神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

どんなときもWiFiを契約。月額3480円で完全無制限、トリプルキャリア対応で最強です。

スポンサーリンク

おはようございます。

2017年にブログを始めて以来、外出先でパソコンをネットにつないで作業をする機会が増えました。

今までは、楽天モバイルの「組み合わせプラン」で10GBプランを契約し、適宜テザリングでPCをネットにつないでいました。

ところが、楽天モバイルの契約者数が増えるにつれて、お昼休みの時間帯と夕方〜夜にかけての通信速度が遅くなる問題が発生してきました。

そこで、新たに完全使い放題のポケットwifiである「どんなときもWiFi」を契約してみました。

使い始めて1ヶ月以上が経過しましたので、その使用感を報告します。

donnatokimo-wifi.jp

f:id:shinkei807:20190704062747p:plain

どんなときもWiFiを契約。月額3480円で完全無制限、トリプルキャリア対応で最強です。

どんなときもWiFiの最大のメリットは通信制限がないこと

どんなときもWiFiの最大のウリは、なんといっても「完全無制限で使い放題」という点にあります。

今までも、WiMAXやY mobileなどの使い放題系のサービスはあったわけですが、実際には「3日間で10GBの通信制限」などの制約がありました。

3日間で10GBとなりますと、外出先で動画などを見るとすぐに超えてしまう可能性があり、実際には使い放題とは言えない代物でした。

その弱点をクリアしたのがどんなときもWiFiですね。

実際、外出先でガンガン動画を見たりして試験してみましたが、通信制限に引っかかることはありませんでした。

 

クラウドSIM、トリプルキャリア対応で通信速度も問題なし

通信速度も都市部で使う分には全く申し分ありません。

高画質の動画を読み込む時に時々カクつくことがありますが、DAZNが外出先でも問題なく視聴できましたので個人的には合格点です。

私自身は詳しいことは分かりませんが、どうやらクラウドSIMという仕組みを利用しており、docomo、ソフトバンク、auの三回線を自由に行き来することが可能なおかげで、電波の強い通信サービスに自動的に切り替わる仕組みになっているようです。

一昔前のルーターはSIMカードを差し込む必要がありましたが、それすら必要ありませんので、電源を入れて初期設定をしたらすぐに使うことができます。

時代はどんどん進化していますね。

 

料金は「2年割り」で初めの2年間は3480円/月です

次に毎月の利用料金ですが、契約後初めの2年間は「2年割り」が適応されて3480円/月となります。

3年目からは3980円/月に値上げになるようです。

この業界の進化のスピードはめざましく、2年後には他社のサービスも向上しているでしょうから、2年後にはほぼ確実に乗り換えだと思います。

とはいえ、今の段階ではどんなときもWiFi以外に「完全使い放題」のポケットwifiはありませんから、大変面白い試みだと思います。

私自身は、家族があるので自宅には光回線を敷いていますが、一人暮らしの人ならば完全使い放題のどんなときもWiFi一台で完結してしまいますね。

ちなみに、私が契約した時は2日後には端末が自宅に届いていましたが、今は人気が出てルーターの在庫切れが発生しているようです。

 

どんなときもWiFiは2年縛りがあるのを承知で契約しました

私は、docomo、ソフトバンク、auの3大キャリアのいずれも利用した経験がありますが、その時に最も嫌いだったのが「2年縛り」です。

契約してから24ヶ月(2年)の間に契約を解除すると契約解除料を支払わなければならないというものですね。

契約更新月の間に契約解除の手続きをすれば契約解除料はかかりますが、わずか1〜2ヶ月の契約更新月を見逃すと再び2年間の契約が自動更新されるというのがスタンダードでした。

数年前から、SIMフリーのiPhoneと格安SIMサービスを利用するようになり、2年縛りから解放されて実に嬉しかった記憶があります。

ところが、今回私が契約したどんなときもWiFiは2年縛りの契約が存在します。

それでも私が契約したのは、やはり「月間利用料3480円で外出先でwifi完全使い放題」というメリットが2年縛りのデメリットを上回ったからです。

どんなときもWiFiの使用感が上々でしたので、通信速度が激遅の楽天モバイルに関しては、10GBから3.1GBへプラン変更しました。

 

海外旅行の時も電源を入れるだけで1280円/日で使用可

海外旅行の時こそスマホでいろいろと検索する必要が多いため、モバイルWiFiをレンタルするのが常識な時代だと思います。

どんなときもWiFiを保有していれば、わざわざ空港などでモバイルルータをレンタルしなくても、現地に到着して電源を入れればそのまま利用することができます。

料金は別途1280円/日かかり、高速通信のデータ容量は1GB/日という制限が発生しますが、ルータをレンタル・返却する手間がなくなるのは大変うれしいですね。

対応国数は107カ国と、他社のサービスより劣りますが、日本人がよく訪れるメジャーな国々は網羅されていますのでほぼ問題ないと思います。

 

まとめ

どんなときもWiFiを契約してみましたが、その使用感に大変満足しています。

1) 速度制限なし、完全無制限で使い放題

2) 初めの2年間は3480円/月

3) トリプルキャリア対応のため通信速度が安定

4) 海外旅行でも電源を入れるだけで使用可能

という充実っぷりで、他社を圧倒していると思います。

ご興味があればぜひ契約してみてください。

pc.moppy.jp

 

こんな記事も書いています。

電力会社は新電力へ乗り換えることによって、約5%の電気代の節約が可能です。 

www.churio807.com

 

楽天モバイルは楽天ポイントで料金の支払いが可能で、キャッシュアウトを抑制することができます。 

www.churio807.com

 

楽天でんわの利用で通話料を半額にすることができます。

www.churio807.com