神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

ポートフォリオをシンプルに保つことのメリット3選

スポンサーリンク

おはようございます。

ポートフォリオを必要以上に複雑にすると、判断すべき材料が多くなり、特に投資を始めたばかりの方は混乱をまねく可能性があります。

ポートフォリオを複雑にしてその分パフォーマンスも向上すればよいのですが、複雑なポートフォリオがシンプルなポートフォリオに勝てるとも限らないのが投資の面白いところです。

私個人としてはポートフォリオは限りなくシンプルな方が管理しやすいと思っていて、本日はそのメリットを3つ取り上げます。

f:id:shinkei807:20210210224931j:plain

ポートフォリオをシンプルに保つことのメリット3選

ポートフォリオをシンプルに保つことのメリット3選は以下の通りです。

メリット1:ポートフォリオの点検が容易になる

メリット2:継続性が高い

メリット3:手数料などのコストを抑制できる

以下1つ1つ掘り下げてみていきます。

 

メリット1:ポートフォリオの点検が容易になる

資産運用方針をシンプルに保つことにより、ポートフォリオの点検が容易になります。

「無リスク資産=日本円、リスク資産=株式」というシンプルなアセットアロケーションであれば、リバランスの際に見るべきなのは日本円と株式の割合だけです。

アセットが2つしかありませんので、シンプルに片方を減らして片方を増やすしかバランス調整の方法がないのです。

一方、日本円、外国債券、国内株式、外国株式、国内REIT、海外REIT、金など多数のアセットを保有している場合、リバランス1つとっても容易ではなく、パズルゲームのように複雑になります。

各アセットで投資している商品が1つか2つならばまだ対応できますが、日本株だけで20銘柄、さらに外国株で30銘柄、REITも国内・国外それぞれ数名柄、、、

といった状況では自分の資産状況の把握やリバランスの作業は膨大なものになります。

こうなってきますと、本来ならば自分の生活を豊かにするために始めた投資が苦痛になり、ポートフォリオを点検することすら嫌になってしまいます。

 

メリット2:継続性が高い

株式投資で最も重要なことは、必ずしも100点満点のポートフォリオでなくてもよいので長く相場に居続けることです。

完璧を求めすぎると疲れてしまい、投資が嫌になって続けられなくなります。

元々100%完璧なポートフォリオというのは存在せず、各個人が「これが自分なりにベスト」と答えを出しながら適宜方向修正して進んでいくしかありません。

 

投資に対して熱意があり、時間も労力も割くことができる時期はポートフォリオが複雑でもよいですが、長い人生においてずっとそのような時期は続きません。

むしろ、投資に対する熱意が下がり、時間も労力も割く余裕がないという最悪の事態でも投資が継続できる仕組みづくりが重要でしょう。

ポートフォリオを複雑にしすぎて将来訳が分からなくなるよりは、あまりこだわりすぎずにシンプルに保って、ストレスなく長く続けることの方がはるかに重要です。

 

メリット3:手数料などのコストを抑制できる

最後に、ポートフォリオをシンプルに保つことで手数料など商品売買にかかる各種コストを最小限に抑えることができます。

ノーロード型の投資信託しか購入経験がない方には理解できないかもしれませんが、まだまだ世の中には高額の買付手数料が必要な金融商品が数多く存在します。

そういった商品の売買を頻回に繰り返していると、手数料だけで馬鹿にならない金額となり、文字通り「手数料負け」といった状態になります。

当ブログで推奨しているeMAXIS Slimシリーズや楽天バンガードファンド、VTやVTIなどの米国ETFからは想像もできない世界ですが、現実にはぼったくり商品は多いです。

ポートフォリオをシンプルに保てばそういったぼったくり商品に引っかかることもなくなり、長期にわたって低コストで運用をすることが可能です。

判断に迷った時は、「低コスト・分散・長期保有」の大原則に戻って考えるのがよいでしょう。

 

まとめ

ポートフォリオをシンプルに保つことにより、1. ポートフォリオの点検が容易になる、2. 継続性が高くなる、3. 手数料などのコストを抑制できる、といったメリットがあります。

 

【おすすめ本2選】

1. オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

台湾の生んだ天才オードリー・タンが、人間の未来を豊かにするにはデジタルをどのように活かすべきか提言します。

ディストピア的な考えではなく、人間の未来に対して楽観的かつ建設的な意見が多く読後感もよいのでオススメです。

 

2. ロジカルシンキングを超える戦略思考 フェルミ推定の技術

戦略立案に関わるビジネスマンなら絶対に身に着けておくべき「フェルミ推定」に関する決定版とも言える一冊です。

これまでにフェルミ推定の本を1冊も読んだことがない方は、とりあえず読んでおいて損はありません。

 

こんな記事も書いています。

レバレッジ型の商品はボックス相場に弱いという致命的な弱点があるため、長期保有には向きません。 

www.churio807.com

 

投資に限らず、日常生活においてもモノや情報の量を減らし、シンプルな生活を心がけたいものです。

www.churio807.com

 

「キャッシュ+VT」こそ究極にシンプルなポートフォリオだと思います。

www.churio807.com