神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

ゼロから始める資産形成の攻略法その5「資産形成に必須の生活態度を身につける」

おはようございます。

前回の記事では、まとまった額のタネ銭を1年でも早く貯めることが、資産形成というゲームで勝敗を分けるという話をしました。

www.churio807.com

株式投資をするにせよ、不動産投資をするにせよ、最低でも数百万円単位のタネ銭がなければ、目に見える効果は現れづらいと思います。

そして、タネ銭を効率的に貯めるには、お金が貯まりやすい生活態度を身につける必要があります。

f:id:shinkei807:20170412111632j:plain

 

ゼロから始める資産形成の攻略法 その5

富裕層の生活態度を勉強して自分の生活に取り入れる

資産形成において最も重要なのは、お金が貯まる仕組みを生活の中に取り入れることです。

そのためには、富裕層の生活態度を勉強し、それを自らの生活に取り入れるのが手っ取り早いです。

昔の人の真似などしたくないとおっしゃる方もいるかもしれませんが、昔から日本には「守破離」という言葉があります。

まずは模倣をして型を守り、それをベースに自分なりの型を発展させ、そして最後に師匠から離れていくということです。

何事も、すでに成功した先人から学ぶということは非常に重要です。

身の回りにすでに経済的に自由な状態に到達した先輩がいればその人に話を聞くのもありですが、そのような恵まれたケースは稀ですから、実際には本を読んで勉強するということになります。

 

『私の財産告白』と『となりの億万長者』を何度も熟読しよう

資産形成に必要な生活態度を学習するためには、『私の財産告白』と『となりの億万長者』の2冊が圧倒的におすすめです。

この2冊を数回以上熟読し、その後も折に触れて読み返すことが重要です。

他にも良い本はあるかもしれませんが、下記の2冊を読んで実践すれば十分だと考えます。

悩んでいる暇があったらすぐに買って読んだ方が早いです。

株式投資や不動産投資に関する本を読むのももちろんOKですが、資産形成のベースになる生活態度を身につけることなく、株式投資の本を読んでも思ったような成果は出ません。

そういった方は、物事を勉強する順番を完全に間違えているのですが、ご本人は株の本を読んで勉強した気になっているケースもありますので、注意が必要です。

派手なことが書いてある株式本は読んでいて面白いので、私もつい気が引かれますが、読んだ直後は勉強した気になっても、一生使えるノウハウではありません。

 

私の財産告白

私の財産告白

 

 

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

  • 作者: トマス・J・スタンリー,ウィリアム・D・ダンコ,斎藤聖美
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

サラリーマンの方ならば、給与天引きの貯金は絶対におすすめです

f:id:shinkei807:20170901101235j:plain

私が今でも折に触れて読み返しているのが『私の財産告白』です。

その中でも、下記の2点は絶対におさえておきましょう。

 

1. 給与天引きの貯金(1/4貯金法)

本多静六先生の本を読んだことがある方ならば、知らない人はいないといっても過言ではないのが「1/4 給与天引き貯金法」でしょう。

やり方は簡単で、給料の1/4を将来のために別にとっておき、残ったお金の範囲内で生活するというルールを何があっても絶対に守ることです。

人間はお金が入ってくると、入ってきた分だけ使ってしまう習性があります。

その誘惑に負けないために、入ってきた給料のうち1/4を貯蓄用の別の口座に自動でうつすようにしましょう。

ネット銀行であれば、毎月指定日に自動振込設定が可能ですので、誰でも簡単にやれます。

この1/4というのは最低ラインですので、可能な方は1/3、1/2と増やしていければ、その分早くタネ銭を貯める段階をクリアできます。

勤務医の私が実際にやってみますと、1/3までは割と楽に達成可能で、1/2程度までは努力次第で可能です。2/3はかなりきついです。

あまりストイックに取り組みすぎずに、「こうやったらもっと上手に貯められるのではないか?」とゲーム感覚で始めてみるのがおすすめです。

 

2. 好況時は勤倹貯蓄に励み、不況時に積極的な投資をする

これは、言い換えれば順張りではなく逆張り投資を推奨しているということです。

一般的には、株式市況が良い時ほど新規参入してくる投資家の数も増え、不況時には株式から手を引く人が多いです。

この逆のことを本多先生は推奨しています。

人と同じことをやっているだけでは成功できない、というメッセージともとれます。

これは私も同感で、「人の行く裏に道あり 花の山」という有名な投資格言の通りです。

購入時に精神的に苦痛を感じるような悪い相場の時ほど、後から見返すと大きな利益を生むことが多いからです。

精神的に苦痛を感じたくないという人は、ドルコスト平均法でひたすら積み立てる投資スタイルが次善の策となるでしょう。

 

まとめ 

資産形成に必須の生活態度を身につけるためには、『私の財産告白』と『となりの億万長者』を何度も読み返しましょう。これが資産形成のためのベースになります。

 

 

こんな記事も書いています。

『私の財産告白』のレビュー記事です。文庫本でわずか500円しかしませんので、コスパは最強です。全ての個人投資家が一度は目を通すべき書籍だと思います。

www.churio807.com

 

『となりの億万長者』のレビュー記事です。米国の富裕層たちの生活の実態について、詳細に記載されています。思いの外、贅沢な生活をしているわけではないということです。

www.churio807.com