神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

楽天ポイントで毎月の楽天カードの支払いを減らそう

スポンサーリンク

おはようございます。

昨日、楽天ポイントを利用したポイント投資についてご紹介しました。

単なるポイントが資産に変わるポイント投資はもちろんおすすめですが、投資に馴染みがない方にはハードルが高いかもしれません。

それ以外のポイント活用法として、楽天ポイントを毎月の楽天カードの支払い分に充てることができる「ポイントで支払いサービス」もおすすめです。

www.rakuten-card.co.jp

本日はこの「ポイントで支払いサービス」についてご紹介します。 

f:id:shinkei807:20210329133410j:plain

楽天ポイントで毎月の楽天カードの支払いを減らそう

本日の記事の要点は以下の通りです。

1. 楽天ポイントで楽天カード決済分の支払いが可能

2. 投資ではなく支出管理から始めたい方にオススメ

3. 楽天ポイントは汎用性が高く貯める価値がある

以下1つ1つ詳細を見ていきます。

 

1. 楽天ポイントで楽天カード決済分の支払いが可能

楽天カードの「ポイントで支払いサービス」を活用することで、毎月の楽天カードの支払いに楽天ポイントを利用することができます。

1ポイント=1円換算ですので、このサービスを利用したら特別お得というわけではないのですが、単純に毎月の支出抑制になるのは嬉しいですね。

 

f:id:shinkei807:20210511123015p:plain

 

注意点としては、昨日ご紹介したポイント投資と同様、期間限定ポイントや楽天キャッシュなどは使用できず、通常ポイントのみ使用可能ということです。

もう一点は、毎月12日〜20日くらいまでにポイント支払いの手続きをする必要があります。

申し込み期間が短いので、ぼーっとしていたら時期が過ぎていたということが多々あります。

通常ポイントは期間限定ポイントと異なり使用期限が長いので1ヶ月や2ヶ月忘れても問題はありませんが、毎月確実に実行したい方はカレンダーアプリなどでリマインド設定しておくとよいでしょう。

 

2. 投資ではなく支出管理から始めたい方にオススメ

昨日は「余った楽天ポイントを楽天証券のポイント投資に活用しよう」という内容の記事を書きました。

Twitterでの反応などを見ていますと、私の予想以上にポイント投資を実践されている方が多い印象でした。

 

www.churio807.com

 

私自身は楽天証券でつみたてNISAをしていますので、ポイントに余裕がある時はつみたてNISA枠の投信積立に楽天ポイントを利用しています。

このように、ポイント投資によってただのポイントが資産に変わるというのは素晴らしいことですが、中には株式投資は怖いという方もいるでしょう。

その点、楽天カード決済の請求にポイントを充てられるというのは支出抑制に直結しますので、資産形成の取っ掛かりとして大変おすすめです。

 

3. 楽天ポイントは汎用性が高く貯める価値がある

世の中には楽天ポイント以外にも、Tポイントやdポイント、Pontaポイントが存在し、各ポイントがユーザーの囲い込みのために様々なサービスを展開しています。

定期的にキャンペーンなども実施されますので、時期によってどのポイントを貯めるのが最適かというのは刻一刻と変わります。

しかし、ポイントはあくまで「おまけ」であり、ポイント集めのために無駄な時間や労力を割くことはおすすめしません。

では、どのポイントを貯めるのがよいのでしょうか?

各個人の生活状況によって正解は変わりますが、私が重視しているのは貯めたポイントの使い道の多さです。

私は楽天ポイントに集中して貯めていますが、楽天ポイントの汎用性の高さは群を抜いています。

楽天は楽天市場という国内最大級のECモールを保有するだけでなく、銀行や証券会社、電気や通信まで様々なビジネスを展開しており、ほぼ全てのサービスで楽天ポイントが利用できるからだと思います。

1つ1つのサービスの質という点ではまだまだ改善の余地もありますが、ポイントの汎用性の高さという点ではピカイチと言えるでしょう。

 

まとめ

楽天ポイントはポイント投資だけでなく、カード決済の支払いにも充てられる汎用性の高さが魅力です。

楽天スーパーセールやお買い物マラソンの時期に買い物を集中させることで効率よくポイントを貯めることができます。

 

【おすすめ本】

最近読んだ本の中では、『年収は住むところで決まる』が面白かったです。

学歴よりも、イノベーションが生まれやすい都市部に身をおいているかが年収を左右する大きな要因というのが著者の主張です。

 

アンデシュ・ハンセン氏の『スマホ脳』です。

現代人は知らない間にスマホ中毒に陥っており、この状態を脱するためには物理的にスマホを距離をとるしかありません。

気がついたらすぐにスマホに手が伸びているという方は絶対に読むべき一冊です。

 

こんな記事も書いています。

楽天銀行はマネーブリッジ利用で普通預金金利が0.10%に上昇します。

メイン口座の1つとして利用をおすすめします。

www.churio807.com

 

資産形成の土台部分として、投資の前に支出の管理が重要です。

楽天ポイントで毎月の支出を抑えられるのは大変魅力的ですね。

www.churio807.com

 

テクノロジーの発達によりアナログな手段は軽視されがちですが、アイデアを書き留めるには今でも紙のノートとペンが有用だと思います。

www.churio807.com