神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

辻村深月の『かがみの孤城』は2018年の本屋大賞にふさわしい傑作でした!

スポンサーリンク

おはようございます。

2018年の本屋大賞に辻村深月さんの『かがみの孤城』が選ばれましたね。

辻村深月さんの作品は以前から時々読んでいて、

過去には『スロウハイツの神様』、『ツナグ』、『凍りのくじら』、『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』などを読みました。

その中でも『かがみの孤城』はNo.1〜2を争うくらい好きな作品になりましたので、

ご紹介させていただきます。

かがみの孤城

かがみの孤城

 

 

辻村深月の『かがみの孤城』は2018年の本屋大賞にふさわしい傑作でした

2018年に読んだ小説の中では最高傑作です

あまり書きすぎるとネタバレになりますので、概要だけご紹介します。

中学入学直後にイジメにあい、不登校になってしまった安西こころという女の子が主人公です。

イジメにあったのをきっかけに、外出して同級生に会うことが恐怖となり、自室に引きこもり状態になってしまいます。

そんなある日、自室にある鏡が突然光出します。

光る鏡に手を伸ばすと、そのまま鏡の中に吸収されてしまいます。

たどり着いた先は鏡の中の世界に存在するお城の中でした。

そこには、こころを含めて7人の男女(全員中学生)がいました。

この城のどこかに1つだけ願いがかなえられる「願いの鍵」が隠されていますが、願いをかなえられるのは一人だけという設定です。

これだけ読むと、よくあるファンタジー小説ですね。

 

辻村深月さんは人物の描き方が上手

f:id:shinkei807:20180404223819j:plain

辻村深月さんの小説の魅力は、登場人物の描き方にあると思います。

架空のお城の中で出会う7人の男女中学生の誰もが主役級の魅力的なキャラクターをしています。

皆、過去の何かしらの原因で中学校に通えなくなってしまった「訳あり」の子ばかりです。

初めはお互いに不信感を抱き、コミュニケーションもうまくとれなかった子供たちが、徐々に結束していく様子が綿密に描かれています。

癖のあるキャラが多いのですが、一冊読み終わった後にはその全員に愛着がわき、好きでたまらなくなっているのが不思議です。

辻村さんの小説は、登場人物の心理状態の描き方が秀逸です。

「知らない間に読者が感情移入して本の世界に引き込まれてしまう・・・」

これがプロの書く文章ですね。

 

終盤の伏線回収が秀逸です

実は、読んでいる途中で最後のオチが50%くらい読めてしまったのですが、残りの50%は読みきれませんでした。

本作は本格的なミステリー小説ではありませんので、オチが半分くらい読めてしまっても全く問題ありません。

それよりも、序盤から中盤にかけての数多くの伏線が、最後の10%くらいで一気に回収される気持ちよさを味わってほしいです。

伏線が回収される気持ちよさだけでなく、非常に「温かみ」のある終わり方ですので、読後感が最高です。

いくら伏線が回収されても、最悪の読後感で終わる小説も多いですよね。

その点、辻村さんの作品は読み終わった後の読後感が素晴らしい作品が多いと思います。

「良い世界観に浸ってよい時間を過ごすことができた」

「この世界観から離れたくない」

そう思わせてくれる作品のパワーがすごいですね。

 

まとめ

日々の仕事も大事ですが、たまには小説を読んで気持ちをリセットするのもよいものです。

『かがみの孤城』は、辻村深月さんの作品の中でNo.1、2を争うくらい好きな作品になりました。

久しぶりに夜更かしして一冊の小説をノンストップで読みましたね。

2018年の残り8ヶ月で、これを超える作品に出会えるか楽しみです!

 

かがみの孤城

かがみの孤城

 

 

こんな記事も書いています。

「読書」と「運動」は、誰もがお手軽に一生涯楽しめる最高の趣味だと思います。筋トレをして身体を鍛えて、日々目いっぱい働いて、面白い本に出会えればそれだけで幸せです。

www.churio807.com

 

ビジネス本で面白かったのはなんといっても『お金2.0』でしょうか。著者の佐藤さんの経験、知識量のすごさに圧倒されますが、実は自分より年下でした。世の中にはすごい人がいるものです。

www.churio807.com

 

インデックス投資本では、水瀬さんの『お金は寝かせて増やしなさい』がおすすめです。「寝かせて増やす」くらいがストレスがなくちょうどよいです。

www.churio807.com