神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

eMAXIS Slim全世界株式は「除く日本」と「オール・カントリー」のどちらを選ぶべきか?

スポンサーリンク

おはようございます。

当ブログの読者の方から、eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)とeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のどちらを選択すべきかにつき、以下のご質問をいただきました。

いつも楽しく拝見させていただいております。

35歳の公務員のKoichiroと申します。

毎度、有益な気づきを与えていただき、感謝しております。

 

本年、娘の誕生をきっかけに長期にわたる資産形成の重要性を感じ、コロナショック渦中の2020年4月に投資信託にて投資をスタートしました。

◆家族構成

私(35歳、公務員) 年収600万円

妻(37歳、専業主婦)

娘(5ヶ月)

 

◆資産(2020年4月~)

つみたてNISA(夫婦2名分) eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 計80万円

ジュニアNISA eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 80万円

iDeCo eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 9.6万円(本年5月~)

 

※生活防衛資金は別でキャッシュにて確保

私は、ちゅり男先生の「世の中の95%以上の普通の人はVT一本買って放置をおすすめ」とのお話に強く共感をしております。

低い信託報酬、世界分散、自動リバランスと欠点の少ない特性は、長期の積み立てを前提とした私自身のインデックス投資の方法に、現時点で最も適した商品のように感じております。

ついては、1点、細かなことで恐縮ですが、教えていただきたいことがあり、ご連絡をさせていただきました。

私はキャッシュ(日本円)にて預金をしているため、あえて日本株を外したeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)にて積み立てを行っておりますが、この判断についてどうお考えでしょうか。

やはりeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)で日本株も含め、まんべんなく分散した方がいいでしょうか。

日本株を含むeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)において日本株が占める比率は直近で6.8%と決して高くはなく、

結果としてeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の差異はあまりないのではと感じているのですが、

細かい性格のためつい気になってしまい、ご質問をさせていただいた次第です。

ご多忙な中、細かな質問で恐縮ですが、どうかよろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。

結論から申し上げます。

1) ご自身で記載されている通り、eMAXIS Slim全世界株式の「除く日本」と「オール・カントリー」の違いは日本株を含むか否かです

2) 日本株が占める割合は約7%程度ですので、両者のパフォーマンスが大きく変わるとは考えられません

3) よって、この2つは完全に好みで決めてしまってOKです。私は、オーソドックスな全世界分散投資が好みなので、オール・カントリーの方をおすすめしています

以下、掘り下げてみていきます。

f:id:shinkei807:20181205101403j:plain

eMAXIS Slim全世界株式は「除く日本」と「オール・カントリー」のどちらを選ぶべきか?

eMAXIS Slim全世界株式の「除く日本」と「オール・カントリー」の成績は近似する

ポートフォリオに占める日本株の割合が30%〜40%もあれば、両者のパフォーマンスには大きな差が出るでしょう。

しかし、実際にはオール・カントリーの中の日本株の割合は6.7%程度に過ぎません。

よって、両者のパフォーマンスはほぼ同じものになります。

オール・カントリーが発売されて以降の両者のパフォーマンスをグラフで比較したものが以下の記事に載っていましたが、やはりほとんど差がありませんでした。

toushi-ino.hatenablog.com

将来的に、バブル期のように日本株の時価総額が世界トップクラスに躍り出る可能性があるならば話は別ですが、極端な少子高齢化社会を迎えること、十分なイノベーションが生まれていない産業構造などを考えますと、厳しい気がします。

とはいえ、私自身は日本株に超悲観的なわけでもなく、世界平均よりは良いパフォーマンスを残す可能性も十分あるのではと考えています。

 

「除く日本」と「オール・カントリー」のどちらを選ぶかは自分の考え方次第

「除く日本」と「オール・カントリー」のどちらがより優れているかという問題は、数十年後になって過去を振り返ってみないと絶対に答えの出せない問題です。

答えが出せない上に、理論上は大きなパフォーマンス差は生じない可能性が高いのであれば、それ以上細かく考えても時間の無駄でしょう。

あとは個々人の信念の問題だと思います。

 

「貯金もあるし、毎月の給料も円でもらうわけなので、円資産に関してはそれで十分」

「株式に関しては外国株だけで運用したい」

と考えるのならば、除く日本を購入すればよいです。

 

一方、

「たかが7%程度しかない日本株をわざわざ外す理由もない」

「日本株に悲観的な見方も多いけれど、将来のことなど誰にもわからないのだから市場丸ごと購入した方がシンプルでわかりやすい」

と考えるのであれば、オール・カントリーでよいのではないでしょうか。

 

私自身は、どちらかというと後者の考えに近いので、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)をおすすめしています。

ブログも書籍も結局は人間が書いたものですので、その書いた人の考え方というかバイアスからは逃れられません。

最終的には、自分の頭で考えて納得いく結論を出す勇気が必要でしょう。

 

まとめ

eMAXIS Slim全世界株式の「除く日本」と「オール・カントリー」の差はほぼありません。

日本株の割合が7%程度に過ぎないわけですから、ある意味当然とも言えます。

よって、各個人の投資に対する考え方、投資に求めるものを明確にし、納得できる理由付けをした上で購入することが重要だと思います。

 

【おすすめ書籍】

精神科医の樺沢先生の書かれたブレインメンタル強化大全は、現代人が身につけるべき良質な習慣について、網羅的に分かりやすく解説された良書です。

ブレイン メンタル 強化大全

ブレイン メンタル 強化大全

  • 作者:樺沢紫苑
  • 発売日: 2020/09/03
  • メディア: Kindle版
 

 

インデックス投資に関する書籍は多数ありますが、山崎先生の本は内容がまとまっていて読みやすく、おすすめできます。

  

こんな記事も書いています。

オーソドックスな国際分散投資であれば、何も考えずeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を購入すればよいだけです。

www.churio807.com

 

長期投資は航海に似ています。自分の価値観、投資に対する考え方を明確にし、その信念にあった商品を購入し続けることが重要です。 

www.churio807.com

 

私は、キャッシュ+VTというのはシンプルかつ最強に近いポートフォリオだと考えています。

物事を複雑にするのは簡単ですが、シンプルに保つということは意外に難しいです。

www.churio807.com