神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

自分が価値を見出した物には惜しみなくお金を使う大胆さも必要

スポンサーリンク

おはようございます。

若いうちからコツコツタネ銭を貯めて将来のために株式投資をすることは重要ですが、それだけでは味気ない生活になってしまいます。

特に若い方であれば、自分が価値を見出した物には惜しみなくお金を使う大胆さも併せ持ちたいものです。

将来の財産になるような経験には積極的にお金を使ってもよいのではないでしょうか。

f:id:shinkei807:20180411210559j:plain

自分が価値を見出した物には惜しみなくお金を使う大胆さも必要

最低でも年1回の長期海外旅行が最大の目標

私の場合は、最低でも年1回、家族で長期旅行をすることを目標にしています。

国内の短期旅行は年3回を目標としています。

この目的のためにはお金を惜しみません。

無駄遣いは論外ですが、現地では最高のサービスを受けるために惜しみなくお金を使います。

そうやって時に大胆にお金を使って一生の記憶に残る思い出を作ることに何よりも価値を感じるわけです。

子供たちへの教育も兼ねて、長期旅行では可能な限り海外、特に英語圏に出かけることにしています。

とはいえ、基本的にはホテルやビーチでのんびりして、たまにショッピングや外食をする程度なので、英語力の向上にはさほど役立っていませんw

子供が大きくなった時に覚えているとは思えませんが、海外の異文化に触れる機会を大切にしています。

 

最も重要な目標3つに絞って集中する

さて、自分の中で最低年1回の長期旅行が最大の目標となりますと、その目標を効率よく達成するためにはどのような戦略が最適かを考えることになります。

いくつも目標をお持ちの方もいると思いますが、私の個人的な経験ではその中で最も重要な3つ程度に絞って集中した方がよいです。

二兎追う者は一兎も得ずということわざがありますが、やはり最も重要な物にリソースを集中することが重要でしょう。

お金が手元に無限にあれば何も悩むことはありませんが、手持ちの限られたお金でより満足度の高い旅行をするためにはどうすればよいかを必死になって考える必要があります。

最低でも年1回は長時間フライトがあることを考えた結果、マイルの価値を見直す必要があることに気が付きました。

私は楽天ポイントにポイントを集約していましたが、今は日常のお買い物ではマイルを貯めるよう工夫しています。

 

日常の買い物では楽天ポイントではANAマイルを貯めています

まず、メインのクレジットカードをANAマイルが効率的に貯まりやすいものに変更しました。

もちろん、楽天プレミアムカードは楽天市場などの楽天系サービスを使いこなすのに必須です。

ところが、楽天プレミアムカードは街での決済は基本的には1.0%なんですよね。

あくまでネットショッピングで有利なのであって、街での決済ではさほど有利ではありません(ENEOSなど一部の店舗は除く)。

そこで、数ヶ月前からANA系のクレジットカードを導入してみました。

一部のマイラーにしか分からないと思いますが、ソラチカカードや各種ポイントサイトを組み合わせてANAマイルを貯めると、信じられない勢いでANAマイルが貯まりますね。

来年の海外旅行からはANAマイルで特典航空券を取得し、家族全員分の飛行機代を無料にしてその分現地のホテルや食事などにお金を使う予定です。

特典航空券を購入すると、エコノミークラスでも1マイル=2円以上の価値になるのが大きいですね。

ANAマイルの有効期限は3年間ですので、あまり一気に貯めすぎるとマイルを消費しきれない懸念はありますが、その場合は楽天プレミアムカードで楽天ポイントを貯めるなど適宜使い分けていけば問題ないものと考えました。

 

まとめ

特典航空券を購入して旅行に行く方限定にはなりますが、その場合は1マイル=2円以上の価値になりますので、日常のお買い物でマイルを貯めるのもアリでしょう。

 

【楽天カード】

私はマイルを貯めるのと併行して楽天ポイントも貯めています。

楽天のサービスをよく使う人にとって、楽天カードは年会費無料のクレジットカードでは最強の性能を誇ります。

 

こんな記事も書いています。

楽天カード、Kyash、楽天ペイの組み合わせで3.5%のポイント還元を受けられます。

www.churio807.com

 

クレジットカードをうまく活用すると家計管理が容易になります。

www.churio807.com

 

楽天モバイルは期間限定ポイントでの支払いが可能なのが魅力ですね。

www.churio807.com