神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

メインのクレジットカードはVISAかMasterCardで保有しよう

スポンサーリンク

おはようございます。

クレジットカードに関しては、メインカードはVISAかMasterCardで保有しておくのが無難です。

クレジットカードに関しては、VISAが世界シェアの56%で圧倒的なナンバーワン、MasterCardが次点で26%となっているからです。

シェアだけで全てが判断できるわけではありませんが、日本国内に限らず世界全体での汎用性の高さを考えますと、必然的に高シェアを獲得しているVISAかMasterCardに落ち着きます。

日本に住んでいるとJCBというイメージが強いですし、JCBも良いブランドではありますが、ここはグローバルな視点にたってブランドを選びましょう。

f:id:shinkei807:20190405105312j:plain

メインのクレジットカードはVISAかMasterCardで保有しよう

メインカードはVISAかMasterCard、サブでJCBやAMEXを

JCBも日本国内では依然強いですが、海外で利用することを考えますとやはりVISAやMasterCardのシェアには負けます。

クレジットカードをうまく活用するコツは、可能な限りメインカードを1枚決めてそのカードに決済を集約させることです。

その点、VISAかMasterCardであればほぼ全てのサービスを活用できますので不便を感じることはありません。

メインカードはVISAかMasterCardで、サブでJCBやAMEXブランドのカードを保有するのがよいでしょう。

私自身、JCBはメインカードでは利用していませんが、JCBカードは旅行先で様々な特典・サービスを受けられることがありますのでサブカードとして保有しています。

AMEXはマイル関連のキャンペーンは魅力大ですが、実際にクレジットカードを利用する場面でAMEXである必要性を感じたことはないですね。

 

JCBカードではKyashチャージができないというデメリットあり

還元率が改悪されたとは言え、2019年10月以降も1.0%のKyashポイントが得られるため大変お得なKyashですが、KyashへのチャージはVISAかMasterCardブランドしか認められていません。

メインカードがJCBの方はそのクレジットカードでKyashチャージは不可能ですので注意しましょう。

Twitterをチェックしていても、クレジットカードがJCBであるためにKyashが利用できないというツイートを多く見かけます。

せっかくKyashの存在を知って存分に活用しようと思った矢先に、クレジットカードのブランドがJCBであるがために活用できないというのは悲劇です。

これからキャッシュレス化の流れが加速し、クレジットカードを始めとする各種ポイント還元の争いが激化すると思いますが、その流れに乗り遅れないよう汎用性の高いVISAかMasterCardを一枚は保有しておきましょう。

VISAとMasterCardであれば、どちらもほぼ全てのクレジットカード対応店舗で利用可能と思われますが、コストコではMasterCardブランドのカードしか利用できませんので、コストコを活用される方はMasterCardを選択しておきましょう。

 

まとめ

クレジットカードに関しては、

1) メインのクレジットカード:VISAかMasterCard

2) サブのクレジットカード:JCB、AMEX、ダイナースなど・・・

という組み合わせをおすすめします。

 

【楽天カード】

楽天証券で投信積立をするならばポイント還元を受けられる楽天カードが必須です。

このためだけに楽天カードを保有する価値があります。

 

こんな記事も書いています。

メインの銀行口座も楽天銀行をおすすめしています。次点で住信SBIネット銀行です。

www.churio807.com

 

年間の決済金額が大きい方は年会費有料のクレジットカードを保有しても十分にペイすると思います。

www.churio807.com

 

キャンペーン期間中を除けば、Kyashと楽天ペイのコンボが強力ですね。

www.churio807.com