神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

銀行口座は楽天銀行とメガバンク一社を併用するのが正解

スポンサーリンク

おはようございます。

昔と異なり超低金利時代の日本において、どこの銀行口座を使っても得られる金利は微々たるものであるのは事実です。

とはいえ、同じ普通預金金利であってもメガバンクとネットバンクでは100倍異なることがあります。

また、ネット銀行の方がATM利用手数料が無料になったり、他行振込手数料が無料になるなど、無駄な手数料を払わなくて済むことが多いです。

一方で、ネット銀行は実店舗を持ちませんので、有事の時に対面で交渉することができません。

上記を踏まえますと、手数料が有利で利便性に富むネット銀行1社と、数多くの実店舗を併せ持つメガバンク1社を最低でも使い分けるのが正解です。

本日はおすすめのネット銀行とメガバンクを検討してみます。

f:id:shinkei807:20170315215200j:plain

銀行口座は楽天銀行とメガバンク一社を併用するのが正解

おすすめのネット銀行は楽天銀行

では、ネット銀行のおすすめはどこでしょうか。

これは楽天銀行で決まりだと思います。普通預金金利が群を抜いて高いからです。

 

楽天銀行の普通預金金利は以下の3通りです。

1) 0.02%(2や3に該当しない場合)

2) 0.04%(楽天カードのカード利用引き落としあり)

3) 0.10%(マネーブリッジ利用時)

 

0.02%でもメガバンクの20倍ですので十分といえば十分なのですが、どうせなら0.10%を狙いたいところです。

マネーブリッジというと難しく聞こえますが、実際には楽天証券の口座を開設して、楽天銀行と楽天証券の口座を紐づけするだけのことです。

f:id:shinkei807:20190413111335p:plain

今の時点で投資をしていない方でも、将来的に株式投資をする可能性がある方ならば、楽天証券とSBI証券の口座は開設しておいて損はありません。

口座開設自体は無料ですし、楽天銀行と紐づけするだけで普通預金金利が0.10%に跳ね上がるわけですからやらない理由がありませんね。

要するに、楽天証券をすぐに利用するつもりがない方であっても、楽天銀行を利用するならば楽天証券の口座だけは持っておいた方がよいということです。

 

ハッピープログラムでATM利用手数料や他行振込手数料が無料に

楽天銀行のもう一つのメリットは以下に示すハッピープログラムです。

f:id:shinkei807:20190413111351p:plain

ご覧いただければ分かる通り、預金残高や取引数に応じて各種手数料が無料になる優遇が受けられます。

預金残高が300万円以上あれば自動的にスーパーVIPになるのがありがたい点です。

スーパーVIPですと、ATM利用手数料は7回/月、他行振込手数料は3回/月まで無料ですからこれらの手数料を払うことはほぼなくなります。

また、楽天銀行を利用するたびに数ポイントではあるものの楽天ポイントが付与されるのも地味に嬉しい点です。

楽天ポイントは汎用性が高いため、もらっても使うか分からないポイントをもらうよりも嬉しいですね。

それ以外にも、給与振込口座に指定すると振込手数料が月3回無料になるなど特典が満載です。

利便性であれば住信SBIネット銀行も素晴らしいのですが、ポイントサービスや普通預金金利の差を考えますと楽天銀行の勝ちだと思います。

 

生活防衛資金はメガバンクに入れておこう

メガバンクというのは、三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などの大手ですね。

これらの強みは、昔からの実績があること、全国どこでも実店舗を構えており、face to faceで交渉ができることです。

一方で、普通預金金利は0.001%しかありませんし、ATM利用手数料や他行振込手数料の利便性の点ではネットバンクに大きく劣ります。

とはいえ、自然災害などの有事の時にはネット銀行では如何ともし難い状況になることも考えられます。

ネット銀行は実店舗がありませんから、災害でネットに繋がらない状況に陥ればなんともなりません。

現金の価値が最も高まる災害時において、手元にキャッシュが引き出せない状況というのは避けたいですね。

よって、生活防衛資金は金利差に目をつぶってメガバンクに入れておくのが安全だと思います。

 

まとめ

銀行口座に関しては、楽天銀行とメガバンク一社を併用するのがおすすめです。

私自身は、住信SBIネット銀行とイオン銀行にも口座を持っており便利に利用させてもらっています。

 

こんな記事も書いています。

年間の決済金額が大きい人は有料年会費のクレジットカードの方がむしろ有利になります。

www.churio807.com

 

楽天銀行は以下のようなキャンペーンを開催するため、楽天ポイントが貯まりやすいのもメリットです。

www.churio807.com

 

手数料は積み重なると馬鹿になりませんね。

www.churio807.com