神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

おすすめ投資本『となりの億万長者』。資産形成に成功した先達から学ぶべきことは多い

こんにちは。

本日はおすすめ投資本のご紹介です。

もしあなたが資産形成に本気で取り組むつもりであれば、すでに資産形成を終えて財を成した先人たちから学ぶのが手っ取り早いです。

『となりの億万長者』は米国の本の翻訳版ですが、米国の成功者たちの生活の実態を明らかにした本であり、そこから学ぶべきことは非常に多く有益な本であるためご紹介します。

f:id:shinkei807:20170330143418j:plain

 億万長者たちの生活の実態を学び、それを自分の生活にも応用する

一代で財を成した人にはそれなりの理由があり、いつまでたっても貧乏なのにもそれなりの理由があります。

テニスを学ぶなら一流のテニスコーチから学ぶのが近道ですが、それと同じで、資産形成に取り組むならば、すでに成功してきた人たちから学ぶのが近道です。

『となりの億万長者』では、そんな蓄財成功者の生活の実態を惜しみなく公開されています。

 

億万長者たちはどのような生活をしているのか?

では、実際に米国の億万長者たちはどのような生活をしているのか?

そのエッセンスを引用すると下記になります。

1. 彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する

2. 彼らは、資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく分配している

3. 彼らは、お金の心配をしないですむことのほうが、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える

4. 彼らは、社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない

5. 彼らの子どもたちは、経済的に自立している

6. 彼らは、ビジネスチャンスをつかむのが上手だ

7. 彼らは、ぴったりの職業を選んでいる 

全てに触れることはできませんので、エッセンスのみ紹介します。

 

億万長者はお金に対して意外にディフェンシブな面もあることを知る 

詳しくは書籍を読んでいただきたいのですが、億万長者は必ずしも我々がイメージしているような派手な生活をしているわけではないということです。

むしろこの本を通じて繰り返し書かれていることは、倹約の大切さ。

収入よりはるかに少ない支出で生活することの重要性が書かれています。

どんなに収入が少なかろうが、絶対に支出が収入を超えてはなりません。

要するに、借金を絶対的に避ける必要があるということです。

サラ金で金を借りるのが論外なのは言うまでもありませんが、ローンを組んで物を購入するのが癖になっている人も借金をするのが当たり前になっているので要注意です。

 

自分がお金を払ったものから、それ相応の価値を得ているか

本書では、見栄やプライドのために高級車を購入したりすることの馬鹿らしさについて書かれています。

モノがよい中古車であれば、性能的にはほぼ新車と変わらず、新車よりも数割安い価格で手に入れることができるのは常識です。

あえて最新の新車をローンを組んで購入する行為は、自分の見栄やプライドのために余分なお金を払っている行為でしかありません。

もちろん、これは車にだけ通じることではなく、住宅でも同じです。

新築住宅には不動産会社の広告費や人件費などが数割上乗せされているのは常識です。

新築で購入した物件を、数日後に売り払おうと思っても、その時点で数割は価値が下がっています。

見栄やプライドを捨てて資産形成という面だけで考えれば、中古住宅を購入する方が経済的には妥当なのです。

何かにお金を使ってモノやサービスを受け取る時には、本当に金額相応の価値があるものを受け取れているか常に考える習慣を持つべきです。

 

金利はもらうものであって払うものではないことを知る

資産形成において、借金を絶対的に避けることの重要性はいくら言っても言い過ぎることはありません。

勘違いしている人がいるといけませんので確認ですが、ローンを組んでモノを購入することは借金を背負うことと同じです。

自分のお金で一括で購入したもの以外は借金だと考えるべきです。

自分の見栄のために数百万円の高級車をローンで購入する行為は、自分から喜んで借金を背負いにいっている馬鹿な行為だと言えます。

それならば、100万円くらいの中古車を一括で精算して確実に自分のモノにした方がよほどマシです。

今の日本において、借金が唯一許されるのは住宅ローンのみではないでしょうか。

そもそも、金利を喜んで払っているような人に資産形成はまず不可能です。

金利を払うものではなく、もらうのが当たり前といった考えにかえていく必要があります。

 

まとめ

資産形成を考える時に、いきなり投資から入る人は失敗する確率が高いです。

「FXで初心者でも大儲け」とか、「主婦でも稼げたFX」などの書籍や雑誌が巷にあふれていますが、そんなものを面白がって読んでいる場合ではありません。

まずは倹約や節税といった基本的な生活態度から身につける必要があります。

『となりの億万長者』を読んで蓄財成功者の生活の実態を勉強することで、日々の生活をかえることから始めるのが正解よいと思います。

『私の財産告白』とならんで、資産形成を考える時にまず初めに読むべき一冊だと思います。

 

『私の財産告白』の書籍レビューもよろしければどうぞ。

shinkei807.hatenablog.com

 

金融資産投資の前に節約癖を身に着けてタネ銭を貯めるのが重要です。その段階が一番大変ともいえます。

shinkei807.hatenablog.com