神経内科医ちゅり男のブログ

初心者でも実践できる投資や節約術を紹介しています。人生を豊かにする本や健康情報との出会いも。

マイナポイント第2弾を家族全体で攻略する方法

スポンサーリンク

おはようございます。

2022年6月30日からマイナポイント第2弾が開始されました。

マイナポイント第2弾では、

「マイナンバーカードの健康保険証としての利用申し込み」

「銀行口座をデジタル庁に登録」

の2点をこなすと、それぞれ7,500円分(合計15,000円分)のマイナポイントを受け取ることができます。

子どもの分も親が代理申請することが可能ですので、家族全員で登録することで大きなポイント還元を受けることが可能です。

マイナポイント第2弾を家族全体で攻略する方法

本日の記事の要点は以下の通りです。

  1. マイナポイント第二弾の概要(1人15,000ポイント獲得可能)
  2. シンプルに利用頻度の高い決済サービスを選択しよう
  3. 家族全員分を攻略する時のポイント、注意点

以下詳細を見ていきます。

 

1. マイナポイント第2弾の概要(1人15,000ポイント獲得可能)

マイナポイント自体をご存知ない方のため、最初に概要を説明しておきます。

詳細は以下のページをご確認ください。

mynumbercard.point.soumu.go.jp

 

第1弾は、マイナンバーカードを取得してマイナポイントを申し込んだ後、20,000円までのチャージやお買い物をすることで「上限5,000円分」のマイナポイントが獲得できるというものでした。

 

今回6月30日から開始した第2弾は、

「施策2:マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込み」

「施策3:公金受取口座の登録」

を追加で実行することでそれぞれ7,500円分のポイント還元が受けられるというものです。

第2弾だけでも15,000円分のポイント還元が受けられますので大きいですね。

 

2. シンプルに利用頻度の高い決済サービスを選択しよう

マイナポイント事業に参加しているキャッシュレス決済サービスは多数ありますので、どこの事業者を選択するのがよいか悩む方も多いでしょう。

マイナポイント第2弾に関しては、どこの決済サービスを利用しても、

・マイナンバーカードと保険証の紐付けで7,500円分のポイント

・マイナンバーカードと銀行口座の紐付けで7,500円分のポイント

というのは変わりません。

よって、シンプルにご自身が最も利用するキャッシュレス決済サービスを選択してポイント還元を受けるのがよいでしょう。

なお、私は「楽天ペイ」を登録しようとしたのですが、システムエラーが表示されて全く使い物になりませんでした。

バーコード決済よりもクレジットカード決済を選択した方が無難かもしれません。

 

3. 家族全員分を攻略する時のポイント、注意点

小さいお子さんのいる家庭の場合、親が代理申請をすることでお子さんの分のマイナポイントも獲得することが可能です。

ただし、子どもの分を代理申請する場合にはいくつか注意点があります。

 

親と同じ決済サービスを子どもにも利用することはできない

1点目は、「親と同じ決済サービスを子どもにも利用することはできない」ということです。

例えば、親が自分名義の楽天カードを選択してマイナポイントに参加し、子どもも同じクレジットカードで参加することはできません。

なお、第1弾をすでに申請済の方は、第2弾を申し込む時に前回と同じ決済サービスが表示されますので、それを選択すればOKで特に迷うことはありません。

 

銀行口座は子ども本人名義でなければならない

2点目は、「決済サービスは親名義で問題ないが、銀行口座は子ども本人名義の口座でなければならない」ということです。

マイナンバーカードと保険証の紐付けに関してはチェックボックスにチェックを入れるだけで済みますので特にやることはありません。

一方、マイナンバーカードと銀行口座の紐付けに関しては、「マイナポータル」から口座情報を登録する必要があります。

この時、親名義の銀行口座ではポイント付与の対象になりませんので注意してください。

 

家族カードはマイナポイントの対象外であることが多い

3点目ですが、「クレジットカードの家族カードはマイナポイントの対象外であることが多い」ということです。

ただし、これには例外もあり、比較的利用者が多いと思われるイオンカードに関しては、本人カードと家族カード別々にマイナポイント還元を受けることができます。

夫婦でマイナポイントを獲得したいが、配偶者は家族カードしかクレジットカードを保有しておらず、他のキャッシュレス決済も使っていないというケースがあるかと思います。

そのような時、もしイオンカードを家族カードを含めて夫婦で利用していれば、メインカードと家族カードで15,000ポイントずつ(実際にはWAONで還元)獲得できますので大変ありがたいですね。

 

まとめ

6月30日から開始したマイナポイント第2弾の攻略法を検討しました。

第2弾だけでも1人15,000ポイント獲得できますので、家族全体で実践すれば家計の大きな助けになりますね。

 

【夏に読みたいおすすめの小説2選】

1) 夏の騎士

百田尚樹さんの『夏の騎士』

『永遠のゼロ』や『海賊とよばれた男』が有名ですが、こちらは百田さんには珍しい青春小説です。

文章は相変わらず大変読みやすく、物語の面白さは言うまでもありません。

 

2) アキラとあきら

映画化が決定している池井戸潤さんの『アキラとあきら』

池井戸小説の集大成的な作品で、かなりの長編ですが最初から最後まで一気読みしてしまいました。

 

【関連記事のご紹介】

Amazonのプライム会員ならば必携のクレジットカードです。

www.churio807.com

 

副業全盛期を迎えていますが、大半の方は長続きしません。

挫折しないための副業選びのポイントを考察しました。

www.churio807.com

 

私が最近読んだ本の中からおすすめを10冊紹介しています。

www.churio807.com