神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

「全世界株式」クラスの投資信託で一番人気はどれか?

おはようございます。

私は数年前から海外ETFのVTをメインに投資をしていますが、当時は「全世界株式」対象の投資信託にはまともな商品がありませんでした。

ところが、最近では、「全世界株式」対象の投資信託にもコスト的に魅力的な商品がどんどん増えています。

VTを直接買い付けなくとも、これらの「全世界株式」対象の投資信託を活用することで十分な投資環境が整ってきたのは素晴らしいことです。

さて、「全世界株式」クラスの投資信託の中で一番人気はどれか調べてみました。

f:id:shinkei807:20171004102913j:plain

 

「全世界株式」クラスの投資信託で一番人気はどれか?

結論から言うと、今のところ楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)が最も売れています。

 

「全世界株式」対象の投資信託は日本を含むものと含まないものに大別される

さて、「全世界株式」対象の投資信託といっても、日本を含めて厳密に「全世界」の商品と、日本以外の世界市場に投資する商品に分かれます。

 

日本を含むのが、

1) 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

 信託報酬 0.2396%、純資産総額 68.52億円

2) EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド

 信託報酬 0.150%、純資産総額 7.37億円

これらは、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動します。

大きな特徴として、小型株を含めてより広く分散投資がされている点が挙げられます。

 

日本を含まないのが、

3) eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) 

 信託報酬 0.15336%、純資産総額 3.91億円

4) 野村つみたて外国株投信

 信託報酬 0.2052%、純資産総額 15.9億円

ですね。

これらは、MSCI ACWI(除く日本)に連動します。

MSCI コクサイ・インデックスとMSCI エマージング・マーケット・インデックスを足したものになります。

先述のFTSEとの大きな違いは、大型株と中型株を対象としていますので小型株を含まない点です。

 

日本を含む全世界株式クラスは楽天VTとEXE-iどちらが売れているか

f:id:shinkei807:20180309110106j:plain

これは文句なしに楽天VTの方が圧倒的に売れていますね。

EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドは複数の超低コストETFを組み合わせるという商品コンセプトも面白いですし、手数料面でも有利です。

しかし、元祖EXE-iシリーズもそうですが、販路が限られすぎていて厳しいです。

SBIでしか購入できませんからね。

一方、楽天バンガードの商品はSBI証券、楽天証券、マネックス証券のネット証券大手3社のつみたてNISAのラインナップに入っているのが大きいです。

EXE-iつみたてシリーズをSBI証券のiDeCoのラインナップに加えれば爆発的に売れる気がしますが・・・

せっかくの良い商品も売れなければ意味がありませんね。

 

日本を含まない全世界株式クラスはeMAXIS Slimと野村つみたてのどちらが売れているか

純資産総額では野村つみたて外国株投信の方が4倍ほど上回っていますが、発売されてからの期間が違いますので単純比較はできません。

eMAXIS Slim 全世界株式インデックスは発売されて約1ヶ月と間もないですが、純資産総額は4億円に近いですね。

野村つみたて外国株投信よりも発売当初の売れ行きはよさそうです。

必ずしも株式市況の良くない2018年4月からでこの売れ行きですから、知名度的にもeMAXIS Slimが優勢な気がします。

野村つみたて外国株投信も同レベルで優れた商品だと思いますが、スポット購入ができないという謎の制約が痛いですね。

 

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)よりも先進国株式、新興国株式別々の方が売れるのか?

eMAXIS Slimシリーズの中では、先進国株式インデックスと新興国株式インデックスの伸びが素晴らしいですね。

先進国株式はあっという間に100億円を、新興国株式も50億円を突破しています。

確かに、先進国株式と新興国株式を別々に買い付けた方がコスト面でわずかに有利ではあります。

リバランスが不要ということを考えるとeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)も魅力的だと思いますが、やはり先進国株と新興国株の割合を自分の好きな配分に調整したい投資家の方が多いのかもしれません。

 

まとめ

日本株・小型株を含むFTSEグローバル・オールキャップ・インデックス連動型の商品では 、楽天VTが圧倒的に売れています。

日本株・小型株を含まないMSCI ACWI(除く日本)連動型の商品では、発売して間もないeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)が売れ行きを伸ばしそうです。

 

こんな記事も書いています。

つみたてNISAでのおすすめファンド5つをご紹介した記事です。

www.churio807.com

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は日本株がオーバーウェイトな気がします。

www.churio807.com

 

現状では楽天バンガードとeMAXIS Slimが圧倒的に優勢です。

www.churio807.com