神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

2019年のふるさと納税は本日中にさのちょくを利用しましょう

スポンサーリンク

おはようございます。

明日から大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4自治体がふるさと納税の制度から外されます。

その中で、皆さんご存知の通り泉佐野市がオリジナルのふるさと納税サイト「さのちょく」で驚異的にお得なキャンペーンを開催中です。

furusato-izumisano.jp

今年のふるさと納税をまだ済ませていない方は、本日中に駆け込みで「さのちょく」を利用すべきでしょう。

f:id:shinkei807:20190530174315p:plain

2019年のふるさと納税は本日中にさのちょくを利用しましょう

2019年の年収が確定しないと上限の算出は困難だが・・・

今年の年収が確定していない現時点では、自己負担2000円でいくらまでふるさと納税が可能か正確な算出は困難です。

とはいえ、例年の年収から考えて「◯◯円までならば安全圏」というのが分かるはずですから、まずはその範囲内で納税するのがよいでしょう。

実際、整形外科のゆる医先生は泉佐野市のふるさと納税でビールを30万円分手に入れています。 

私も30万円には遠く及びませんが、約10万円分を駆け込みで納税しました。

 

「さのちょく」では返礼品が急ぎでなければCコースがおすすめ

「さのちょく」のふるさと納税はAコース、Bコース、Cコースの3つから選択可能です。

f:id:shinkei807:20190530173155p:plain

この中で注目すべきはなんといってもCコースです。

Cコースを選択すると、「寄付額の50%の返礼品+Amazonギフト券20%分」という驚異的な還元率を誇ります。

少し前まではAmazonギフト券は10%分だったのですが、最後の追い込みで20%まで還元率が上がっています。

こんなにお得でよいのでしょうか、というレベルです。

ただし、返礼品の発送は2020年1月〜3月からしか選択できませんので、返礼品の到着を気長に待てる方向けですね。

 

1万円の納税でビール缶1ケース(24本)+Amazonギフト券2000円

 

「ふるさと納税の返礼品の上限は寄付額の3割まで」というルールが厳格化されましたので、ビール1ケース 24本を手に入れるには通常15000円の納税が必要です。

ところが、「さのちょく」を利用すれば以下の通り、10000円の納税で手に入れることができます。

f:id:shinkei807:20190530173340p:plain

ビールですと、10000円の納税で、

1) 350ml缶 1ケース(24本)

2) Amazonギフト券2000円

の両者が手に入るというわけですね。

ビールのような消耗品に関しては、この機会を利用しない手はないと思います。

 

まとめ

大阪府泉佐野市のさのちょくでふるさと納税が利用できるのは本日5月31日までです。

まだふるさと納税を済ませていない方は駆け込みで納税しましょう。

 

こんな記事も書いています。

ふるさと納税以外では、Kyashリアルカードも勤務医必携の1枚です。

www.churio807.com

 

楽天系のサービスを上手に活用することで、驚異的な勢いでポイントが貯まります。

www.churio807.com

 

楽天でんきがSPUのポイントアップの対象になったら、すぐに乗り換えようと思っています。

www.churio807.com