神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

おすすめ書籍・モノ

『反応しない練習』:無駄なモノに反応して疲労するのを避ける

おはようございます。 岸見一郎先生の『嫌われる勇気』もおすすめですが、個人的には草薙龍瞬さんの『反応しない練習』という本が大変気に入っており、折に触れて読み返しています。 『嫌われる勇気』の課題の分離という考え方に似たところもありますが、著…

『エッセンシャル思考』を読んで「より少なく、より良く」実践しよう

おはようございます。 私の大のお気に入りの本の1つに『エッセンシャル思考』があります。 この本の内容を一言で言えば、人生においては「より少なく、しかしより良く」実践することが重要であるということです。 人間一人のエネルギーには限りがありますの…

自分の価値観を明確にして自分の人生の舵を取る方法

おはようございます。 お金は生きていく上で欠かせないものであり、インデックス投資をはじめとした株式投資はお金の問題を解決するための重要な手段の一つです。 とはいえ、最終的にはお金は使って始めて真価を発揮するものであり、人生を豊かにするための…

【書評】『情報断食』を読んで情報を主体的にコントロールする術を身につけよう

おはようございます。 本日は鈴木七沖さんの『情報断食 空っぽになるほどうまくいく生き方』という書籍のレビューです。 最近、15-16時間の間何も食べない「プチ断食」という言葉を聞くことがありますが、情報断食というのは自分が接する情報の量を制限する…

【書評】樺沢紫苑『アウトプット大全』を読んで知識よりも体得を目指す習慣を作ろう

おはようございます。 本日は樺沢紫苑先生の『アウトプット大全』の書評です。 ビジネスの世界において、プロセスももちろん重要ではありますが、最終的に最も評価されるのは成果産物であることに間違いありません。 つまり、いくら優れた知識を数多く身につ…

『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』を読んで会社に縛られないお金を作ろう

おはようございます。 本日は、『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』の書評です。 これは私のお気に入りの投資本の1つで、本書が伝えるメッセージはシンプルそのものですが、その通りに実践し続ければ成功する可能性は非常に高いです。 投資…

【書評】デール・カーネギー『人を動かす』は全人類におすすめの一冊

おはようございます。 本日はデール・カーネギー著『人を動かす』の書評です。 2020年以降、COVID-19の流行で人と対面で会話する機会が減っているのは事実です。 とはいえ、人間が社会的な動物である以上、人とのコミュニケーション無しに生きていくことはで…

【人生100年時代の年金戦略】年金制度について最も網羅的かつ簡潔に解説した決定版

おはようございます。 田村正之氏の『人生100年時代の年金戦略』を拝読致しました。 結論から申し上げますと、2019年時点の各種年金制度について、最も網羅的かつ簡潔にまとまった一冊だと思います。 昨今のニュースなどを見て、年金制度に関してネガティブ…

【金持ち父さん 貧乏父さん】余剰資金で負債でなく資産を買うことの重要性

おはようございます。 本日はロバート・キヨサキさんの『金持ち父さん 貧乏父さん』の書評です。 資産形成本のど定番であり、仮に読んだことがなくても名前は聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。 私も今までに何度も読んだ本ですので、も…

【書評】鈴木祐『最高の体調』を読んで文明病を撃退しよう

おはようございます。 本日は鈴木祐さんの『最高の体調』の書評です。 文明病とは、科学技術の発達するスピードに人間が進化するスピードが全く追いつかないことで発生する体調不良のことです。 現代人は、一日を通じてデジタル機器に触りまくり、自然に触れ…

『ブレインメンタル強化大全』を読んで健康習慣の土台を固めよう

おはようございます。 本日は久しぶりに本のレビュー記事です。 今回は、樺沢紫苑先生の『ブレインメンタル強化大全』を取り上げます。 結論から申し上げますと、この本を一冊読めば睡眠、食事、運動、ストレスなどの各項目について、健康的な生活習慣を作る…

インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいか?

おはようございます。 「インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいですか?」 という内容の質問を頂戴することが増えましたので、一度私の考えをまとめておこうと思います。 結論から書きますと、個人的には「少額で今すぐに開始する」のがよいと思い…

【ファクトフルネス】世の中の思い込みを安易に信じず常にファクトを追求しよう

おはようございます。 株式投資や資産形成が人生を充実させる一助になることは疑いありませんが、お金だけで全ての問題が解決するわけではありません。 日常生活の中で、優れた書籍に触れる時間は大切にしたいものです。 書店のベストセラーコーナーに並んで…

【働き方の損益分岐点】消耗しないコスパの高い生き方を学べる一冊

おはようございます。 本日は『働き方の損益分岐点』という本のレビューです。 医師の強みは、医師免許自体の参入障壁が比較的高く、就職した時点で「土台」が築かれているため若い頃から給与水準が高い点にあります。 また、医局に縛られなければ独力で自由…

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』は食事本の決定版です!

おはようございます。 近年では日本人の健康意識の高まりによって、テレビでも健康に関する話題を取り上げる番組が増えてきました。 また、書店を歩いていますと、「◯◯を食べなさい」「◯◯を食べるのをやめなさい」「◯◯制限で健康になる」といったキャッチー…

【書評】『インデックス投資は勝者のゲーム』はつい忘れがちなインデックス投資の優位性を思い出させてくれる一冊

おはようございます。 バンガード創設者のジョン・C・ボーグル氏の著書『インデックス投資は勝者のゲーム』を読みましたので、その書評です。 インデックス投資の優位性が何度も何度も強調されていますので、つい他の投資法に浮気しそうになった時に読み返し…

【ほったらかし投資術】インデックス投資の初めの1冊におすすめ!

