神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

【健康への投資】24時間制ジム「JOYFIT24」に入会して3ヶ月!予想以上に快適に通えています。

おはようございます。

投資と言うと、金融資産投資ばかりが話題に上がりがちですが、健康への投資はそれ以上に重要です。

私自身、24時間制のジム「JOYFIT 24」に入会して3ヶ月が経過しました。

今のところ、週3回以上のペースで通えているので、十分に元がとれているかと思います。

日頃から運動をすると基礎体力が向上し、本業のパフォーマンス向上にもつながりますので、私にとっては金融資産投資以上に重要です。

 

f:id:shinkei807:20171201153800j:plain

 

24時間制のジム「JOYFIT 24」に通い始めて3ヶ月になりました

今までに大型のフィットネスジムに通ったことはありましたが、今回は24時間制のスポーツジムにしました。

私は主に早朝に運動をすることにしています。

それは、当直明けの日以外はほぼ確実に自由になるからです。

医師の仕事の性質上、仕事終わりの時間は読めないことが多々あります。

「今日はもう帰られるだろう」と思った矢先に急患が運ばれてくることなど日常茶飯事だからです。

夜に運動しようと思ったら、帰りが予想以上に遅くなって結局やれなかったという事態を避けるために朝に運動することにしています。

 

早朝5時〜6時はいつ行っても空いていて快適

f:id:shinkei807:20170322094224j:plain

24時間制ジムのメリットは、自分の好きな時間にいつでも運動ができることですね。

特に、早朝5時〜6時頃はほとんど利用客がいないので非常に快適です。

夜20時以降の時間帯は、仕事帰りのサラリーマンが大勢利用するため、運が悪いと自分の利用したいマシーンが空いていないことがありました。

早朝の時間帯はそのようなことが一切ありません。

ストレス無く自分の好きな時間帯に運動ができるというのは24時間制ジムの最大のメリットです。

元々、大型ジムに通っていた時もプールやスタジオプログラムなどは利用していませんでしたから、私にはこちらの方が合っていたようです。

ランニングマシーンや筋トレマシーンなど、最小限の設備が整っていればそれで何も問題ありません。

 

年間10万円は健康維持のためと考えれば高くはない

通い始めて3ヶ月になりますが、大体週3回以上のペースは維持できています。

平均で月に12〜15回くらい通うことが多いです。

料金は大型のフィットネスジムよりも若干安い程度です。

大型のフィットネスジムが大体10,000円/月で、24時間制のジムが8000円程度ですね。

私の通っているJOYFIT24の月会費は8200円程度ですので、一回あたり500〜700円程度の利用料になります。

週1回程度しか通わないと割高に感じますが、週3回以上利用すれば市営のジムに通うよりも若干割高、という程度で済みますね。

年間約10万円になる利用料を高いとみるか安いとみるかは各個人の価値観によると思いますが、私にとって健康維持はプライオリティNo.1ですので、決して高くはないと考えています。

 

病気になって定期通院するよりもジムに通って健康維持した方が安上がりです

f:id:shinkei807:20170411120733j:plain

日本の医療保険制度は非常に恵まれています。

我々現役世代でも3割負担ですし、高額療養費制度も用意されています。

とはいえ、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病になって定期通院となれば、通院費・薬剤費で結構な値段がかかるのも事実です。

 

私を含め、若年世代の方は大病を患ったことは無い方が多いとは思いますが、将来のことは誰にも分かりません。

入院・手術となれば相当な出費がありますし、生活習慣病の多くは一度罹患すると長期に渡って通院・薬物治療が必要になることが多いですから、健康維持は何よりも節約になるのです。

年をとれば誰でも病気にかかる確率は高くなりますが、努力によってある程度その確率を下げることは可能です。

人生で最も優先すべき先行投資ですね。

 

通い続けられるかが何よりも重要

正直、24時間制のジムの場合、置いてあるのはランニングマシーンや筋トレマシーン、ダンベルなどの器具、ストレッチスペース程度です。

後はシャワー室やロッカールームがある程度ですね。

ロッカーが有料か無料かなど細かい差はあるようですが、設備自体は施設によって大きな差はありません。

となると、最優先すべきはなんといっても「継続性」でしょう。

結局は、自宅や職場から通いやすい距離にあるかどうかで決めてOKだと思います。

私は元々外をランニングする習慣はありましたが、寒い時期は早朝のランニングは寒さが身に堪え、場合によっては怪我につながりかねません。

天候に関わらず、年中好きな時間に運動できる環境をこの料金で手に入れられるのならばありかなと個人的には感じています。

 

まとめ

いくら多額の金融資産を積み上げたとしても、健康を害してそのお金で人生を楽しめなくなれば、何も意味がありません。

実際、病気になって入院・定期通院をし始めたら、ジムに通う以上の値段がかかるのは確実です。

国民一人一人の疾患予防への意識が高まれば、国の医療費削減にもつながります。

日頃デスクワークで座ってばかりいる人は、ぜひ定期的な運動習慣を取り入れましょう。人生がかわることは間違い無しです。

 

こんな記事も書いています。

癌、特に早期がんの治療においては、標準治療を選択した場合と、民間療法・代替療法を選択した場合の死亡率の差があまりにも違います。エビデンスに基づいた適切な治療を受けるよう心がけたいものです。

www.churio807.com

 

健康維持には、フィジカルだけではなくメンタルの健康状態を保つことも重要です。運動はメンタルにも良い影響を及ぼすことが証明されており、まさに一石二鳥と言えます。

www.churio807.com

 

テレビでも「メタボ」という言葉を耳にする機会が増えたように、肥満の健康リスクが高いことは言うまでもありません。しかし、実際には痩せは肥満以上に死亡率が高いことが知られています。

www.churio807.com