス」と組み合わせることにより、米国ETFに完全ほったらかしで積立投資できる可能性がでてきました。

本日は「米ドル定期自動入金サービス」の概要と活用法を紹介します。

SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の概要と活用法

本日の記事の要点は以下の通りです。

1. SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の概要

2. 両替した米ドルを証券口座へ移す手間が減るのは嬉しい

3. 米国株式・ETF定期買付サービスとの相性が抜群

以下詳細を見ていきます。

 

1. SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の概要

まず初めに、「米ドル定期自動入金サービス」の内容についてです。

以下の画像を見ていただくと分かりやすいと思います。

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA から画像引用

要点としては、

・毎月任意の5日間を上限に、1日あたり好きな金額を指定して住信SBIネット銀行からSBI証券へ米ドルを入金可能

・最低10ドルから設定可能で手数料は無料

となります。

住信SBIネット銀行で外貨積立を活用されている方は、積み立てた米ドルをその都度自動的にSBI証券に入金してくれますので、大変ありがたいですね。

 

2. 両替した米ドルを証券口座へ移す手間が減るのは嬉しい

今回の「米ドル定期自動入金サービス」は、住信SBIネット銀行で「外貨積立」を利用されている方には特に相性がよいです。

www.churio807.com

せっかく外貨積立を利用して自動的に米ドルに両替したとしても、最終的にはそれを使って米国株やETFを仕入れなければ意味がありません。

今回の新サービスによって、証券口座へ米ドルを移すひと手間も無くなると投信積立のように自動化できますので、「ETFでもほったらかし投資」が可能になります。

 

3. 米国株式・ETF定期買付サービスとの相性が抜群

SBI証券では、以前から「米国株式・ETF定期買付サービス」を提供しています。

www.sbisec.co.jp

これは、毎月決まった日にちや曜日を指定して、指定した株数や金額で自動的に米国株やETFを買付してくれるサービスです。

投信積立のETF版というイメージですね。

ただし、投資信託と異なり米国株やETFは1株単位でしか取引できませんので、厳密に「1万円ピッタリ」などは不可能です。

VTやVTI、VOOなどの本家ETFを自動的に積み立てることができる非常に便利なサービスですが、これまでは住信SBIネット銀行からSBI証券へ米ドルを移すのに一手間かかっていました。

うっかりSBI証券に米ドルを移し忘れて買付余力が不足すると定期買付が実行されませんので、そこそこ気を使う必要があったのですが、今回の「米ドル定期自動入金サービス」を利用することでその心配が減るのは嬉しいですね。

 

まとめ

SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の紹介でした。

住信SBIネット銀行の「外貨積立」やSBI証券の「米国株・ETF定期買付サービス」と組み合わせることで、為替コストを抑制しながらETFを自動積立可能になりますね。

 

【お金と上手に付き合う方法を身につけるためのおすすめ本2選】

1. サイコロジー・オブ・マネー

資本主義社会の中ではお金との付き合いは避けることができません。

お金を味方につけ上手に付き合うことができれば、人生の幸福度は向上します。

 

2. お金の大学

両さんの『お金の大学』です。

お金の知識もいきなりマニアックなことを学ぶのではなく、まずは浅く・広く総論から身につけることが重要です。

 

こんな記事も書いています。

VT、VTI、VOOなどの主要なETFの買付手数料がゼロという素晴らしい時代になりました。

www.churio807.comc

 

長期投資ではあれこれ余計なことを考え出すとかえって失敗することが多いため、投資を自動化することが重要です。

www.churio807.com

 

SBI証券ではVポイント投資が可能になっています。クレジットカードを利用した投信積立との相性が抜群ですね。

www.churio807.com