神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

長期投資をするならアセット・アロケーションを絶対に決めましょう!

スポンサーリンク

おはようございます。

当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。 

いつもブログを拝見させて頂いております。

伝統ある指数に連動したインデックスファンドに投資したいのですが何がいいですか?

i Free NYダウとSlim S&P500を50%ずつ投資するのはどうですか?

重複した投資になってしまいますが。

それともi Free NYダウとSlim S&P500のいずれかを100%投資するのはどうですか?

何卒、ご教授下さい。

ご質問ありがとうございます。

まず初めに確認しておきたいのは、長期投資においては何に投資するかを考える前に、自分なりのアセット・アロケーションを決定することが何よりも重要です。

NYダウやS&P500に集中投資するということは、米国内の30〜500の大企業に集中投資することになりますので、ご質問者様がそれを良しとするならばよいのでしょう。

f:id:shinkei807:20180205122529j:plain

長期投資をするならアセット・アロケーションを絶対に決めましょう 

冒頭の質問に関してですが、確実に言えることは以下の2点です。

1) 投資対象としてはダウ平均よりもS&P500の方がメジャーである

2) S&P500ならば、iFreeよりもeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の方がより低コストで人気を集めている

ここまでは言い切ってしまってよいと思います。

 

1) S&P500の方がNYダウよりも投資対象としてはメジャー

一般論として、S&P500 ETFの方がNYダウに連動するETFよりも圧倒的に売れています。

要するに、S&P500の方が投資対象としてメジャーだと言うことです。

 

以下のページから、世界のETFの純資産総額ランキングを見ることができます。

Largest ETFs: Top 100 ETFs By Assets | ETF Database

 

この中で、第1位のSPY、第2位のIVV、第4位のVOOがS&P500に連動するETFです。

この3商品のETF純資産総額を合計しますと、約50兆円の規模です。

NYダウに連動するETFの代表がDIAですが、こちらは34位で、ETF純資産総額は約2兆円強となっています。

要するにS&P500 ETFの方が世界で見れば10倍以上売れているということですね。

私自身は、500社により分散されているS&P500の方が好みです。

 

iFree S&P500インデックスよりeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の方が低コスト

ダウ平均に連動するインデックスファンドに関しては、iFree NYダウ・インデックス(信託報酬:0.243%)を購入しておけばよいでしょう。

一方、S&P500を投資対象とするならば、

1) iFree S&P500インデックスファンド 信託報酬:0.243%

2) eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 信託報酬:0.1728%

ですので、今から購入するならeMAXIS Slimシリーズの方がより低コストで良いと思います。

 

NYダウとS&P500への投資は重複する部分が大きい

NYダウとS&P500ですと、どちらも米国内の大型株を狙った投資となります。

当然、NYダウの構成銘柄はS&P500に含まれますから、投資対象の分散性という意味では今ひとつですね。

両方保有しても悪くはありませんが、あまり意味がありません。

私がどちらか一方を選べと言われたら、S&P500を選択します。

これは、最初に述べたように投資対象としてS&P500の方がメジャーであることと、今最も勢いのあるeMAXIS Slimシリーズがから発売されているからです。

 

伝統あるインデックスよりもアセット・アロケーションを決定することが重要

最後に、これが最も重要なことかもしれませんが、伝統あるインデックスに投資をすればなんでもOKというわけではなく、まずはアセット・アロケーションを決定する必要があります。

最低限、

1) リスク資産(株式など)と無リスク資産(現金など)の比率

2) 株式:債券の投資比率

3) 株式の中で、「日本株:先進国株:新興国株」の投資比率

この3つは考えておく必要があります。

NYダウやS&P500は上記の3)の中の、先進国の中の、米国の中の、さらに30〜500銘柄の大型株のみを投資対象にしていることを理解しましょう。

これで十分と考えるならばNYダウやS&P500一本で攻めるのもありですし、分散性が不十分と考えるならば他の商品にも手を広げるべきでしょう。

 

まとめ

伝統あるインデックスならば安心というわけではありませんので、まずはアセット・アロケーションを決定することが最優先です。

そのあたりが面倒くさい方は、何も考えずにVTもしくはeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を購入するのが最善です。

 

【おすすめ本】

インデックス投資におけるアセット・アロケーションの組み方に関しては、以下の本が非常に分かりやすくまとまっています。

私がインデックス投資を知ったきっかけになった本でもあります。

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)

 

 

こんな記事も書いています。

投資信託で米国株に投資するならば、NYダウよりも楽天VTIかeMAXIS Slim米国株式(S&P500)がベターです。

www.churio807.com

 

VTやeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は株式100%ですのでリスクはありますが、リバランスも全て自動なので楽ですね。

www.churio807.com

 

インデックス投資はとにかく地味で、大きな成果が出るのに時間がかかります。「長く続ける」というのが一番難しかったりします。

www.churio807.com