神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

投資信託、ETF、個別株・・・結局何から始めたらいいの?

おはようございます。

先日、当ブログの読者の方から下記のご質問をいただきました。

「いつもブログを楽しく読ませてもらっています。私自身は投資経験のない全くの初心者です。最近、投資に興味を持ち本を買っていろいろ読みましたが、結局投資信託を買うべきなのか、ETFを買うべきなのか、個別株を買うべきなのか判断がつきません。何かアドバイスいただけますでしょうか。」

 

いつも当ブログを読んで応援していただきありがとうございます。

本日は、上記の質問に対して私なりの回答をさせていただきます。

f:id:shinkei807:20170518001510j:plain

万人向けという意味でも初めの一歩ならETFか投資信託が無難です

質問者様のご年齢と社会的背景が不明ですが、ここでは20〜30代、サラリーマンの方と仮定して話を進めていきます。

また、バイ・アンド・ホールドを基本とした長期投資を前提に話を進めます(私があまりsellしない派なので、それ以外の話ができません)。

結論としては、初めの一歩なら個別株よりもETFか投資信託が無難だと思います。

そして、私個人としては一度にまとまった額を投資できるならば、投資信託を買うよりはETFを買った方がよいと考えています。

 

実際の買い方の一例(あくまで私の主観)

そこで、実際のETFと投資信託の買い方ですが、

1) 節税にもなるi-DeCOの枠を最大限に活用する(会社員ならば23,000円/月)

 ・i-DeCOでETFや個別株は買えないので必然的に投資信託を購入せざるを得ない

 ・i-DeCOのメリットを最大限享受するならば、100%リスク資産で攻めるべき

 ・SBI証券ならば、「DCニッセイ外国株式インデックス」を購入しておけば無難

→スパイス程度に「三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド」や「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」を少額買ってみて値動きを比較するのも勉強になるかも。

 

2) 私は現行NISAは否定派ですので、残りは特定口座でETFを買います

 ・バンガード社のETF商品群が手数料の面で非常に優れている

  →世界全体の株式市場:VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)

  →米国株式市場全体:VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)

  →新興国株式市場:VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)

 ・迷ったら馬鹿のひとつ覚えでVTを買っておけば無難

 ・最近流行りの米国株投資に乗っかるならばVTIを多めに買ってみるのもあり

 →米国は先進国の中では人口動態的に成長の余地が大きいと考えられるため、そこに期待するなら米国株を多めに買ってもいいかもしれません(VTのように世界全体に分散すればするほど低成長の国も入り込んでしまう)

 ・ETFの購入手数料は安くなってはいるが、投資信託のようにノーロードの商品はないため、手数料負けしないように数十万円単位で投資をする

 

まずは少額ずついろいろ買ってみて値動きを見てみるとよいです

質問者様はまだ投資の経験がないとのことですが、投資信託、ETF、個別株の違いを勉強するためには、実際に少額でよいのでその商品を買ってみるのが手っ取り早いです。

もちろん元本割れ(損をする)の可能性はあるわけですが、投資金額が10万円くらいなら損をしてもせいぜい数万円程度です。

それくらいの損も許容できないくらいなら、初めから株式などやらない方がよいわけです。

実際に少額でもよいので購入してみると、毎日自分の投資した銘柄の金額の増減が身をもって体感できますから、投資したお金以上にいろいろ勉強になると思います。

なお、本格的に投資をやる場合、最悪の場合50%くらい減ってもOKと思える余裕資金で投資をするようにしてください。

 

とりあえずVTとVTI、i-DeCOの枠でニッセイ外国株式インデックスを買ってみるのはどうでしょう

私が今から新しく投資を始めるとしたら、VTやVTIを特定口座で買い進め、i-DeCOの枠でDCニッセイ外国株式インデックスを買います。

VTやVTI、DCニッセイ外国株式インデックスを買ってみて、それぞれの値動きの違いを見ながら経済誌やbloombergなどを読むと勉強になる気がします。

なお、2018年から始まる積立NISAに関しては、投資額の上限が現行NISAの120万円/年から40万円/年と下がっていますが、非課税期間が20年と長くなっており、こちらは十分利用に値すると思っています。

個別株は昔やっていたのですが、いろいろ調べるのが面倒くさくなって今はやらなくなってしまったのでまともにアドバイスできません。

まぁしかし、我々医師のように本業が割と忙しい身にとっては、ETFの時間対効果の素晴らしさは特筆すべきものがあります。

そういった優れた商品を勤務の合間にインターネットでちゃちゃっと購入できてしまう今の世の中は本当に恵まれていると思います。

 

 

こんな記事も書いています。

投資を始める前に生活防衛資金の確保が必要です。各個人の生活状況に合わせて、必要な額をまずは確保しましょう。

www.churio807.com

 

お金にパワーを持たせるには、少なくとも数百万単位の投資が必要です。まずはタネ銭を貯めることに全力を注ぎましょう。

www.churio807.com