神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

2018年度最後の楽天お買い物マラソンが開催中。ふるさと納税も忘れずに。

スポンサーリンク

おはようございます。

2019年3月21日〜26日まで、今年度最後の楽天お買い物マラソンが開催中です。

つい先日まで平成最後の楽天スーパーセールが開催されていた気がするので、楽天はしょっちゅうお買い物マラソンをやっていますね。

お買い物マラソンは上手に活用すればものすごくお得な制度ですので大変うれしいですが、調子に乗って必要ない物まで買わないよう自制心を持つことも大変重要です。

さて、今年度最後のお買い物マラソンを利用して、ぜひ返礼品が改悪される前にふるさと納税を済ませておきましょう。

f:id:shinkei807:20181230051302j:plain

2018年度最後の楽天お買い物マラソンが開催中。ふるさと納税も忘れずに。

ふるさと納税は今のうちに駆け込もう

以前に記事にしたように、ふるさと納税の返礼品は寄付金の3割以内を厳守するよう、総務省から通達が出ています。

法令化も検討されていますので、ふるさと納税のお得な返礼品は今後減っていく可能性が高いです。 

www.churio807.com

泉佐野市がオリジナルサイトの「さのちょく」で閉店セールを実施しており、返礼品の発送を5月以降に指定すればAmazonギフト券20%が還元されます。

furusato-izumisano.jp

すぐに返礼品が欲しい場合でもAmazonギフト券が10%還元されますから、ものすごくお得ですね。

ただし、楽天お買い物マラソンの店舗の1つとしてふるさと納税の自治体を利用すれば、場合によっては20%以上のポイント還元を得ることも可能です。

よって、楽天ユーザーの方は「さのちょく」を利用すべきか楽天ふるさと納税を利用すべきかよく考えるべきでしょう。

いずれにせよ、ふるさと納税を利用するならば今のうちかもしれません。

 

月2回のペースでお買い物マラソンが開催されている

昨今の流れを見ていますと、月2回のペースで楽天お買い物マラソンが開催されていますね。

以前はもう少し頻度が少なかった気がするのですが、今では買い忘れた物があったとしても、すぐに次のお買い物マラソンが来るので何も問題ありません。

以下の図に示すように、ECモールも各社の勢力争いが激化していますので、セールの頻度やポイント還元率を上げて日本No.1の座を死守する姿勢でしょう。

 

f:id:shinkei807:20190323104329p:plain

(EC・通販・ネットショップ運営を支援するビジネスポータルサイト|ECのミカタ から引用)

上図の中で私がメインで利用しているのはAmazonと楽天市場です。

医療関係者の方限定ですが、m3.comやmedpeerを始めとする各種医療情報サイトでポイントを貯めると、Amazonギフト券がどんどん貯まっていきます。

これが案外馬鹿にならず、私のAmazonでのお買い物はほとんどがギフト券で購入したものです。

通常のクレジットカード決済で購入する場合は、主に楽天市場を利用しています。

商品の価格自体はAmazonの方が安いことも多いのですが、20%近いポイント還元を含めれば楽天の方が有利なことが多いからです。

 

まとめ

セールとは言え無駄遣いは厳禁ですが、楽天スーパーポイントはほぼ現金に等しい価値を持ちますので、上手に活用すれば家計の節約に直結します。

ふるさと納税に関しては、返礼品が改悪される前に利用するのがおすすめです。

 

【楽天モバイル】

せっかく貯めた期間限定ポイントの使いみちに困る方は、楽天モバイルや楽天でんきを契約するのもよいでしょう。

 

こんな記事も書いています。

電気代という固定費をポイント支払いできるというのが楽天でんきの最大の魅力ですね。

www.churio807.com

 

楽天系のサービスを上手に活用する方法をまとめた記事です。

www.churio807.com

 

楽天カードの支払いに楽天スーパーポイントを利用することができます。毎月のカード支払額が減るのでおすすめの利用法です。

www.churio807.com