神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

楽天VTを売却してeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)へ乗り換えるべきか?

スポンサーリンク

おはようございます。

当ブログの読者から以下のご質問をいただきました。

ちゅりお様、はじめまして。

グリーンと申します。

女で30代前半、年収300万ほどで、ちゅりお様のブログなどを拝見して一年前よりイデコ(1万2000円)と積み立てNISA(40,000円ほど)を始めました。

イデコは楽天VT、積み立てNISAはSlimの全世界を選択しました。

理由としてはVTとSlimで指標が異なっていて「卵は一つの籠に盛るな」の考えに当てはまると考えたからです。

しかし、一年やってみて両者のリターンを見るとslimの方がかなりリターンがよかったのと、経費もSlimのほうが低くて良いように見えて、イデコもSlimにした方がいいのか揺れています。

インデックス投資は長期の視点を持つべきなのに、一年で差がついたことに動揺してしまっている自分に間違っているのではという考えもあって、楽天VTを切るべきかどうかで悩んでいます。

ちゅりお様はこのような状況で楽天VTを切って全部Slimにするか、このまま継続するかどちらを選択すべきと思われますか?

ご質問ありがとうございます。

楽天VTとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)はどちらも全世界株式市場への分散投資を目的とした商品ですので、両方とも保有することにはあまり意味がありません。

これから新規投資するのであればコスト面を考えてeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)でよいと思いますが、すでに投資した分を乗り換えるかは悩ましい所ですね。

f:id:shinkei807:20210328222424j:plain

楽天VTを売却してeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)へ乗り換えるべきか?

結論から申し上げますと以下の通りです。

1. 楽天VTとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)はどちらか片方で問題ない

2. 楽天VTの方が中小型株までより広範に分散されている

3. 楽天証券のiDeCoではeMAXIS Slimシリーズは購入できない

以下1つ1つ掘り下げてみていきます。

 

1. 楽天VTとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)はどちらか片方で問題ない

楽天VTとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)はどちらも全世界の株式市場に広く分散投資を可能とする商品です。

よって、両者のリターンが大きく異なる可能性は低いですが、厳密には両者は別の指数(インデックス)への連動を目指していますので、多少の差は出てきます。

 

楽天VTとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の対象とする指数は以下の通りです。

楽天VT:FTSE・グローバル・オールキャップ・インデックス

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー):MSCI・オール・カントリー・ワールド・インデックス

 

構成銘柄数はVTが約8,000銘柄で、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーする一方、

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は約2,500銘柄で全世界の市場時価総額の85%程度をカバーするものになっています。

 

2. 楽天VTの方が中小型株までより広範に分散されている

上記の違いがどこから生まれるかと言うと、楽天VTの対象とするFTSE・グローバル・オールキャップ・インデックスという指数は、世界中の中小型株まで含む指数だからです。

一方、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は大型〜中型株が中心であり、小型株の割合が低くなっています。

VTの構成銘柄数が8,000銘柄、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の構成銘柄数が約2,500銘柄と大きく異なりますが、

小型株は1銘柄あたりの時価総額が小さいため、銘柄数の差ほどには投資対象としている市場規模には差が出ないわけです。

上記のような差があるとはいえ、両者とも世界市場の最重要な部分は漏れなくカバーしていますので、両者のリターンが大きく異なる可能性は低いです。

また、楽天VTとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を両方購入したとしても、実際にはその大半はカブっているということになります。

 

3. 楽天証券のiDeCoではeMAXIS Slimシリーズは購入できない

つみたてNISAはどこの証券会社でも商品ラインナップに大差ありませんが、iDeCoは証券会社によって購入可能な商品が大きく異なります。

iDeCoで楽天VTを購入しているとのことですので、おそらく楽天証券のiDeCoを利用されているのだと思いますが、その場合はeMAXIS Slimシリーズは購入できません。

よって、iDeCoで全世界株式への分散投資をするならば、楽天VTを購入し続けるしかないと思います。

マネックス証券のiDeCoへ移管手続きをすればeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を購入できますが、移管手数料や面倒な手続きが発生するのが難点です。

楽天VTも十分に優れた商品ですので、余計な手間をかけたくないのであれば、今のまま楽天証券で楽天VTを積み立てればよいと思います。

 

まとめ

楽天VTとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のリターンは長期では大きく変わらないものと考えます。

楽天証券のiDeCoではeMAXIS Slimシリーズへは投資できませんので、iDeCoは楽天VTのままでよいと思います。

 

【おすすめの間食2選】

1. ミックスナッツ

間食で何を食べるか悩んだらとりあえず「ナッツ」を選んでください。

私が今までに購入したことがあるオススメのミックスナッツを紹介します。

毎日手のひら一杯分くらい食べるのが適量です。

 

2. ハイカカオチョコレート(カカオ70%以上)

ナッツの次におすすめなのがハイカカオチョコレートです。

味と価格のバランスを考えると、明治のチョコレート効果かショコドーネの70%チョコレートがベストです。

チョコレートは食べすぎ注意ですので、必ず個包装タイプにしてください。

 

こんな記事も書いています。

常に謙虚さを忘れず、分相応な投資をコツコツ長く継続したいものです。

www.churio807.com

 

自分の頭で理解できない金融商品には手を出さないことが重要です。

www.churio807.com

 

「キャッシュ+VT」は究極にシンプルかつ最強に近いポートフォリオでしょう。

www.churio807.com