神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

ゼロから始める資産形成の攻略法その11「ふるさと納税を使い倒して家計の節約をしよう!」

おはようございます。

前回の記事では、投資初心者がiDeCoを徹底活用する方法を検討しました。

www.churio807.com

本日は、ふるさと納税を使い倒して家計の節約をする方法を考えてみます。

 

f:id:shinkei807:20170922154517j:plain

 

ゼロから始める資産形成の攻略法 その11

10,000円の節約・節税は10,000円の稼ぎに勝る

節約・節税の重要性を忘れそうになった時に、思い出していただきたい言葉があります。

「10,000円の節約・節税は10,000円の稼ぎに勝る」

です。

10,000円の節約・節税は、自分の手元に残るお金をダイレクトに10,000円増やします。

一方、頑張って10,000円を余分に稼いだとしても、そのうち2〜5割程度は所得税・住民税で徴収されてしまうのです。

高額所得者であればあるほど、10,000円の手取りを増やそうと思ったら、20,000円近くを稼ぐ必要があります。

逆に、節約・節税した10,000円を投資に回したならば、数十年後には2倍くらいに膨れ上がる可能性もあります。

そう考えると、日常のちょっとした無駄使いがいかに無駄なのかがよく分かると思います。

 

ふるさと納税を使い倒そう

ふるさと納税を使い倒すにはコツがあります。

 

1) 自分の収入で、自己負担2,000円で寄付可能な上限額をシミュレーションする

→楽天やふるさとチョイスのホームページにシミュレーターがあるので、自分の年収や家族構成を入力してシミュレーションしてみましょう。

サイトによって結果が微妙に違うので複数試すのがおすすめです。

 

event.rakuten.co.jp

www.furusato-tax.jp

 

2) ふるさと納税の自己負担2,000円での納税上限額は、「年度」ではなく「その年」の収入によって決まる

→確定申告をしたことがある方にとっては常識ですが、私の友人でも知らない人がいました。間違えると致命的です。

 

3) 同じ自治体・返礼品ならば、できるだけポイントなど他サービスが充実しているサイトを利用する

→楽天スーパーポイントは楽天市場での買い物全般に使えますので、ポイントの使いみちがないという事態になりづらくおすすめです。

 

ポイントも含めると楽天のふるさと納税がおすすめです

f:id:shinkei807:20170922162608g:plain

楽天のふるさと納税は、以前はふるさとチョイスやさとふるといったメジャーサイトと比べて、参加自治体数や返礼品の種類が少なく、使い物になりませんでした。

最近は楽天も力を入れているのか、自治体数や返礼品もだいぶ充実してきています。

 

楽天のふるさと納税を利用する最大の理由は、楽天スーパーポイントが効率よく獲得できるからです。

楽天の場合、ふるさと納税の寄付金もショップで通常商品を購入したものと同じように扱われるのがポイントです。

セール以外の通常時でも、10,000円を寄付すれば100ポイントの楽天スーパーポイントが獲得できます。

普段10,000円の買い物をするには多少の勇気いりますが、ふるさと納税ならば思い切ってお金を投入できます。

 

楽天の各種セールに合わせてまとめて納税をしよう

しばしば開催される楽天のセール時にあわせてふるさと納税をするのがおすすめです。

寄付なのになぜかポイント10倍がついていることがあります(笑)

10,000円を寄付すると、楽天スーパーポイントが1,000円付与されるのです。

全く意味不明ですが、大変ありがたいです。

 

また、ふるさと納税の自治体は楽天のお買い物マラソンのショップとみなされます。

お買い物マラソン中にまとめてふるさと納税をすることで、簡単に10倍近いポイントを獲得することができます。

注意が必要なのは、同じ自治体に複数回寄付をしても、一つのショップと見なされますので、買い回りのショップ数には1回しかカウントされません。

 

ふるさと納税で贅沢品ではなく日用品を手に入れると節約になります

f:id:shinkei807:20170928175538j:plain

ふるさと納税では、高級牛肉や魚介、高級フルーツなどの派手な返礼品に目がいきがちです。

私自身も、数年前は豪華な返礼品をいただいて一時の贅沢をして満足していましたが、最近は飽きたのでやめました。

 

絶対のおすすめはです。

我が家は山形県の「つや姫」を何度もリピートしています。

自治体にもよりますが、10,000円の寄付で15kgのお米を自宅まで配送していただけるので、重いお米を持ち運ぶ必要がなくなり、助かっています。

おかげさまで、我が家のお米代は年間を通じて0円です。

 

次に、小さな子供がいる家族へのおすすめは、ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品です。

ティッシュだと60箱、トイレットペーパーだと96ロールと、半年近く持つ量が送られてきます。

かなり大きいので、狭い家庭だと置き場所に困るかもしれませんが、ティッシュやトイレットペーパーなどかさばる物を定期的に買いに行かなくて済むので大変助かります。

 

よくお酒を飲む方にはビールもおすすめですね。

毎日ビールを飲む方にとっては、お酒代は意外と馬鹿になりません。

アサヒスーパードライ、キリン一番搾り、エビスビール、プレミアムモルツなど有名所は大体そろっています。

おかげさまで、我が家は最近はビールには一銭も払っていません。

 

 

まとめ 

ふるさと納税で贅沢品ではなく日用品を購入することで、家計の節約に直結します。

やり方によっては年間数万円の節約につながる可能性もありますので、うまく活用しましょう。

 

 

こんな記事も書いています。

電気代に関しては、こまめに電気のスイッチをon-offするよりも、電力会社を変更してしまったほうが効率がよいと思います。HTBエナジーは、電気の使用量に関わらず一律で5%オフなのでおすすめです。

www.churio807.com

 

各自治体の間で過剰な返礼品競争が行われたため、ふるさと納税の返礼品の額を寄付額の3割までに制限するよう、2017年4月に総務省から通達がありました。法的な拘束力は今のところないようですが。

www.churio807.com