神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が資産形成や投資について日々思うところを語ります。

【つみたてNISA】EXE-iつみたてグローバル株式ファンドと楽天・全世界株式インデックス・ファンドを比較する

スポンサーリンク

おはようございます。

当ブログの読書の方から、SBI証券のつみたてNISAでの投資先につきまして、下記のご質問をいただきました。

いつも楽しくブログを拝見しています。 今回の記事はこれからiDeCoとつみたてNISAを始める投資経験ゼロの私にはとても参考になりました。 IDeCoではDCニッセイ外国株式にて掛金の100%を運用する予定です。 つみたてNISAはSBI証券口座です。リバランスに自信がないのでシンプルな楽天VTかEXE-iつみたてグローバルのどちらかで非常に迷っています。SBI証券口座でつみたてNISAをすると仮定して、ちゅり男さんならどちらで運用なさいますか?その理由も合わせてご意見伺えると嬉しいです。

要点は、つみたてNISAをEXE-iつみたてグローバル(中小株含む)株式ファンドと楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)のどちらで運用すべきか?ということですね。

f:id:shinkei807:20171004102913j:plain

 

EXE-iつみたてグローバル株式ファンド vs 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

結論からいきます。

「どちらを購入したとしても大きな差がでるとは考えにくい」

です。それだけどちらも優れた商品だと言うことです。

 

個人的には、特定口座の方でVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を大量保有している兼ね合いもあり、運用をシンプルにするために楽天VTを購入すると思います。

ただ、そういった特別な事情がなければ非常に迷う所です。

 

両者ともベンチマークはFTSE グローバル・オールキャップ・インデックスですね。

EXE-iつみたてグローバル株式ファンドのように、1) 米国市場、2) 米国を除く先進国市場、3) 新興国市場に連動する3つのETFを個別に組み合わせることで経費率をさらに下げることができるのは魅力です。

一方で、3つのETFを組み合わせることで若干運用が複雑になりますので、トラッキングエラーの増大がないかは心配される点です。

以下、細かく見ていきます。

 

両者の信託報酬の差は0.08%程度(EXE-iの勝ち)

EXE-iつみたてグローバル株式ファンドと楽天VTの信託報酬はそれぞれ0.15%と0.2396%となっています。

さらに細分化すると、

1) EXE-iつみたてグローバル株式ファンド:ETFの経費率(0.042%)+SBI証券の取り分(0.108%)

2) 楽天VT:ETFの経費率(0.11%)+楽天証券(0.1296%)

となります。

要するに、ETF自体の経費率も証券会社の取り分も、両者ともにSBI証券の方が優れており、その結果0.08%強の信託報酬の差になっているということです。

 

EXE-iつみたてグローバル株式ファンドは3つのETFを組み合わせて構成される

f:id:shinkei807:20171208153740p:plain

EXE-iつみたてグローバル株式ファンドは、以下の3つの低コストETFの組み合わせで構成されています。

1) シュワブ U.S. ブロードマーケットETF:米国株 50%

2) SPDR ポートフォリオ・ワールド(除く米国)ETF:米国を除く先進国 40%

3) SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツETF:新興国 10%

本家のETFの経費率がそれぞれ0.03%、0.04%、0.11%ですから、

0.03 x 50% + 0.04 x 40% + 0.11 x 10% = 0.042%になるわけですね。

 

1)は「チャールズ・シュワブ証券」が運用する超低コストETFシリーズで、バンガード社を超える低コストETFを販売しています。

とはいっても、VTIとの差は0.01%ですけれどね。

2)と3)はState Street社が販売するSPDR(スパイダー)ETFシリーズです。

一番有名なのはS&P 500に連動するETF(SPY)で、日本の証券会社ではSPY1557として販売されています。

 

バンガード社のETFで同じことをやるならば「VTI + VEA + VWO」

f:id:shinkei807:20170929095658j:plain

VTはこれ一本で全世界の株式市場に広く分散投資ができるのが魅力ですが、バンガード社のETFの中ではVTI + VEA + VWOを別々に組み合わせて購入した方が経費率としては低くなります。

VTI 0.04%、VEA 0.07%、VWO 0.14%です。

これをEXE-iつみたてグローバル株式ファンドと同様、5:4:1で買い付けるとすると、手数料は

0.04 x 50% + 0.07 x 40% + 0.14 x 10% = 0.062%

になります。

EXE-iつみたてグローバル株式ファンドの投資先ETFの経費率がバンガード社のものより低いため、同じ手法を採用したとしても0.02%程度の差がうまれます。

 

運用実績が出てこないとどちらが真に優れているかは結論付けられない

楽天VTの有利な点は、VTという一つの商品をコツコツ買い付けるだけという点です。

VT自体が優れていることは言うまでもありませんので、後は楽天さんの腕次第という所でしょう。

元々がシンプル仕組みの商品ですので、現在指摘されている初期のトラッキングエラーは徐々に改善されていくのではないかと思います。

 

一方、EXE-iつみたてグローバル株式ファンドの場合には、複数のETFを組み合わせるという一手間がかかります。

この手間を入れてSBI証券の取り分が0.108%と、楽天証券を下回っているのですから、SBI証券の本気度が伺えます。

後は実質コストやトラッキングエラーに問題がなければ、真に優れた商品ということができます。 

 

まとめ

ハッキリ言って、どちらを買っても間違い無さそうです。

迷ったら、初めのうちは両者を50%ずつ買い付けてパフォーマンスを比較してみるのも面白いかもしれませんね。

 

こんな記事も書いています。

EXE-iつみたてグローバル株式ファンドは、全世界の株式市場にこれ一本で分散投資をできる上、経費率が0.15%程度と激安であり、SBI証券の本気度が伺える商品です。

www.churio807.com

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは、日本人に大人気のETFであるVTを直接買い付けるシンプルさが魅力です。

www.churio807.com

 

個人的には、楽天VTと楽天VTIを積み立てた時に、将来どの程度のパフォーマンスの差がでるのか興味があります。数年書けて夫婦で実験してみるのも面白いと考えています。

www.churio807.com