神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

VIG(米国増配株式ETF)とVYM(米国高配当株式ETF)を比較してみる

おはようございます。

配当にフォーカスした米国ETFと言えば、VYMとHDVが代表格ですが、VIGという「10年以上連続して増配している米国株」にフォーカスしたETFもあります。

ETF純資産総額は272.98億ドルと3兆円を超える莫大な規模で、VYMを上回っており、米国ではかなり人気のあるETFと言えます。

以前に、米国高配当株ETFの代表格であるVYMとHDVを比較する記事を書きましたので、その続きでVIGとVYMを比較してみたいと思います。

www.churio807.com

 

f:id:shinkei807:20170509145618j:plain

 

VIGとVYMを比較してみる

まずは、VIGの概要です。

・ベンチマーク:NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックス

・経費率:0.08%

・大型株の中で、10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成される

・増配の可能性が低い銘柄は除外

 

 

VIGとVYMの分配金利回りを比較してみる

VIGとVYMはどちらも配当に期待するETFですので、分配金利回りが重要なのは言うまでもありません。

直近の分配利回りは、

・VIG 約1.8%

・VYM 約2.9%

となっています。

VIGは「連続増配」にフォーカスしていますので、現時点での分配利回りではVYMに軍配が上がります。

今の時点ですでに高配当の成熟企業に投資をする場合には、VYMを選択した方がよいでしょう。

 

VIGのセクター比率をVYMやVTIと比較してみる

VIGのセクター比率を見ていきます。

f:id:shinkei807:20180605163251p:plain

資本財や消費財、消費者サービスの割合が圧倒的に高いですね。

一方、VTIでは主力の金融系やテクノロジーの割合が低いです。

VYMは公益や通信サービス系のセクター比率が高いですが、VIGではほとんどゼロに近いです。

石油・ガスに至っては0.0%ですが、これは資源安の影響で業績が上がらず、増配できなかったことを反映しています。

「連続増配」という点にフォーカスしたETFですので、このような偏りが生まれるものと考えます。

 

続いて、VYMのセクター比率です。

f:id:shinkei807:20180504132216p:plain

VYMのセクター比率は、VIGほどの大きな偏りはなく、VTIに比較的近似しています。

VTIと比較した時の特徴は、金融系の割合が低く、消費財や公益、通信サービス系の割合が高いことでしょう。

公益や通信サービス系は常に一定の需要が期待される、安定・高配当の業種と言われています。

高配当株ETFでそのセクター比率が高くなるのは自然と言えるでしょう。

VYMのセクター比率を眺めていますと、VIGほどの極端な偏りはないですね。

個人的には、VTIに近い構成でシンプルに高配当の成熟企業を集めたVYMの方が好みではあります。

 

以下、参考までにVTIのセクター比率になります。

全米株式市場の99.5%を網羅するETFですので、こちらを基準に考えるとよいでしょう。

f:id:shinkei807:20180605164300p:plain

ひと目で金融系やテクノロジーの比率が高いことが見てとれます。

特に、テクノロジーは近年の米国株式市場の成長を牽引してきたセクターですので、急激に存在感を高めています。

 

 

VIGの構成銘柄トップ10をVYMと比較する

VIGの構成銘柄トップ10を見ていきます。

f:id:shinkei807:20180605163310p:plain

マイクロソフトやジョンソン・アンド・ジョンソンは、VYMとも共通しています。

その他、ペプシコや3M、メドトロニックやアボットなど、いずれも米国を代表する有名企業ばかりが名を連ねています。

VYMやHDVでは上位を占めている、エクソンモービルやシェブロンなどの石油メジャー系企業は含まれません。

 

続いて、VYMの構成銘柄トップ10です。

f:id:shinkei807:20180504133131p:plain

VIGと比較すると、エクソンモービルやシェブロンといった石油メジャー企業、また、AT&Tのような通信系が上位に名を連ねます。

構成銘柄数はVYMは約400で、VIGが約180ですから、分散性という意味ではVYMの方が有利です。

 

VIG、VYM、VTIの10年リターンを比較してみる

最後に、VIG、VYM、VTIの10年リターンです。

赤がVTI、青がVIG、緑がVYMです。

f:id:shinkei807:20180605172241p:plain

(画像はYahoo financeから引用)

 

米国市場は9年近く好調を維持していますから、グロース株・小型株比率の高いVTIのリターンが良いのは理解できます。

VIGとVYMでは、VIGの方が直近10年の取引値の成長率は高いです。

この傾向が今後も続くかは不明ですが、配当金の成長を期待しつつ、キャピタルゲインも狙えるVIGは魅力的なETFの一つなのは間違いありません。

 

まとめ

私自身はVYMを保有していますのでVIGは今のところ購入予定はありません。

配当金の成長に期待できるうえ、直近10年間のリターンは申し分ありませんから、魅力的なETFの一つなのは間違いないでしょう。

 

こんな記事も書いています。

2018年は2017年と異なり調整局面を迎えていますが、VTIやQQQの回復力の高さが目立ちます。

www.churio807.com

 

将来的には「月10万円」の配当金というのを一つの目標にしています。

www.churio807.com

 

当ブログおすすめの株式ETF5選です。QQQやVIGもランキングに入れてもよさそうです。

www.churio807.com