神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

「お金が出ていく川」の数と流れを減らす努力をしよう

スポンサーリンク

おはようございます。

昨日の「お金の流れ込む川を増やす」に引き続き、本日は「お金が出ていく川の数を減らす」ことを取り上げます。

資産形成とは究極的には、お金の流れ込む川の数と流れを増やし、お金が出ていく川の数と流れを減らすことにつきます。

この両者をバランスよく実行することにより、資産形成のスピードが飛躍的にアップします。

ところが、実際には両方を意識的にバランスよく実行できている方は少数であり、そこが資産形成の難しさなのかもしれません。

f:id:shinkei807:20210523165355j:plain

「お金が出ていく川」の数と流れを減らす努力をしよう

本日の記事の要点は以下の通りです。

1. お金が出ていく川の数とその流れの太さを把握する

2. 川の数自体を減らせないか検討する

3. 川の太さ自体を細くできないか検討する

以下1つ1つ掘り下げてみていきます。

 

1. お金が出ていく川の数とその流れの太さを把握する

真っ先にやらなければならないことは、定期的にお金が出ていく川の数とその流れの太さを正確に把握することです。

収入源については正確に把握されている方が多いですが、支出となると自分のお金のことであるにも関わらず、ほとんど把握されていない方を見かけます。

その理由として、収入源は川の流れが少なくかつほぼ一定であるため容易に把握できる一方、支出は非常に多岐に渡り、固定費や変動費も様々ですので全体像が見えづらいことが挙げられます。

 

支出を正確に把握するためには、自力ではなくマネーフォワードなどの家計管理サービスの力に頼るのが懸命です。

家計管理サービスを利用する時に重要なのは、支出の大半を1枚のクレジットカードに集約することです。

ほぼ全ての支払いをクレジットカードに集約し、それを家計管理サービスと紐付けることでスマートな支出管理が可能となります。

これは、支払いのたびにその都度現金決済をしていては絶対に得られないメリットであり、家計管理のうえで最も有益なテクノロジーの活用法です。

未だ導入していない方は今すぐにアプリをダウンロードして使ってください。

 

2. 川の数自体を減らせないか検討する

お金が出ていく川の数と流れの太さを把握した後に、川の数自体を減らせないか検討しましょう。

見直すべきなのは、生活に必ずしも必要でない無駄なサービスに加入していないかどうかです。

ただし、そのサービスによって「自分の生活の質が豊かになっている」場合には無理に減らす必要はありません。

全く遊びのない人生というのは味気ないものになってしまいます。

自分の価値観を明確にし、仮に他人からは無駄遣いと言われたとしても、それが自分にとって心から重要なものであれば死守すべきでしょう。

もちろん、既婚者の場合はパートナーと相談が必要ですし、いくら趣味だからといって際限なくお金を使って良いというわけではありません。

ただ、非常に幸運なことに、我々は自宅にいながらNetflixやDAZN、Prime Videoなどの優れたサービスを安価で楽しむことができる時代に生まれています。

これらのサービスとうまく付き合い、自分の生活を豊かにしてくれるものには喜んでお金を払い続け、実際にはほぼ使っていないサブスクリプションは迷いなく解約するメリハリをつけたいものです。

 

3. 川の太さ自体を細くできないか検討する

電気・ガス・水道やスマートフォンの通信代などは生活必需品と言えるサービスであり、これらの川自体を完全に消滅させることはできません。

しかし、特にスマートフォンの通信代などは、契約する会社やプランによって料金やサービスが大幅に異なっています。

よく見かけるのは、販売店の店員に言われるがまま、過剰な通信量や無駄なオプションサービスのついた盛り盛りのプランに加入し、「何不自由ないから」という理由で漫然と続けてしまうケースです。

実際には、大半のオプションサービスというのはほぼ利用しませんし、自分が毎月利用する通信量を把握しておけば、料金プラン自体をかなり割安にすることができます。

毎月のスマホ代が1万円を超えているような方は、ほぼ全例で契約見直しの必要があるでしょう。

電気・ガスに関してはスマホのように大幅な節約は困難ですが、新電力会社との契約も自由にできる時代になりましたので、うまく選べば5%程度の節約が可能でしょう。

 

まとめ

お金の出ていく川の数とその流れの太さを正確に把握したうえで、川の数や流れを減らすことができないかよく検討しましょう。

 
【おすすめ本2選】

1. スマホ脳(アンデシュ・ハンセン著)

「最近スマホを触り過ぎかな」「手持ち無沙汰になると反射的にスマホに手が伸びる」という方はすでにスマホ依存症に陥っています。

スマホとうまく付き合っていくうえで全員必読の1冊です。

 

2. ライフピボット(黒田悠介著)

「人生100年時代」では、就職〜退職まで1つの会社で勤め上げること自体が非現実的です。

毎日の仕事を通じて、自分の市場価値をいかに高められるかを考え続ける必要があります。

これからの時代のキャリアプランを考える上で必読の1冊です。

 

こんな記事も書いています。

収入の複数化の重要性についてです。

www.churio807.com

 

現代人のスマホ依存は非常に深刻です。

スマホは生活必需品ですが、自分がスマホにコントロールされてはいけません。

www.churio807.com

 

楽天お買い物マラソンが開催中です。

ふるさと納税のおすすめ返礼品を紹介した記事です。

www.churio807.com