神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

2018年1月からのつみたてNISAは、夫婦で楽天証券で開始することに決定

おはようございます。

2018年1月から始まるつみたてNISAですが、皆さんはすでに口座開設をされたでしょうか?

税務署での審査を含めると、口座開設に1ヶ月程度の時間がかかりますので、年初からの利用を考えている方は早めに申し込みをした方がよいかもしれません。

私は、つみたてNISAは夫婦で楽天証券で開始することに決定しました。

その経緯につきまして、本日はご紹介致します。

f:id:shinkei807:20170917064701g:plain

 

 

つみたてNISAは夫婦で楽天証券で開始することに決定

つみたてNISAの弱点:購入可能商品が大幅に限られる

つみたてNISAの弱点の一つは、通常の口座よりも購入可能な対象商品が大幅に限られることです。

金融庁が厳選した商品しか購入できないのは、投資初心者によってはダメ商品をつかんで大失敗するリスクを減らすことができるものの、ある程度投資に慣れた人にとっては物足りなさが出て来るのも事実です。

個人的には、通常のNISA枠程度に購入可能商品を増やしてほしいと思っています。

 

ETFが購入できないのは残念だが、楽天・バンガード・ファンドの商品で代替する

f:id:shinkei807:20170929095658j:plain

特に、VTやVTIのように、全世界の株式市場や全米の株式市場に丸ごと投資できるETFにかわる商品が存在しなかったのが個人的にはネックになっていました。

 

普段VTやVTIを購入していると、投資信託で自分のアセットアロケーションに従って、

先進国株式クラスのインデックスファンドを何割購入して・・・

新興国株式クラスのインデックスファンドを何割購入して・・・

日本株式クラスのインデックスファンドを何割購入して・・・

と、一つ一つ設定するのが面倒くさいんですよね。

 

ところが、下記の楽天・バンガード・ファンドが創設されて、時代は一変しました。

www.churio807.com

 

今後も商品ラインナップはどんどん増えていくようですが、既存の楽天・全世界株式インデックスファンド(VTに対応)と、楽天・全米株式インデックスファンド(VTIに対応)には相当期待しています。

商品名には「楽天」とついていますが、実際にはSBI証券やマネックス証券でも購入可能です。

しかし、今回の楽天証券のチャレンジ精神を応援する意味で、つみたてNISAは楽天証券で始めることにしました。

 

夫婦二馬力で非課税枠を年間80万円にアップする

f:id:shinkei807:20170430195122j:plain

つみたてNISAの最大の弱点の一つは、非課税枠で買い付け可能な枠が年間40万円しかないことです。

年間40万円を上限一杯に利用して20年間積み立てたとしても、投資額は800万円にしかなりません。

つみたてNISAを20年間完遂したとしても、これだけで老後が安泰とはならないのは明白です。

そのデメリットを解消するための一つの手段は、夫婦二馬力で続けることです。

ただし、我が家の場合、妻は投資には一切興味がありませんので、実際には私が妻の口座の分も積立て設定をすることになります。

普段から妻の口座を頻繁にチェックするほど暇ではありませんので、妻の口座では放ったらかしで済む楽天・全世界株式インデックスファンドだけをひたすら積立てようかと考えています。

 

楽天スーパーポイントを利用して投資信託で購入可能

楽天証券の面白い点は、楽天スーパーポイントで投資信託の買い付けが可能なことです。

 

実は、私自身は最近ではネットショッピングの大半はamazonを利用していますので、楽天の利用頻度は下がっています。

amazonはprime対象商品であれば、土日関係なく翌日にはほぼ確実に届くのが大きな魅力なんですよね。

 

しかし、ふるさと納税は楽天を利用していますので、年間に3万ポイントくらいは貯まっています。

それを楽天市場での買い物ではなく、投資信託の買い付けに使ってみたいということです。

期間限定ポイントでも投資信託が購入できればまさに最強なのですが、それは現時点では無理なようです。

期間限定ポイントも利用可能になれば、楽天独自の最強のサービスとして他社と大きな差別化が図れると思うのですが。。

 

まとめ

・つみたてNISAは夫婦二馬力で20年間で1600万円の積立てを目指します

・楽天バンガードファンドの商品をうまく利用して、できるだけシンプルに投資します

・ふるさと納税で貯めた楽天スーパーポイントを投資信託の買い付けに利用します

 

 

こんな記事も書いています。

楽天のポイントアップキャンペーン中にふるさと納税をすることで、効率的に楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。そのポイントをつみたてNISAに回して効率よく資産を増やそうという計画です。

www.churio807.com

 

当ブログでは、つみたてNISAの買い付け商品として、楽天・バンガード・ファンドの商品をおすすめします。バンガード社のETFを積み立て購入することで、シンプルに世界の株式市場に投資することが可能だからです。

www.churio807.com