神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

【節約の基本】クレジットで落とせる固定費は全てクレジットで落とせば1%の節約になる

おはようございます。

固定費に関しては、クレジットカードで落とせるものは全てクレジット決済に変更すべきです。

常識すぎて記事にするまでもないことかと思っていましたが、先日友人と話していたら、固定費を昔からずっと銀行口座引き落としで支払い続けているとのことでした。

固定費の決済を全てクレジットに切り替えることで、年間数千円分のポイントを貯めることも可能ですので、うまく活用しましょう。

f:id:shinkei807:20170404112145j:plain

 

クレジットで落とせる固定費は全てクレジット決済にしよう

自分の家計を把握できていない方の中には、

・電気代

・ガス代

・水道代

・NHK受信料

・携帯代

・自宅のインターネット代

などの固定費のうち、毎月◯日にどのような支払い方法で払っているかすら把握していない人がいます。

これでは全くお話になりません。

多くの場合、口座振替かクレジット決済のどちらかでしょうから、それぞれ「口座振替」か「クレジット決済」かどちらになっているか今すぐに確認しましょう。

 

固定費の支払を一枚のクレジットに集約しよう

f:id:shinkei807:20170330220411j:plain

上記の固定費のうち、クレジットカード決済が可能なものは、さっさとクレジット決済にかえてしまうのがおすすめです。

こういった事務手続きは面倒で気が乗らないものですが、一度やってしまえば永久的にメリットを得続けることができますので、今すぐにやりましょう。

電気やガスは会社によって口座振替割引がありますが、よほど少額の利用でない限り、多くの場合はクレジット決済にした方がお得です。

 

また、固定費のうち、年払いで割引が受けられるものは年払いで払う方が賢いでしょう。

例えば、NHK受信料は年払いで割引を受けられます。

記憶が定かではありませんが、たしか7.5%ほどの割引ではなかったかと思います。

よって、NHK受信料は年払いでクレジット決済にするのが一番でしょう。

昔は、ほとんど見ていないNHKの受信料をなぜ払わなければならないのか?と不満でしたが、子供ができてから教育テレビのお世話になることが増えましたので、その不満がだいぶ解消されました。

 

クレジットカードはお気に入りの一枚に集約する

何枚もクレジットカードを使い分けている人がいますが、ポイントが分散されて非効率だと思います。

メインカードはお気に入りの一枚にして、メインカードがなんらかの理由で使えない時に備えてサブカードを2枚ほど持っておけば十分と考えます。

なお、私はクレジットカードはポイント還元率やポイントの用途など、実利でしか選びません。

よって、基本的に年会費無料のものを中心に使っています。

ステータスが欲しい人の選び方とは異なりますので、クレジットカードでステータスが欲しい人は他のサイトを参考にされた方がよいです。

 

特にこだわりがなければ楽天カードを使ってみては

f:id:shinkei807:20170922162608g:plain

クレジットカードに特にこだわりが無い方には、楽天カードは初めの一枚としておすすめです。

年会費無料のカードの中では、基本還元率が1.0%と比較的高いです。

貯まるポイントは楽天スーパーポイントで、楽天市場で利用できますから、用途に困ることはほぼありません。

それでも使いみちに困ったら、自分の欲しい投資信託を購入しておけばよいです。

なお、ステータスを気にする人には楽天カードは格好悪すぎておすすめできません(笑)

格好悪くても実益があればOKという人には最適な一枚ではないでしょうか。

どうせ年会費無料ですし、発行するだけでポイントがもらえますから、とりあえずの一枚として持っておくのも手ですね。

 

0.01%の信託報酬の差を気にするよりも1%のポイントをもらおう

投資をやっている方の大半は手数料には敏感でしょうから、「もらえるポイントはもらう」癖がついている方が多いでしょう。

もし今まで貰い損ねていた方は、今からでも遅くないので、1%分のポイントは必ずもらうようにしてください。

投資信託の信託報酬0.01%の差を気にするよりも、固定費をクレジット決済にして1%のポイントもらう方がよほど効率がよいですね。

 

投資をやっている人ならば、1%の大きさは十分に理解できると思います。

投資のリターンが1%大きくなったら、ものすごく嬉しいですよね。

自分の購入しているファンドの信託報酬が1%下がったら飛び上がって喜びますよね。

たかが1%と侮る人は永久にお金が貯まらない性質の人かもしれません。

 

まとめ

クレジットで落とせる固定費は全てクレジットで落とすのが原則です。

たかが1%のポイントと侮るなかれですね。

光熱費、通信費、NHK受信料・・・全て足せば年間で30万円近くになることもあるのではないでしょうか。

固定費はなんらかの手段でどうせ支払わなければならないわけですから、せっかくならば効率よくポイントを貯めて賢く節約したいものですね。

 

こんな記事も書いています。

私は電力会社は中部電力からHTBエナジーに乗り換えました。電力使用量と関係なく一律で5%引きは大きいです。乗り換えの手間もほとんどなかったので、一度検討することをおすすめします。

www.churio807.com

 

私のメインカードはREXカードですが、以前は1.75%だった還元率が1.25%まで落ち込んでいます。今後、クレジットカードの還元率は1.0%くらいが上限になっていくのかもしれませんね。

www.churio807.com

 

家計簿がなかなか続けられない方には、マネーフォワードなどのクラウド家計サービスの導入を強くおすすめします。一度使い始めたら絶対に抜け出せなくなる便利さがあります。

www.churio807.com