神経内科医ちゅり男のブログ

初心者でも実践できる投資や節約術を紹介しています。人生を豊かにする本や健康情報との出会いも。

ネット証券大手3社の中で一番使いやすいのは楽天証券

スポンサーリンク

おはようございます。

大手・対面形式の証券会社よりもSBI証券、楽天証券、マネックス証券などのネット証券の方が利便性が高いです。

この3つの証券会社であれば実際にやれることは大差ありませんが、取引画面の使いやすさやユーザーインターフェースには随分差がある印象です。

私の個人的な印象では、楽天証券の取引画面が最も使いやすいと思います。

次いでSBI証券、マネックス証券の順番でしょうか。

これから投資を始める方は、余計な部分でつまずくのは避けた方がよいのでできるだけ取引画面が使いやすい証券会社を選ぶべきだと思います。

f:id:shinkei807:20211127220124j:plain

ネット証券大手3社の中で一番使いやすいのは楽天証券

本日の記事の要点は以下の通りです。

1. 楽天証券はユーザーインターフェースに優れる

2. SBI証券が第2位、マネックス証券の取引画面はかなり使いにくい

3. 投資をこれから始める方には「楽天証券」がおすすめ

以下1つ1つ掘り下げてみていきます。

 

1. 楽天証券はユーザーインターフェースに優れる

取引画面の使いやすさ、見やすさという点では楽天証券が圧倒的No.1だと思います。

自分が投資したい株式や投資信託の検索画面も見やすいですし、保有商品一覧やこれまでのリターンも視認性が高いです。

言葉ではうまく言い表せないのですが、直感的にボタンをクリックするだけで自分の見たい画面が表示されるかどうかは非常に重要ですね。

自分の思い通りに銘柄検索や売買ができて、保有資産状況がぱっと確認できればよいわけですから、そういった基本的な機能において余計なストレスは無いにこしたことはありません。

 

2. SBI証券が第2位、マネックス証券の取引画面はかなり使いにくい

私がメインで利用しているのはSBI証券の外国株口座ですが、SBI証券の取引画面は楽天証券と比較すると正直使いづらいです。

操作に慣れてしまえば全く問題ありませんが、初めてでも直感的に使えるかというと難しいと思います。

さすがに今ではありませんが、初めの頃は自分が閲覧したい情報の画面がなかなか表示されず、何度も同じ画面を行ったりきたりした記憶が蘇ります。

 

マネックス証券はSBI証券以上に複雑怪奇であり、初心者向けではないですね。

特にスマホアプリの使いづらさに関しては、だいぶ慣れた今でもまだ厳しいです、、

様々な情報がきれいに整理されておらず、ごちゃごちゃの迷路のようになっている印象です。

 

3. 投資をこれから始める方には「楽天証券」がおすすめ

私のこれまでの経験から、今までに投資経験が全くなくゼロから始める方には「楽天証券」をおすすめします。

すでに投資経験が長く慣れてしまっていると忘れてしまいがちですが、初めのうちは証券会社の取引画面を開いて株を売買するだけでドキドキしていたものです。

操作画面が複雑という余計な理由で投資をするのが嫌にならないためにも、ユーザーインターフェースの優れた楽天証券がよいと思います。

まずは楽天証券を利用して投資に慣れたうえで、SBI証券やマネックス証券の方が有利な点があれば乗り換えるのもよいでしょう。

とはいえ、今では取扱銘柄や手数料の若干の違いなどはあるものの、三大ネット証券でやれることはほぼ変わらず、あれこれ手を出すと管理の手間が増えるばかりかもしれません。

 

まとめ

ネット証券大手3社の中では、圧倒的に楽天証券のユーザーインターフェースが優れていると思います。

投資をこれから始める方で余計なストレスを抱えたくない人は楽天証券をオススメします。

 

【クリスマス〜年末年始におすすめのスイーツ2選】

1. バニラビーンズ ショーコラ2021年大感謝セット(24個入り)

バニラビーンズの看板商品である「ショーコラ」と「パリトロ」の美味しさは言うまでもありません。

普段1個400円以上する高級品ですが、こちらの大感謝セットは24個入りで4,649円と1個あたり約200円で楽しむことができます!

毎日数量限定なのでお早めに。

 

2. ルタオ ドゥーブルフロマージュ食べ比べセット

ルタオのドゥーブルフロマージュはミルクとチーズのハーモニーが抜群!

子どもでも食べやすい味で我が家では大人気です。

オススメはドゥーブルフロマージュとショコラドゥーブルの2個セットです。

 

北海道千歳市のふるさと納税でも全く同じ商品の取り扱いがありました!こちらもおすすめ。

 

こんな記事も書いています。

口座管理や損益通算を容易にするためにも、できるだけ1つの証券会社にまとめた方がよいと思います。

www.churio807.com

 

個人向け投信販売で楽天証券が首位にたったというニュースです。

ネット証券に勢いがありますね。

www.churio807.com

 

マネックスカードによる投信積立とポイント還元サービスは魅力ですね。

www.churio807.com