神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

住信SBIネット銀行で外貨預金セールを開催中です

スポンサーリンク

おはようございます。

住信SBIネット銀行で恒例の外貨預金セールが開催中です。

期間は6月7日(金)17時約定分までですね。

www.netbk.co.jp

外貨普通預金の場合は米ドルのみが対象で、外貨積立ならば米ドルを含む全9通貨が対象のようです。

米ドルをお得に手に入れられるのは投資家にとっては嬉しいですね。

f:id:shinkei807:20180411210559j:plain

住信SBIネット銀行で外貨預金セールを開催中です

株価暴落局面での外貨預金セールはありがたい

2019年5月〜6月初めにかけて、米中貿易戦争の影響、米国IT大手企業に対する独禁法違反の疑いなどの影響で株式市場が軟調です。

特に、Facebook、Amazon、GoogleなどのIT大手が激しく売り込まれていますね。

このタイミングに合わせて株式を買い足すべく、私も昨日米ドルを仕入れました。

株価の調整局面がどの程度長期に渡るか全く予測ができないので、手持ちのキャッシュが尽きないよう徐々にではありますが、5月〜6月にかけて買い場と考えて頑張っています。

医師の場合、スポットバイトである程度の月収の調整が可能ですから、相場の変調に柔軟に対応できますのでありがたいです。

 

住信SBIネット銀行は通常時でも外貨普通預金で4銭、外貨積立で2銭です

為替コストに関しては、住信SBIネット銀行の場合、通常時でも外貨普通預金で4銭、外貨積立で2銭しかしませんから頻回にドル転する人にとっては助かります。

他社では約25銭かかることを考えますと格安と言えます。

住信SBIネット銀行を利用すれば平常時でも2銭〜4銭とはいえ、為替手数料が無料というのは嬉しいものですね。

ドル円も108円前後まで円高が進んでいますので、米国株を仕込む予定の方はこのタイミングでドル転してみてはいかがでしょうか。

もちろん、最も重要なのは適切なキャッシュポジションを維持することですので、必要以上にリスクを背負ってはなりませんが。

 

まとめ

住信SBIネット銀行の外貨預金セールで、6月7日17時まで米ドルの為替コストが0銭になっています。

株価が調整している今現在の局面で買い足しを検討している方はセール中に米ドルを仕込んではいかがでしょうか。

 

【SBI証券】

ネット証券最大手のSBI証券です。

住信SBIネット銀行の為替コストが激安ですので、外国株投資家は必携の口座です。

 

こんな記事も書いています。

米ドルのプール先として外貨建てMMFも便利ですね。 

www.churio807.com

 

銀行口座に関しては楽天銀行とメガバンクの併用をおすすめしましたが、外国株投資家は住信SBIネット銀行も必須です。

www.churio807.com

 

Kyashのように誰がどう見てもお得なカードを存分に活用することをおすすめします。

www.churio807.com