おはようございます。 『ほったらかし投資術』はインデックス投資をこれから始めようという方の初めの1冊におすすめです。 新書ですので手に取りやすく、山崎先生も水瀬さんも非常に簡潔で明快な文章を書かれますので、投資初心者の方でも読みやすいです。 …

調整局面を迎えてボーグル氏の『インデックス投資は勝者のゲーム』を読み返しました

おはようございます。 2020年上半期の調整局面を迎え、自分の投資方針を再確認するため、ボーグル氏の『インデックス投資は勝者のゲーム』を再読しました。 かの有名なバンガード創業者のジョン・C ・ボーグル氏の著書で、以前に一度レビュー記事を書いてい…

レイ・ダリオの「オール・シーズンズ戦略」のリスク・リターンが凄まじい件

おはようございます。 本日は『世界のエリート投資家は何を考えているのか』という本のレビューです。 この本の後半で、レイ・ダリオが個人投資家向けにおすすめした「オール・シーズンズ戦略」と呼ばれるポートフォリオが紹介されています。 このポートフォ…

「稲妻の輝く瞬間に株式市場に居合わせる」には暴落時にも居合わせる覚悟が必要

おはようございます。 インデックス投資家のバイブルの1つにチャールズ・エリスの『敗者のゲーム』があります。 以前に当ブログでも書評を書いていますが、インデックス投資を継続する心が揺らいだ時に何度も読み返したい名著の1つだと思います。 www.churio…

【書評】『amazon 世界最先端の戦略がわかる』:ネットとリアルワールドの両者を制圧しうる唯一の企業

おはようございます。 『amazon 世界最先端の戦略がわかる』を読みました。 アマゾンはネットとリアルワールドの両者を制圧しうる唯一の企業だと思います。 他社を圧倒する在庫や物流網を備え、人間が生活していくうえで欠かせない小売業の中でamazonが一人…

【書評】『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』はGAFA株が欲しくてたまらなくなる禁断の書

おはようございます。 『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』を読みました。 GAFAというのは、Google、Apple、Facebook、Amazonの頭文字をとったものです。 本書では、Google、Apple、Facebook、Amazonの今現在の立ち位置と今後の課題、またGAFAがどのよ…

【書評】『世界一ラクなお金の増やし方』:インデックス投資の大先輩の貴重な経験談が詰まった1冊

おはようございます。 私の趣味の一つは休日に書店をぶらぶら歩き回ることですが、新しい投資本、特にインデックス投資に関する本が発売されるとつい手にとってしまいます。 最近はKindle版を購入することが多いのですが、NightWalkerさんの『世界一ラクなお…

世界的ベストセラー『サピエンス全史』は絶対に読みましょう!人類進化の歴史に関する壮大なスケールの物語です。

おはようございます。 皆さんは、『サピエンス全史』は読まれたでしょうか。 ユヴァル・ノア・ハラリ氏の書いた本書は、教養書の世界的ベストセラーとして知られていますね。 人類(ホモ・サピエンス)の進化において、「認知革命」「農業革命」「科学革命」…

辻村深月の『かがみの孤城』は2018年の本屋大賞にふさわしい傑作でした!

おはようございます。 2018年の本屋大賞に辻村深月さんの『かがみの孤城』が選ばれましたね。 辻村深月さんの作品は以前から時々読んでいて、 過去には『スロウハイツの神様』、『ツナグ』、『凍りのくじら』、『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』などを読みました。…

『筋トレが最強のソリューションである』のレビューです。人生の大半の悩みは筋トレで解決します!

おはようございます。 相互リンクしていただいている「整形外科医のための英語ペラペラ道場」の中の下記の記事で、『筋トレが最強のソリューションである』という本が紹介されていました。 seikei-eigo.blogspot.jp 本の表紙から非常に興味をそそられました…

【書評】『福岡市が地方最強の都市になった理由』をレビュー。「制約」から「新たな戦略」を生み出すことの重要性。

おはようございます。 Twitterで下記の本がおすすめされていたので、早速購入して読んでみました。 私は、基本的に他人がおすすめしている本はとりあえず買って読んでみる派です。 初めの10分だけ読んで読むのをやめることも稀にありますけれども、それは仕…

【書評】波頭亮著『AIとBIはいかに人間を変えるのか』:ベーシックインカム導入で「働かなくても食って良し」の社会が到来するか?

おはようございます。 昨日に続いて、波頭亮著『AIとBIはいかに人間を変えるのか』をレビューします。 本日は第2部のベーシックインカム(BI)に関する考察です。 まず、ベーシックインカムを学ぶうえで知っておかなければならない前提事項があります。 1) …

【書評】波頭亮著『AIとBIはいかに人間を変えるのか』:人工知能(AI)の歴史と得意分野・不得意分野を知ろう

おはようございます。 波頭亮著『AIとBIはいかに人間を変えるのか』を読みましたので、書籍レビューです。 結論としては、人工知能(AI)やベーシックインカム(BI)という言葉自体は聞いたことがあるけれど、イマイチ理解できていないんだよなぁという方の…

【注意】つみたてNISAで「必ずトクする」は嘘です。投資の世界に「絶対に儲かる」はありません。

おはようございます。 久々に自由な時間ができたので、書店巡りをしてきました。 2018年1月からつみたてNISAが始まったことを受け、投資本のコーナーにつみたてNISAに関する本が数多く陳列されていました。 少々気になったのは、その中に「確実に儲かる」と…