神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

インデックス投資で金融資産1億円の実現にはどの程度の本気度が必要か

スポンサーリンク

おはようございます。

資産形成において重要なことの一つに、「十分に実現可能性のある計画を立てる」ことが挙げられます。

ゴール設定と実際の行動が合致していない人を時々みかけますが、永遠にそのゴールが達成されることはないでしょう。

投資は所詮数字のゲームですので、数字には厳格になる必要があります。

夢物語のような数字設定をしている方は、ただ単に夢を見ているだけなのです。

数年後に夢から醒めて現実に連れ戻された頃にはすでに手遅れということになります。

f:id:shinkei807:20180307222350j:plain

 

インデックス投資で金融資産1億円の実現にはどの程度の本気度が必要か 

投資のゴールの1つに「金融資産1億円」というものがあります。

億万長者になったら自分も富裕層の仲間入り、というのはなんとなくイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

 

「億万長者の仲間入り」というのを目標に掲げながら、それを十分に実現できるだけの具体的なイメージを持っていない人が多いです。

自分がただ夢を見ているだけと気がついたら、早めに方向修正をする必要があります。

後になって気がつけば気がつくほど、不利な状況になるからです。

では、以下で実際にシミュレーションしてみます。

 

毎月いくら貯金していますか?

手っ取り早いのは、「毎月いくら貯金していますか?」という質問を投げかけることでしょう。

以下、回答例を見ていきます。

 

1) 「・・・」

自分の毎月の貯金額を把握していないケースですね。

世の中、お金に対する意識が高い方ばかりではありません。

事業をされている方であればこういう人は少ないでしょうが、独身・若手のサラリーマンにはかなり多いと思います。

こういう方に対する返答は下記になります。

 

返答:「億万長者を目指さなくてよいので、まずは家計簿をつけてください」

 

2) 月1万円くらいです

「月1万円くらい」というのは、毎月の収入と支出がほぼ同じというケースですね。

資産形成において、まとまった金額のタネ銭がなければ、いくら投資の才能があっても増やしようがありません。

月1万円ということは、年間たった12万円ですから、30年間頑張っても360万円しか貯まりません。

学生のバイトではないのですから、月1万円では本気度が足りなさすぎるということですね。

どう考えても億万長者は不可能です。 

 

返答:

「神龍(シェンロン)にお願いして不老不死の体を手に入れなければ、インデックス投資だけで億万長者になることは困難です。億万長者を狙うならば、一か八か他のギャンブルに賭けましょう」

 

3) 月5万円です

このあたりが一般的な回答ではないでしょうか。

月5万円とはいえ、何十年間に渡ってコンスタントに継続するのは意外と難しいです。

夫婦共働きで子供無しであれば5万円は楽勝かと思いますが、子供が生まれて奥さんが産休に入っている時期などはなかなか厳しいです。

ただ、月5万円の貯蓄をしている人には、iDeCoとつみたてNISAというプレゼントを国が与えてくれています。

お上が自ら、

「値上がり益に対する税金は免除で、所得税、住民税の一部も免除してあげますよ」

と言ってくれているわけですから、最大限に活用したいですね。

 

実際には、月5万円では年間60万円ですから、30年間頑張り続けても1800万円にしかなりません。

年平均の期待リターンがせいぜい数%のインデックス投資オンリーでは、億万長者の達成は不可能でしょう。

 

返答:「iDeCoとつみたてNISAというお上からのプレゼントを最大限活用して頑張ってください。でももっと頑張らないと億万長者は無理です」

 

4) 月15万円です

このあたりから、本気で金融資産1億円を目指しているという感じが出てきます。

月15万円ですと、年間で180万円ですから、30年間頑張り続ければ単純計算で5400万円になります。

インデックス投資の場合、有名な「72の法則」を活用して元本が2倍になるまでにかかる年数を計算できます。

・平均リターンを3%と仮定すると、72 ÷ 3= 24年

・平均リターンを4%と仮定すると、72 ÷ 4= 18年

・平均リターンを5%と仮定すると、72 ÷ 5 = 14.4年

です。

30年間頑張れば投資元本だけで5400万円になりますが、最後の方に投入したお金には複利の力がそこまで働きませんから、ギリギリといった所でしょうか。

 

返答:「かなり頑張っていますが、それでも60歳までに億万長者になれるかは分かりません」

 

5) 月30万円です

どう見ても資産形成の才能があります。

月30万円ならば、年間360万円、リスクを負わずにひたすら勤倹貯蓄に励むだけで60歳までには億万長者です。

このスケールでインデックス投資を若い時からやり続ければ、億万長者の達成は余裕でしょう。

ただ、多くの人は結婚、出産、子育てなどのライフイベントが重なりますので、月30万円をコンスタントに投資に回し続けるのはまず不可能かと思います。

こうして考えてみると、インデックス投資だけで億万長者をリアルに達成するためには、並々ならぬ決意が必要と言えそうです。

そもそも、インデックス投資単独で億万長者を目指すということ自体が非効率であり、他の手法を組み合わせる方が妥当性がありそうです。

 

回答:「インデックス投資家のかがみです。インデックス投資オンリーで億万長者を目指すには、これくらいの気合いが必要です」

 

まとめ

インデックス投資オンリーで金融資産1億円を実現するためには、並々ならぬ決意が必要なことが分かります。

必ずしも1億円をゴールに必要はありませんが、実現可能性の高い計画を立てることは重要でしょう。

 

 

こんな記事も書いています。

投資初心者の方は、まず初めに「キャッシュ+VT」というシンプルなポートフォリオをおすすめします。

www.churio807.com

 

サラリーマン投資家の場合、毎年のボーナスをいかに投資に回し続けられるかも大きなポイントになります。

www.churio807.com

 

少額でもよいので投資を実際に始めてしまった方が、節約に対する意識が強くなる可能性が高いです。

www.churio807.com