神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

ニチダイ(6467)株はなぜ暴落したのか?仕手株の怖さを忘れないように。

スポンサーリンク

 おはようございます。

 本日のメッセージはただ1つ

「仕手株に後乗りすると簡単に養分にされます」

「イナゴ投資家にはならないようにしましょう」

これだけです。

f:id:shinkei807:20180322195253j:plain

 

ニチダイ(6467)株暴落から学ぶ仕手株の怖さ

天国から地獄へ真っ逆さまとはまさにニチダイのこと

その恐ろしさは、(株)ニチダイのチャートを見ていただければ一目瞭然です。

3月16日前後に株価のピーク(3980円)をつけて以来、連日ストップ安を記録しています。

f:id:shinkei807:20180329165558p:plain

(上のチャートはYahooファイナンスから引用)

 

チャートを見ただけで寒気がしますね。

同じ株価急落でも、Amazonが値を下げているのとは質が違いすぎます。

Amazonの場合は、トランプ大統領の目が光っているという悪材料で株価を下げましたが、企業自体にはなんら問題はありません。

ニチダイの場合は、意図的に株価が高騰させられたものですので、ホールドしていても回復する可能性はほぼありません。

さっさと売り抜けないと人生自体が崩壊しかねませんね。

 

個人投資家は、仕手株ニチダイの恐ろしさを忘れないように勉強しよう

ニチダイの恐ろしさに関しては、私がゼロから解説するよりも下記の記事やツイートを読むと勉強になると思います。

正直、読むと暗澹たる気持ちになりますが、

「自分だけは絶対に引っかかるはずがない」

と決めつけずに、一度は仕手株の恐ろしさについて勉強しておいた方がよいです。

 

www.mag2.com

kabumatome.doorblog.jp

 

特定の個人のことを「神と崇める」のはすでに株式投資を超えて一種の「宗教」の域ですから、絶対にやめましょう。

私もくれぐれも気をつけようと、再度認識を改めました。

人間、一種のゾーンに入り込んでしまうと、普段なら絶対に起こさないような愚かな行動を実行してしまうんですよね。

いやー、本当に恐ろしいです。

 

まとめ

個人投資家は、ニチダイのような仕手株には絶対に乗ってはいけません。

うまく売り抜けられれば爆益ですが、人生を崩壊しかねないリスクがあります。

株式投資など人生を崩壊させてまでやるものではありません。

堅実に・ゆっくり・コツコツと資産形成をしていきましょう。

 

こんな記事も書いています。

フィジカルやメンタルを病む株式投資はどこか不健全ですので、思い当たるふしがある人は早めにリスク許容度を見直しましょう。

www.churio807.com

 

リスク回避思考が強すぎるのも問題ですが、取る必要のないリスクまで背負ってしまうのはもっと大問題です。

www.churio807.com

 

ニチダイのような中身の乏しい株に集中投資というのはありえません。分散投資の重要性、特にインデックスファンドやETFの安全性が際立ちますね。

www.churio807.com