神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

【つみたてNISA 5ヶ月目】楽天VTと楽天VTIのパフォーマンス差は?

おはようございます。

つみたてNISAでは、2018年始から楽天VTと楽天VTIの2商品に絞って50%ずつ積立を継続してきました。

最近になり、新興国市場のパフォーマンスを米国市場・世界市場全体と比較してみたくなり、5月からeMAXIS Slim新興国株式インデックスも少しだけ積み立ててみることにしました。

つみたてNISAが開始して5ヶ月目になりますので、ここで一度パフォーマンスのチェックをしておきます。

f:id:shinkei807:20171201134945p:plain

 

つみたてNISA5ヶ月目:楽天VTと楽天VTIのパフォーマンス差は?

さて、実際のパフォーマンスは以下のようになっています。

f:id:shinkei807:20180523114346p:plain

eMAXIS Slim新興国株式インデックスを積み立て始めたのはまだ最近ですので、参考になりませんね。

年始からのパフォーマンスでは、楽天VTIの方が楽天VTをわずかに上回っています。

 

2018年始めからの「毎日積立」で知らない間に含み益に転じていた

つみたてNISAはずっと含み損の状態でしたが、知らない間にプラスに転じていますね。

今年2月〜4月頃の円高・株安局面の時にコツコツ買い足した分が、5月に入っての円安と株価の回復でプラスに転じたものと思われます。

特に円安に振れた影響が大きいですね。

右肩上がりの順張り相場では一括投資が有利ですが、2018年のようなアップダウンのある相場では積立投資は強いですね。

2017年よりはボラティリティの高い相場になっていますので、手持ち資金は一気に投入するのではなく、逐次投入していきたいと思います。

特に、「毎日積立」は究極のドルコスト平均法といえますが、手動で実践するのはまず不可能です。

証券会社が勝手にやってくれるというのは大変ありがたい話ですね。

この買い付け回数が増えれば増えるほど取引にコストがかかりますので、最終的には実質コストとなって自分に跳ね返ってくるわけですからなんとも言えない所ではありますが・・・

 

楽天VTIの方が楽天VTよりもわずかにパフォーマンスが良い

f:id:shinkei807:20171031151022p:plain

肝心の楽天VTと楽天VTIのパフォーマンス差ですが、今のところ、楽天VTよりも楽天VTIの方がわずかにパフォーマンスがよいという結果です。

ただし、ほとんど誤差と言ってよい範囲内ですね。

米国への集中投資と世界全体への分散投資のどちらが有利か、5〜10年後にどうなっているか楽しみです。

2010年代のような米国の覇権・一強状態がこのまま続くのか、それとも中国を始めとした新興国市場が存在感を増していくのでしょうか。

VTは世界市場全体への投資とはいえ、その約50%強は米国市場ですから、「米国を中心に世界全体に分散投資」する商品と考えたほうがよさそうです。

 

eMAXIS Slim新興国株式インデックスのパフォーマンスにも注目していきます

新興国株式市場へ投資をするインデックスファンドの中で、圧倒的な低信託報酬を実現しているのが、

「eMAXIS Slim新興国株式インデックス:信託報酬 0.2052%」

です。

信託報酬0.2052%(税込み)というのは、一昔前では日本株インデックスファンドでしか実現不可能なレベルの低信託報酬です。

新興国市場単独のパフォーマンスも確認したくなったため、eMAXIS Slim新興国株式インデックスを少額だけ積み立てることとしました。

新興国市場のボラティリティを考えますと、主力にするのは心もとないので、あくまで主力はVTIとVTですけれどもね。

つみたてNISAは年間40万円までで自動積立のみですので、気軽にこのような実験ができるのが面白いですね。

今後も面白そうな商品が追加されたら、少額だけ毎日積立をしてパフォーマンスを比較する実験をしていこうと思います。

 

まとめ

つみたてNISA 5ヶ月目の運用成績報告でした。

今のところ、楽天VTIの方が楽天VTよりもわずかにパフォーマンスがよいですが、まだ誤差の範囲内と言えるレベルです。

今後の経過も引き続き注目していきたいと思います。

 

 

こんな記事も書いています。

一般の方は、iDeCoとつみたてNISAで月5万円の投資を確実に実践することが最も重要です。

www.churio807.com

 

つみたてNISAのおすすめ投資信託5つを紹介した記事です。

www.churio807.com

 

1ヶ月半前と比べると、楽天VT、楽天VTIともにパフォーマンスが大幅に改善しています。制度上、一喜一憂しても仕方がないのですけれど、嬉しくなりますね。

www.churio807.com