神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

投資信託は楽天VT、楽天VTIとeMAXIS Slimシリーズがあれば事足りる件

スポンサーリンク

おはようございます。

私は楽天証券のつみたてNISAを利用しています。

つみたてNISAでは、国が決めた一定の水準を満たした商品しか採用されません。

よって、投資信託で何を選ぶか迷った時には、とりあえずつみたてNISAの商品ラインナップの中から選んでおけば大外れを引く可能性は低いです。

f:id:shinkei807:20180307222350j:plain

 

 

投資信託は楽天VT、楽天VTIとeMAXIS Slimシリーズがあれば事足りる件

改めて楽天証券の取り扱い商品一覧を眺めていたのですが、いろいろな会社から同じような商品が販売されていて、投資経験がゼロのビギナーにはあまり優しくありません。

同じような商品ばかりで何を選んだらよいか分からなくなってしまう方も多いでしょう。

www.rakuten-sec.co.jp

 

私個人の結論としては、インデックス投資ならば、

1) 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

2) 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

3) eMAXIS Slimシリーズ

があれば十分です。

アクティブならば今流行りの「ひふみ」ですかね。

逆に、残りの商品は積極的に選びに行く理由が見つかりません。

 

顧客に訴えかける明確な「one message」があるか

f:id:shinkei807:20180307222448j:plain

上記の商品に関しては、明らかなメッセージ性があります。

楽天VT、楽天VTIに関しては、

「バンガード社のETFを買い付けて投資信託化して販売するだけ」

というある意味開き直りともとれるコンセプトが分かりやすさを生みました。

VT、VTIという商品に興味はあったけれども、ドル転して本家ETFを買い付けるのはハードルが高い・・・という投資家心理をうまく突いた商品です。

こういう分かりやすいメッセージ性がある商品は強いです。

また、

「低コストで全世界株対象の投資信託」

「低コストで全米対象の投資信託」

という今までにありそうでなかったポイントを突いてきましたので上手かったですね。

 

eMAXIS Slimシリーズの強みは「業界最低水準のコストをめざし続ける」

eMAXIS Slimシリーズも、

「業界最低水準のコストを将来にわたってめざし続けるファンドシリーズ」

という強力なメッセージがあります。

楽天バンガードやeMAXIS Slimシリーズのように、一発で顧客を引きつけるone messageがあるかないかが、売れる売れないの勝敗を分けます。

ほぼ同様の水準の商品は他社からも販売されているにも関わらず、売り込み方がまずいおかげで全く売れないということはよくあります。

他の商品も、何か一つ顧客に対して明確なアピールポイントがないと今後は厳しいでしょうね。

 

類似商品が全て20年後まで生き残り続けるとは考えにくい

f:id:shinkei807:20180307222525j:plain

楽天証券のつみたてNISA対象商品で、TOPIXに連動する商品だけでも、

・野村インデックスファンドTOPIX

・eMAXIS TOPIXインデックス

・eMAXIS Slim国内株式インデックス

・iFree TOPIXインデックス

・ニッセイTOPIXインデックスファンド

・たわらノーロード TOPIX

・SMT TOPIXインデックス オープン

・i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)

・三井住友DCつみたてNISA 日本株インデックスファンド

・Smart-i TOPIXインデックス

これはさすがに多すぎます・・・

書き並べるだけで疲れてしまうレベルです。

20年後に全部が生き残っているとは考えにくいですね。

競争力の弱いファンドは自然に淘汰されていくのではないでしょうか。

 

まとめ

2018年3月現在では、投資信託は楽天VT、楽天VTI、eMAXIS Slimシリーズがあれば事足ります。

今後も、手数料合戦の類似商品ではなく、強いメッセージ性のある商品の発売を期待したいです。

 

こんな記事も書いています。

楽天VTのライバルになりうるのがeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)ですね。日本を含む、含まないという違いはありますが、どちらも魅力的な商品なのは間違いありません。

www.churio807.com

 

楽天VTIとガチで対抗できる商品はiFree S&P 500インデックスくらいでしょう。

www.churio807.com

 

EXE-iつみたてシリーズも良い商品だとは思うのですが、販路が限られすぎているのが大問題ですね。

www.churio807.com