神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

インデックス投資では下手な行動はせずにプラスサムゲームに乗っかるのが正解

スポンサーリンク

おはようございます。

インデックス投資に関しては、多少ぼーっとしていて自分の資産状況について無頓着なくらいの方が成功する確率が高いのかもしれません。

実際、私も今よりも本業がずっと忙しく、投資のことなど考える暇がなかった時期に知らない間に積み上がっていたインデックスファンドがけっこうなパフォーマンスを示してくれています。

インデックスファンドの積立というスタイルに飽きてしまったので、今ではつみたてNISAとiDeCoを除いて投資信託への新規投資はしていません。

ほったらかしにできるという点において、投資信託、特に低コストのインデックスファンドはやはり万人向けの投資法だと思います。

f:id:shinkei807:20181205101403j:plain

インデックス投資では下手な行動はせずにプラスサムゲームに乗っかるのが正解

自分オリジナルの考えというのは存在せず、謙虚に相場に臨みたい

投資の世界では、素人が中途半端に考えて下す行動というのは大抵の場合悪い結果に終わります。

新たな投資行動を起こす時には、自分なりに精一杯考え抜いた結果行動することが多いので、つい「自分のオリジナルの考えだ!」と思いこみがちです。

ところが、実際には何百万ものプロ・アマが混在する株式市場において、オリジナルの考えというものはほとんど存在しません。

要するに、自分が良いだろうと思っていることは他の大多数の投資家も気がついていることが多いですし、自分が危険だろうと思っていることに関しても同様です。

ただでさえ情報弱者であるアマチュア投資家が、自分だけが先を見通せているなどと考えない方がよいです。

私自身、このような考えに至るまでに数多くの失敗をしてきましたので間違いありません。

投資の世界では謙虚なくらいがちょうどよいのです。

謙虚さを失うと、そのうち大きく足元をすくわれる結果となります。

 

投資歴が長くなればなるほど慎重にならざるを得ない

投資歴が長い人の一部に、時に攻撃的に見えたりキツイ物言いをされる方もいますが、きっと今までに投資の世界で得てきた数々の経験がそうさせるのでしょう。

長く相場にいればいるほど株式投資の怖さも分かってきますので、どうしても慎重にならざるをえません。

もちろん、相当な胆力がある方は別ですが、一般人は自然とそうならざるを得ないということです。

初めのうちは全力でイケイケのスタイルでしばらくの間上手くいっていたとしても、永久に右肩上がりに伸び続ける資産というのはありません。

よって、どこかでそのスタイルを見直さざるを得ず、また、人間というのは利益よりも損失に対してより敏感に反応するものですから自ずと慎重になっていきます。

そして、慎重すぎるくらいの人の方が長期間に渡って相場で生き残り続け、将来に大きく利益を上げることが可能です。

 

インデックス投資であれば何もせずプラスサムゲームに乗っかるのが得策

インデックス投資に限定すれば、長期保有によってプラスサムゲームに参加し続けるのがミスを避ける最も手っ取り早い方法です。

もちろん、この方法では最高のパフォーマンスを上げることはできませんが、取り返しのつかないミスを避けることは可能です。

とはいえ、人間ですから株式投資を始めていきなり大きく含み損が膨らむと心が折れてしまうこともありえます。

インデックス投資がプラスサムゲームであれば理論上は手持ち資金を一括投資してもよいのですが、「利益よりも損失に敏感」という人間心理を考えますと、分割投資の方が現実的な戦略と言えるでしょう。

どのタイミングで手持ち資金を投入するかは全ての投資家を悩ます問題ですが、平均点狙いであればVTをドルコスト平均法で積み立て続けるだけで十分ですね。

 

 

まとめ

インデックス投資は株式市場が市場全体としてはプラスサムゲームであることを前提とした投資法です。

よって、素人が下手な売買を繰り返すよりは、このプラスサムゲームに参加し続ける方が良い結果を生む可能性が高いです。

 

【楽天証券】

完全自動で投資をするならば、インデックスファンドの定期積立が最適です。

楽天カード決済で1.0%分のポイント還元が得られる楽天証券がよいでしょう。

 

こんな記事も書いています。

資産形成を一言で片付ければ、家計管理を徹底して、余剰資金を最大化し、その資金で伝統的な資産を買い足し続けるだけのゲームです。 

www.churio807.com

 

インデックス投資の期待リターンを考えますと、なんとか月5万円のラインを死守したいところです。

www.churio807.com

 

究極的には、VTもしくはVTIを購入し続け、配当金を再投資し続ければよいと思います。

www.churio807.com