神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

ジュニアNISAはETFではなく配当再投資の効率がよい投資信託を選ぼう

スポンサーリンク

おはようございます。 

当ブログの読者の方から、ジュニアNISAについて以下のご質問をいただきました。

いつも楽しく拝見させていただいております。突然のご連絡で恐縮です。

 

私は39歳の公務員で妻(33歳)と子供(2歳)の3人家族です。世帯年収は1,300万円で以下のような資産運用を行っています。

 

1.楽天証券にて、iDeCoで毎月12,000円(楽天VT)、積立NISAで毎月33,333円(楽天VT)+33,333円(楽天VTI)。

2.SBI証券にて、毎月1,600ドル(VT)+1,400ドル(VTI)を定期積立(SBI銀行にて毎日2万円分のドルを定期積立)。

3.国内株式350万(数銘柄保有、現在の含み益20万ほど。配当の受取のみで、ここ数年間は売買していません)。

 

上記に加え、非課税枠を最大限利用するため、今年からジュニアNISAを始めようと楽天証券で口座開設したのですが、運用先として楽天VTとするかeMAXIS Slim全世界とするかで迷っています。

投資先をシンプルにまとめるのであれば楽天VTかと思うのですが、経費率の面からeMAXIS Slimが気になっています。

ちゅり男様であれば、どのように考えるのか、ご意見をお聞かせいただけますと幸いです。

 

なお、現在預金3千万円、積立型生命保険(前納。60歳頃に2.5千万円)を保有していますので、運用先はすべて株式、暴落時には追加投資(VT)を基本方針としています。

ご質問ありがとうございます。

お子さんが2歳ということで、ジュニアNISAを今から活用すれば15年程度の時間が確保できますので利用価値がありますね。

現時点では、ジュニアNISAの投資可能期間は2023年までとなっていますからギリギリのタイミングでもあります。

以下、私なりのジュニアNISAのポイントをまとめます。

f:id:shinkei807:20180403195651j:plain

ジュニアNISAはETFではなく配当再投資の効率がよい投資信託を選ぼう

結論から書きますと、

1) ジュニアNISAではETFではなく配当再投資の効率がよい投資信託を選ぶ

2) 20年後も存続していると確信できるファンドに投資する

3) お子さんの年齢が若く、少なくとも10年以上の投資期間が確保できる

このあたりがポイントだと思っています。

 

ジュニアNISAは配当再投資の効率を考えると投資信託がよいですね

まず、ジュニアNISAで投資信託かETFどちらを購入すべきかという点ですが、これは配当再投資を自動で行ってくれる投資信託がよいでしょう。

ETFの買付手数料無料、配当金非課税は魅力的はありますが、ジュニアNISAでは配当金は「課税ジュニアNISA口座」に自動的に移されます。

その年の非課税投資枠が余っていれば、ジュニアNISAの枠で配当再投資が可能です。

 

f:id:shinkei807:20190130090321p:plain

(ジュニアNISAのイメージ | ジュニアNISA | 東海東京証券 から引用)

 

ここで問題なのは、ジュニアNISAは投資可能期間が80万円 x 5年間(合計400万円)と決まっていることです。

しかも、ジュニアNISAは18歳までの払出制限があり、もし払い出しを行うと通常通りに課税され、ジュニアNISAの非課税メリットは得られません。

18歳になるまで非課税枠で保有し続けるにはロールオーバーを繰り返せばよいですが、当然新規投資は不可能です。

f:id:shinkei807:20190130091039p:plain

(ジュニアNISAのイメージ | ジュニアNISA | 東海東京証券 から引用)

 

つまり、ロールオーバーの期間に入るとジュニアNISAの枠で新規買付は不可能になりますが、その間もETFからの分配金は定期的に発生します。

分配金は課税ジュニアNISA口座に入りますが、すでにジュニアNISAの枠で新規買付は不可能ですので、課税口座で通常通り購入するしかありません。

せっかくジュニアNISAを利用しているのに関わらず、非課税枠の範囲内で配当再投資ができなくなるのは効率悪いですね。

投資信託であれば、分配金を発生させずファンド内で自動再投資されますので、それがファンド基準価格の上昇につながり効率がよいです。

 

20年後も存続していると確信できるファンドに投資する

ジュニアNISAの場合は、一度買い付けたら10数年にわたって保有し続けるのが前提です。

よって、細かい信託報酬の差よりも「そのファンドは20年後も存続している確信できるか否か」に気を配るべきです。

新規買付期間が終了した後により優れた商品が発売されたとしても乗り換えできませんから、何に投資するかは慎重に考えたいですね。

私がジュニアNISAを利用するとすれば、新興国を含む全世界株式型のファンドが好みではありますが、楽天VTの20年後がどうなっているか読めません。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)はものすごく良い商品でジュニアNISA向きですが、まだ設定されて日が浅く不安が残ります。

今の時点でより手堅いのは、eMAXIS Slim先進国株式インデックスだと思います。

私自身はiDeCoとつみたてNISA、小規模企業共済で資金拘束されていますので、制度上若干不利であるジュニアNISAは今のところ活用していないことを申し添えておきます。

 

まとめ

ジュニアNISAを今のタイミングで開始するならば、何よりも20年後に成長し続けているファンドを選びたいものです。

2019年時点であれば、今現在最も勢いのあるeMAXIS Slimシリーズ、それも先進国株式がベストでしょうか。

 

【SBI証券】

ジュニアNISAで海外ETFを買いたい方はSBI証券を選びましょう。楽天証券のジュニアNISAでは外国株式は購入できません。

 

こんな記事も書いています。

ジュニアNISAのメリット・デメリットについてまとめた記事です。

www.churio807.com

 

NISAとつみたてNISAに関しては、私は100%つみたてNISAを活用すべきだと思っています。

www.churio807.com

 

 SBI証券のジュニアNISA口座では海外ETF積立サービスが利用できます。

www.churio807.com