神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

iDeCoの口座移管の時、保有商品が現金化されることでデメリットはあるのか?

スポンサーリンク

おはようございます。

先日のSBI証券のiDeCoにセレクトプランが追加されるというニュースを受け、以下のご質問をいただきました。

www.churio807.com

 

こんにちは、とても嬉しいニュースですね。

私もセレクトプランに変更するつもりです。

ここからが疑問なのですが、「オリジナルプラン」で積み立てていた資産は一旦現金化される、と公式に書いてありました。

これって何らかのデメリットはあるんでしょうか。

いやデメリット以上にメリットが大きいので、どうあってもプラン変更はするのですが、idecoの途中現金化って何が起きるのか、もしご存知ならご教示頂けると幸いです。 

iDeCoで口座移管の際に保有商品が現金化されることによるデメリットに関するご質問です。

本日は、この点について検討してみます。 

f:id:shinkei807:20171115211901j:plain

iDeCoの口座移管の時、保有商品が現金化されることでデメリットはあるのか?

結論から書きます。

1) iDeCoでは、株式売却益にかかる税金は非課税になりますので、保有商品の現金化によって余分な税金をとられる心配はありません

2) 移管元の口座で商品が売却されてから、移管先の口座で新しい商品が買い付けられるまでにタイムラグが発生しますので、その間の価格変動の影響を受けます

以下、詳細を見ていきます。

 

iDeCoの場合、口座を移管する場合には必ず一度現金化されます

まず大前提として、SBI証券のオリジナルプランからセレクトプランへの変更だけでなく、別の証券会社のiDeCo口座への移管手続きでも必ず一度現金化されます。

例えば、SBI証券のiDeCo口座でDCニッセイ外国株式インデックスを100万円分保有しており、楽天証券へ口座移管手続きをするとしましょう。

その場合、DCニッセイ外国株式インデックスは一度売却されて100万円の現金にかわり、楽天証券のiDeCo口座でその100万円で新たな金融商品を買い付けるという流れになります。

そして、iDeCoの口座移管の手続きには通常数ヶ月かかる点が曲者です。

 

iDeCoでは現金化時の売却益は非課税なので心配なし

特定口座ですと、株式売却時の値上がり益に対しては20.315%の税金がかかります。

例えば、100万円分の株式が売却時に120万円になっていた場合、値上がり益の20万円のうち約2割(4万円)が税金として持って行かれるということです。

しかし、iDeCoの場合は売却益は非課税ですので、利益確定によって余分な税金をとられるという心配はありません。

上述の例であれば、値上がり益の+20万円がそのまま手に入るということですね。

よって、iDeCo口座内であれば、口座移管時に保有商品がいったん現金化されたとしても税金面で損をすることはありません。

では、保有商品の現金化でデメリットが全くないかと言うとそうでもありません。

 

移管手続き中に基準価格の上下動があると損をする可能性がある

iDeCo口座の移管手続きには、通常1〜3ヶ月程度の時間がかかります。

それは、iDeCoはあくまで年金という位置づけですので、国民年金基金連合会での審査などがあるからです。

移管手続きで損をする可能性があるとすれば、保有商品が現金化されてから移管先の口座で新たな商品を買い付けるまでにタイムラグが発生することによるものです。

移管元の保有商品の基準価格が下がったタイミングで現金化され、その後移管先の商品を買い付けるまでに基準価格が上がってしまった場合でしょう。

タイムラグがあるせいで、安値で売って高値で掴んでしまう可能性があるということです。

ただし、少なくとも60歳まで続くiDeCoにおいて、一時的な高値掴みが致命傷になるとは考えにくいです。

さほど神経質にならず、シンプルにより優れた商品を購入するという大原則に従えばよいのではないでしょうか。

 

まとめ

SBI証券のiDeCoでオリジナルプランからセレクトプランに変更するだけであれば、通常4320円程度かかる口座移管手数料がかかりませんので、あまり深く考えずにスイッチしても問題ないと考えます。

売却と買付けのタイムラグによって少々損得が発生する可能性はありますが、数十年のスパンで見れば誤差でしょう。

 

SBI証券のiDeCoの口座開設はこちらから。

2018年11月から、上記のセレクトプランが選択可能となり、事実上最強のiDeCo口座となります。

 

こんな記事も書いています。

マネックス証券のiDeCoの強みはeMAXIS Slimシリーズが購入できる点にありましたが、2018年11月からはSBI証券のセレクトプランでも購入可能になります。

www.churio807.com

 

楽天証券のiDeCoの魅力は、楽天バンガードファンドの商品が購入できる点です。この魅力は今も損なわれていません。

www.churio807.com

 

SBI証券の「オリジナルプラン」のおすすめ商品ベスト3です。セレクトプランでは全く違った景色が見えてきます。

www.churio807.com