神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

『Think clearly』:より良い人生を送るための正しい思考法を学ぶ

スポンサーリンク

おはようございます。

本日は、ロルフ・ドベリ氏の『Think clearly』の書評です。

本書には、人生を有意義にするための正しい思考法が52個紹介されています。

これまでの心理学、行動経済学、哲学などの考え方の総まとめ的な本で、全ての分野を逐一勉強している時間も暇もないという方には魅力的な一冊だと思います。

誰が読んでも3つか4つは新たな気付きがあると思いますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

f:id:shinkei807:20210326215720j:plain

『Think clearly』:より良い人生を送るための正しい思考法を学ぶ

本日は『Think clearly』の中から、私が注目した3つのポイントに絞って取り上げます。

1. 考えるより先に動く。動きながら修正する

2. 「No」と「分からない」はハッキリ言ってよい

3. ニュースは少なく、人生は静かな方が充実する

以下1つ1つ掘り下げてみていきます。

 

1. 考えるより先に動く。動きながら修正する

本書の主張の中で最も重要なことは、考えるより先に動くことだと思います。

理屈っぽい人ほど、頭の中で考えるばかりで一歩目をなかなか踏み出せないという事態に陥りがちです。

いわゆる「分析麻痺」というやつですね。

昔と違って、インターネットで無限に情報が集められる現代社会においては、どこかで線引きをしないと永久に情報収集ができてしまいます。

しかし、一定以上の情報収集は何も追加価値を生み出さず、むしろ単なる時間泥棒になりがちです。

最低限の情報を集めたらまず第一歩を踏み出す勇気が重要でしょう。

その後に重要なことは、実際にやっていく中で適宜修正する力です。

物事に取り組む前に事前に想定していた問題点と、実際に始めてから感じる問題点が異なることは多々あります。

そういった時に、適宜修正して正しい道筋に持っていく修正力というのは非常に重要だと思います。

 

2. 「No」と「分からない」はハッキリ言ってよい

自己主張の弱い日本人には苦手な方が多いかもしれませんが、基本的に「No」と「分からない」はハッキリ言った方がよいです。

何はともあれ自分のスタンスを明確にすることで、その後の議論が円滑に進むようになります。

もちろん、やみくもに「No」「分からない」と言えばよいわけではなく、根拠のある「No」、努力した結果の「分からない」である必要があります。

Noに関しては、自分にとって本当に重要な事項をあらかじめ明確にしておくことで、それ以外の些細なことに貴重な時間を割くのを防ぐ役割があります。

本当に重要な成果をあげようと思ったら、そこにフォーカスする必要があります。

時間は有限ですから非常に重要なことですね。

また、素直に人に聞けば一瞬で解決する事柄まで、自分ひとりで時間をかけて解決しようとするのは時間の無駄です。

変なプライドは捨て、自分が苦手なことは他人に任せてチームで解決する姿勢も重要でしょう。

そのためには、分からないことは素直に分からないと言えるかどうかが鍵を握ります。

 

3. ニュースは少なく、人生は静かな方が充実する

近年では、スマホを通じて24時間インターネットの世界につながりっぱなしというのは当たり前になっています。

テクノロジーの発達が我々の生活を劇的に向上させたのは事実ですが、それも行き過ぎると害になりうると著者は指摘します。

特に害が大きいのはテレビやインターネットのニュース記事です。

ニュースを見るとつい意見をしたくなりますが、実際にはニュースの大半は自分の生活とは全く無縁な出来事ばかりであり、いちいち反応していてはキリがありません。

こまめにテレビやインターネットでニュースを見なくても、本当に必要な情報というのはなんらかの形で勝手に舞い込んでくるものです。

これからの時代は情報不足ではなく、情報過多による頭のパンク状態を防ぐ必要があります。

放っておいても勝手に情報が舞い込んでくるわけですから、むしろ意図的にスマホ、SNS、ニュースから距離をおくくらいがちょうどよいのでしょう。

著者は「人生は静かな方が充実する」と述べていますが、私もその通りだと思います。

余計なニュースを見て心を乱されるくらいなら、初めから見ずに平穏な生活な手に入れた方が有益です。

 

まとめ

人生を有意義にするための思考法が52にわたって紹介されているので、誰が読んでも3つか4つは有益な情報があると思います。

一度は読んで損はありませんので、ぜひ手にとってみてください。

 

【その他のThink シリーズもオススメです】

1. Think Smart

「人間の意志力は有限なので節約する必要がある」「本当に重要な知識は実践から得られる」といった正しい思考法について学ぶことができます。

Think clearlyとあわせてぜひ読みましょう。

 

2. Think right

日常生活でつい陥りがちな思考の罠についてまとめられた1冊です。

 

こんな記事も書いています。 

お金と時間のバランスは常に意識しておきたいですね。

www.churio807.com

 

平穏で静かな生活には大きな価値があります。投資も結局は自分が安心できる手法が一番なのでしょう。

www.churio807.com

 

運動の重要性を軽視している人が多すぎます。

仕事のパフォーマンス向上のためにも運動を取り入れるべきです。

www.churio807.com