神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

年会費が有料のクレジットカードは避けるべきなのか?

スポンサーリンク

おはようございます。

私は以前はクレジットカードの年会費を払ったら損だと思っていて、ずっと年会費無料のクレジットカードを利用してきました。

数年前までは、ジャックス系を中心に年会費無料でも高還元率のクレジットカードがそろっていたからですね。

以前はREXカードをメインカードとして利用していましたが、年間50万円以上の利用で次年度の年会費が無料でしたから、実質的には年会費無料でした。

REXカードは1.75%のキャッシュバックが得られる夢のようなクレジットカードでしたが、その後1.50%→1.25%と毎年のように改悪がありました。

それを機にメインのクレジットカードを乗り換えることにしました。

f:id:shinkei807:20190405105312j:plain

年会費が有料のクレジットカードは避けるべきなのか?

冷静に考えれば、年会費無料で1.25%還元ならば十分に高還元ではあります。

しかし、その当時はジャックス系のクレジットカードの改悪続きに嫌気がさしていたので、思い切って年会費10,800円の楽天プレミアムカードに乗り換えました。

乗り換える前は1万円の年会費に見合う価値があるのか不安でしたが、乗り換えてみたら全くの杞憂でしたね。

 

年間100万円〜200万円以上の決済をするならばゴールドカードもあり

私の印象では、年間100万円〜200万円以上をクレジットカード決済する方ならば、年会費1万円前後のゴールドカードを活用して効率よくポイントを貯めるのもアリだと思います。

私は楽天プレミアムカードを選びましたが、ここ数年で楽天系のサービスがどんどん便利になり、ポイントも貯まりやすくなっているので最高のタイミングでした。

楽天プレミアムカードは券面にはプレミアム感は一切ありませんが、実用面ではトップクラスだと思います。

特に、ネットショッピングを楽天にまとめている方にとっては、楽天プレミアムカードによるポイントアップは見逃せません。

楽天SPUでポイント+2倍が得られるうえ、「楽天市場コース」を選択すれば火曜日と木曜日はさらにポイント+1倍です。

このメリットだけで年会費10,800円は十分に元を取ることができます。

 

プライオリティパスのプレステージ会員が付帯する

楽天プレミアムカードを申し込むことでプライオリティパスのプレステージ会員がついてきます。

プライオリティパスのプレステージ会員は通常では年会費429ドルしますが、年会費10,800円の楽天プレミアムカードを保有するだけで手に入るわけです。

年1〜2回でも海外の学会参加、出張などがある方にとっては嬉しい特典ですね。

ただし、無料で利用できるのは会員本人だけで、同伴者の利用には約30ドルがかかります。

よって、家族旅行にはあまり向きませんね。

空港ラウンジサービスは30ドルを支払ってまで入る価値があるかと言われれば悩みますが、無料で入れるとなると意外にありがたいものです。

もちろん、海外だけでなく国内空港のラウンジサービスも付帯していますので安心ですね。

 

 

プラチナカードはまともにペイしませんので年会費1万円くらいがおすすめ 

以上が、私がメインカードとしている楽天プレミアムカードのメリットですが、他にもいろいろ探せば優れたクレジットカードはたくさんあります。

海外旅行に年2〜3回出かける方ならば、航空会社のマイルを貯めるのもよいですね。

この場合も、通常カードよりはゴールドカードクラスを選択した方が結果的に効率よく貯まることが多いです。

「貯めやすい」と言われるANAマイルの場合、ANA VISA/Master ワイドゴールドカードあたりも非常に優れたカードですね。

とはいえ、さすがに年会費5万、10万といったプラチナカードには容易に手が出ませんね。

これらのカードはポイント獲得率も高いですが、それ以上に年会費が高すぎますので、年間500万円〜1000万円は使わないとペイしません。

一般的なご家庭は、年会費無料の高還元率カードか、年会費1万円前後のゴールドカードクラスを使い倒すのが最適かと思います。

 

【楽天プレミアムカード】

年会費1万円前後のお手軽なゴールドカードとして、楽天プレミアムカードをおすすめします。

楽天系のサービスを日常的に利用しており、年間100万円以上の決済をする方は要検討です。楽天はいつもポイントバックキャンペーンやっていますね。

 

こんな記事も書いています。

楽天系サービスの活用方法まとめです。使い倒すならば楽天プレミアムカードは必須です。

www.churio807.com

 

楽天スーパーポイントは投資信託も買えますので、ほぼ現金と変わらない価値があります。

www.churio807.com

 

クレジットカードを利用する場合、最低でも1.0%以上の還元率が目安になります。

www.churio807.com