神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

【楽天証券】楽天スーパーポイントで国内株式が購入可能になります

スポンサーリンク

おはようございます。

楽天証券で、2019年10月28日(月)から楽天スーパーポイントを利用して国内株式を購入できるようになります。

ポイント投資自体は目新しいものではありませんが、今までのポイント投資は購入対象が投資信託に限られていました。

投資信託に加えて国内株式が広く購入可能となり使い勝手がますます良くなります。

www.rakuten-sec.co.jp

f:id:shinkei807:20190905161856g:plain

【楽天証券】楽天スーパーポイントで国内株式が購入可能になります

単元株未満での購入はできない

楽天スーパーポイントで国内株式が購入可能になるとはいえ、単元株(100株)未満での購入はできません。

よって、実際には「日本円+楽天ポイント」のあわせ技で購入することになるでしょう。

米国株は一株から購入できますので、100株単位でしか買えない日本の個別株はまだまだ不便なところがありますね。

期間限定ポイントも使えれば面白みが増しますが、今回も期間限定ポイントは対象外のようです。

 

国内ETFを購入するには便利です

楽天証券では、他社と比較して「手数料0円ETF」が数多くラインナップされていますので、楽天ポイント投資と相性がよいです。

www.rakuten-sec.co.jp

せっかく楽天ポイントを使って投資しても、そのほとんどが手数料で持っていかれては魅力は半減です。

その点、「手数料0円ETF」であれば手数料の心配をすることなく国内ETF投資をすることができます。

正直言って投資信託でも十分ではありますが、選択肢が増えるのは個人投資家にとっては喜ばしいことですね。

 

楽天スーパーポイントの汎用性は群を抜いている

楽天ポイント、Tポイント、dポイント、Pontaポイントなどが有名所ですが、楽天ポイントほど使い勝手のよいポイントはありませんね。

もはや楽天市場で手に入らないものはほぼありませんので、楽天市場利用者にとっては「楽天ポイント≒現金」です。

楽天ポイントは楽天証券で投資信託や国内株式の購入にも使えますし、使い道がなければ毎月の楽天カードの利用代金をポイントで補うこともできます。

せっかく貯めたポイントもまともな使い道がなければ意味がありませんから、その点楽天ポイントは安心して貯められます。

楽天SPU、楽天スーパーセールやお買い物マラソンを攻略することでポイントも信じられない勢いで貯まりますので、貯めやすさも文句なしです。

強いて言うならば、期間限定ポイントの使い道の選択肢を増やしてもらえると助かりますが、そこまで要求するのは欲張りでしょうか。

 

まとめ

2019年10月28日から、楽天証券で楽天スーパーポイントを利用して国内株式の購入が可能となります。

楽天ポイントの使い道が増えるのは大歓迎ですね。

 

【楽天証券】

日常的に楽天ポイントを貯めている方ならば、証券口座は楽天証券で決まりです。

もちろん楽天カードとセットで保有しましょう。

 

こんな記事も書いています。

楽天SPUの条件が2019年10月から変更になります。楽天SPU対策をまとめた記事です。

www.churio807.com

 

楽天系のサービスを上手に活用することで、支出を抑えることが可能です。 

www.churio807.com

 

 米国株取引の最低手数料も撤廃され、国内の投資環境は劇的に改善しています。

www.churio807.com