神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

【2018年の目標】投資は淡々と続け、家族と過ごす時間と運動習慣の継続に力を入れます!

スポンサーリンク

おはようございます。

先日、2018年の投資方針について記事にしました。

結論としては、

1) iDeCo、小規模企業共済といった所得控除・節税になるシステムを優先的に活用

2) 次いでつみたてNISAを最大限に活用

3) さらなる余剰資金は特定口座で米国ETFへ投入

でした。

本日は、投資以外に2018年に力を入れたいことについてまとめてみます。

f:id:shinkei807:20171225054559j:plain

 

2018年は投資は淡々と続け、家族と過ごす時間と運動習慣の継続に力を入れます!

上記の投資方針の中で、1)〜2)は初めの設定だけしてしまえば、自動で積み上がっていきますので、私自身のやることはほぼありません。

3)だけ自力で買付を行う必要がありますので、少々手間がかかります。

とはいえ、住信SBIネット銀行の毎日外貨積立を利用することで、為替レートを気にすることなく米国ドルを買い付けることができるようになり、だいぶ楽になりました。

昔は、為替レートが気になって米国ドルを買い付ける決心がつかなかったこともありましたので、外貨積立は心理的に楽ですね。

「少額・ドルコスト平均法」での買付は、株だけでなく為替においても心理的に有用だと思います。

このように、投資は一度仕組み化してしまえば、ほぼ自分の時間を割く必要がありませんので、2018年は他に何に時間を使うかについて考えてみます。

 

1. 家族と過ごす時間を増やす:家族と夕食を食べる回数を増やす

f:id:shinkei807:20170430195122j:plain

自分の今までの経験から、漠然とした目標は達成確率が低いです。

目標は、ゴールや期限を明確にし、より具体的な行動目標まで落とし込むことで達成率が向上します。

よって、「家族と過ごす時間を増やす」ではなく、より具体的に「家族と一緒に夕食を食べる回数を増やす」としておきます。

我が家は小さい子供がいますので、家族と一緒に夕食を食べようと思ったら、ほぼ残業はできません。

当直や夜にカンファがある日もありますので、さすがに毎日は無理ですが、特別な理由がない日はできるだけ家族と食卓を囲むことを目標にしたいと思います。

家族との夕食を増やすことを目標にすると、結果として外に飲みに行く頻度も減りますので、家計の節約にもなり一石二鳥ですね。

そのためには、「仕事が終わったら自然と自宅に帰りたくなる自宅の環境作り」も重要ですね。

 

2. 運動習慣を継続する:有酸素運動と筋トレを週3回以上

f:id:shinkei807:20170509170628j:plain

今年の秋に入会した24時間制のジム「JOYFIT 24」ですが、大体週3回以上のペースで継続できているため、2018年もそのペースを維持するのが目標です。

私は肩こりが悩みでしたが、ショルダープレスとチェストプレスを習慣的にやるようになってから、肩こりがだいぶ軽減しました。

医者、特に内科医は、患者さんの診察や検査の時間以外に大量の書類仕事やカルテ記載などがありますので、パソコンに向かって作業をする時間が長いです。

悪い姿勢で肩周りの筋肉を長時間動かしていないと、肩こりになりやすいことがわかりました。

今まで、マッサージを受けたり、湿布を貼ったり、ビタミン剤を飲んだりした時期もありましたが、肩周りの筋トレの方がよほど効きますね。

マッサージ2回分の値段で月会費は払えますので、マッサージに行くよりもジム代にお金を使った方が健康維持にもなり有益です。

 

また、基礎体力の向上のため有酸素運動も欠かせません。

ジムに行った時は、トレッドミルを30分は実施するようにしています。

先日風邪をひいたのですが、体調が悪いと本業のやる気がでないだけでなく、ブログを書こうという意欲やアイデアも薄れますね。

結局、健康を失ったら今の当たり前の生活は一瞬で変わりうるわけですから、健康維持は何よりも重要であることを再認識しました。

 

インデックス投資のメリットは、他の有益なことに時間を使えること

投資にかける時間を最低限に抑えることで、家族と過ごす時間や運動に充てる時間を確保することが可能です。

インデックス投資を選ぶメリットは「時間対効果」の高さにありますので、2018年は投資だけでなく、いかに自分の生活の質を向上させるかも考えていきたいものです。

その中でも、私にとっては「家族」と「健康維持」が最優先項目です。

投資を始めると、しばらくはその面白さにハマり、いかに資産を効率的に増やすかということばかりに目がいきがちです。

しかし、インデックス投資の場合、時間をかけて努力をしたからといって、それに比例してパフォーマンスが向上するわけではありません。

シンプルな投資法でも意外にパフォーマンスは変わらなかったり、時期によっては高パフォーマンスを示すこともありうるのが面白い所です。

個人的には、投資はできるだけ自動化・仕組み化し、他の有益なことに時間を割くことを強くおすすめします。

 

まとめ

今現在は株式相場も好調ですので、投資方針はできるだけ自動化し、2018年は自分の生活の質を向上させるために何が必要かを真剣に検討したいと思います。

 

 

こんな記事も書いています。

こちらが2018年の投資方針に関する記事です。iDeCo、小規模企業共済、つみたてNISAなど、国が与えてくれた節税システムがありますので、積極的に活用したいものです。

www.churio807.com

 

ブログに関しては時間の確保が最大の課題ですが、細切れの時間を活用しながら、2018年も出来る限り継続していきたいと思います。

www.churio807.com

 

24時間制ジムは固定費の増大に直結しますのでダメージはありますが、健康増進はお金では買えない価値がありますので、積極的に投資すべきポイントだと思っています。

www.churio807.com