神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

【Apple Card】年会費無料で2%還元のクレジットカードは日本にも上陸するか?

スポンサーリンク

おはようございます。

資産形成に取り組んでいる方にとって、どのクレジットカードをメインカードとして利用すべきかは非常に重要な問題です。

電気料金、ガス料金、通信費などの各種固定費を全てクレジットカード決済にするだけで、少なくとも1.0%程度のポイント還元が受けられますから、年単位になるとバカにならない差が出てきます。

今回Appleから発表された「Apple Card」ですが、見た目のデザイン性だけでなく、なんと「年会費無料・2%キャッシュバック」とのことです。

ただし、2%還元は仮想カードでApple payを利用した場合に限られ、通常通りに物理カードを発行した場合は1%のようです。

しかし、2%還元というのは驚くべき数字ですね。

 f:id:shinkei807:20190329161400j:plain

【Apple Card】年会費無料で2%還元のクレジットカードは日本にも上陸するか?

年会費無料の高還元率クレジットカードは1.0%〜1.25%還元が相場

年会費無料のクレジットカードの場合、高還元率カードであっても1.0%〜1.25%還元というのが相場です。

昔はジャックス系で1.5%以上の還元率を誇るクレジットカードがありましたが、ここ数年でどんどん改悪されてしまいました。

私自身は、楽天系のサービスをよく利用することもあり、楽天スーパーポイントが効率よく貯まる楽天プレミアムカードを利用しています。

「プレミアム」とは言え、通常のお買い物での還元率は1.0%に過ぎません。

 

Apple Cardはデザイン性が高い

今回、Appleから発表された「Apple Card」ですが、まずは見た目がシンプルでかっこいいですね。

ただし、物理カードを発行してしまうと還元率が1.0%になってしまうので悩ましいところです。

f:id:shinkei807:20190329161400j:plain

私は楽天愛好家ですが、楽天カードとは比べ物にならないデザイン性なのは言うまでもありませんw

クレジットカードの良し悪しは見た目で決まるわけではありませんが、所有欲を満たすデザインというのは評価できます。

 

Apple Cardは2.0%キャッシュバックが受けられる

Apple Cardが優れているのが見た目だけで、実際の還元率が0.5%程度ならば話にならないわけですが、なんとApple Cardは仮想カードでApple payで利用した場合2%のキャッシュバックがあるとのことです。

年会費無料で2%というのは驚異的な数字です。

さらに、Apple関連の買い物をした場合は3%のキャッシュバックとなります。

近年、iPhoneやMacも高性能化・円安の影響で値上がり傾向ですから3%のキャッシュバックは嬉しい特典ですね。

Apple pay利用者の私としては、発行しない理由が見当たりません。

 

2019年夏に米国で先行リリース、日本の導入時期は不明

2019年夏に米国で先行リリースされ、日本にいつ入ってくるかは現時点では不明です。

日本では未だにiPhoneの普及率が高いので、もし日本でも「年会費無料・2%キャッシュバック」の条件で導入されたら、Apple Cardに乗り換える人はかなり多そうです。

私も迷わずApple Cardを発行すると思います。

アップルウォッチで財布を出さずにスマートに決済を済ませつつ、しかも2%キャッシュバックを受け取ることが可能になりそうですね。

夢のような話です。

 

まとめ

Appleから新規発表された「Apple Card」ですが、Apple pay利用で年会費無料で2.0%のキャッシュバックということで、将来的に日本にも導入されたら大きな反響がありそうです。

ついにAppleもクレジットカード界に参入ですが、どれくらいのインパクトを残せるか注目しています。

 

【楽天カード】

楽天ユーザーならば、楽天スーパーポイントが圧倒的に速く貯まる楽天カードは絶対に保有すべきです。

私自身は楽天プレミアムカードユーザーですが、年会費無料の楽天カードでも十分な破壊力があります。

 

こんな記事も書いています。

クレジットカードの使いすぎは論外ですが、上手く活用すれば資産形成の大きな味方になると思います。

www.churio807.com

 

楽天の通常ポイントは、楽天カードの利用料金の支払い分に充てることが可能です。カード請求額を下げられるのは大きいですね。 

www.churio807.com

 

電力会社を新電力へ乗り換えることで、少なくとも5%の電気代を節約することができます。 手続きは一瞬ですから絶対に実践しましょう。

www.churio807.com