神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

パートで所得控除のメリットが得られない場合iDeCoに加入すべきか?

スポンサーリンク

おはようございます。

iDeCoの最大のメリットは、掛け金の全額がそのまま所得控除になりますので、所得税率の高い方ほど高い節税効果が期待できる点にあります。

専業主婦など所得のない方はその恩恵は受けられないわけですが、その場合にiDeCoを活用すべきか否かについて以下のご質問をいただきました。

扶養内(年収所得103万以内)45歳主婦(妻)が、イデコidecoに加入するメリットがありますか?

 

ちゅり男様。

初めまして、投資初心者のよしくんと申します。

色々投資信託の勉強を模索しているうちに、2018年11月よりちゅり男様の

ブログにたどり着きました。

とても分かりやすい内容に、毎日楽しく拝読させていただいております。

そんなちゅり男様に、私が迷っている妻のイデコ加入するか否かについて

アドバイスをお願いしたく思い切ってご相談した次第です。 

ご意見をお聞かせいただければ本当に助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

【状況】

私(夫)はideco(2018年8月より月額満額投資)、積み立てNISA(2019年1月より月額満額投資)加入済み。

妻も積み立てNISA(2019年3月より月額満額投資)加入済み。、

 

まだ投資資金に余裕があるので妻のideco加入(23000円満額投資)も考えています。

しかし、妻はパート103万以内で働いているため所得控除のメリットはありません。

idecoのデメリットに、積み立てNISAにはかからない月の手数料が重くのしかかるので、利益分20%非課税を鑑みても、専業主婦の場合あまりメリットはないとの指摘もあります。

 

【ご相談内容】

私の妻【45歳】の場合、15年積み立て可能なイデコに加入するより、特定口座を開いて投資を選択した方がよろしいのでしょうか?

因みに、投資可能資金は1000万円ほどあります。

投資を始めたばかりの素人でイデコの投資可能年数があと15年程なので焦っております。メリットがあれば、すぐにでも加入しようと思っています。

アドバイスをいただけると本当に助かります。

何卒よろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。

パートや専業主婦の方のiDeCoに関しては所得控除の恩恵が受けられませんので、誰もが悩むポイントかと思います。

私ならば以下のように考えます。 

f:id:shinkei807:20180411210559j:plain

パートで所得控除のメリットが得られない場合iDeCoに加入すべきか?

退職所得控除をフル活用できるのはメリット

パートの場合退職金が発生しませんから、iDeCoを一時金受取する時に退職所得控除をそのままフル活用できるのはメリットですね。

45歳でiDeCoに加入して60歳時に一時金受取の場合、他に退職金がなければ退職所得控除は、

「40万円 x 15年= 600万円」

となります。

iDeCoを株式投資信託などのリスク資産で運用する場合、その運用成績にもよると思いますが、受取時にほとんど税金がかからない可能性が高いです。

満額の276,000円を15年積み立てたとしても投資元本は4,140,000円だからですね。

逆に言えば、公務員や大企業にお勤めの方で退職金の金額が大きい場合には、企業の退職金とiDeCoで退職所得控除を二重に使うことはできませんので、一時金受取の時にかなりの金額の税金を支払わなければならない可能性があるということです。

 

「非課税の恩恵>各種手数料と資金拘束のデメリット」ならば利用しましょう

45歳でiDeCoを利用し始めますと、60歳受取と仮定して15年の投資期間になります。

株式投資信託で運用する場合、15年という投資期間は長いように見えますが、運悪く相場に恵まれないとあまり利益が出ない可能性もありますね。

利益が出る確率の方が高いとは思いますが、絶対ではありません。

デメリットは15年間の間は資金が拘束される点と、地味ではありますが毎月200円前後の口座管理手数料がかかることです。

このあたりをよく勘案して加入すべきか否かを検討したいですね。

 

1000万円あるならば海外ETFを積み立てるのも面白い

すでに手元に1000万円のまとまった資金があるわけですから、SBI証券の海外ETF定期積立サービスを利用してETF積立を行うのも面白いですね。

住信SBIネット銀行で外貨積立を行えば、「毎月」「毎週」「毎日」のいずれの方法でドルを積み上げることが可能です。

一例として、月に50万円ずつドル転をして、そのドルでVTやVTIなどの米国ETFを積み立てる方法が考えられますね。

ご夫婦のつみたてNISAと夫のiDeCoまでは確定として、それ以外のお金をどのような戦略で投資していくか、自分なりにいろいろシミュレーションしてみるのが投資の醍醐味でもあります。

 

まとめ

所得控除の恩恵が得られない場合、資金拘束と口座管理手数料のデメリットをどのように捉えるかがiDeCoを利用すべきか否かの最大のポイントでしょう。

 

【SBI証券のiDeCo】

現状では、iDeCoはSBI証券のセレクトプランを推奨します。

低コストのeMAXIS Slimシリーズがラインナップしているのが大きいです。

 

こんな記事も書いています。

つみたてNISAとiDeCoでは、いつでも解約可能で流動性が保たれるつみたてNISAの方が一般向けと言えます。

www.churio807.com

 

同様に、子供が成人になるまで資金が拘束されるジュニアNISAに関しては、優先順位が下がると思います。

www.churio807.com

 

一般的には、つみたてNISAとiDeCoで月5万円の投資を目標にするとよいと思います。

www.churio807.com