神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

家族の満足度を上げるためにメリハリを持ってお金を使うことが重要

おはようございます。

独身時代、結婚直後の夫婦だけの時、子供が生まれた後ではお金を使う目的が変わることが多いと思います。

独身時代は、良い服が着たい、高給時計が欲しい、良い車に乗りたい・・・など、自分自身のステータスを向上させることにお金を使いがちです。

私自身が結婚をしてから感じることとしては、「家族全体の満足度」が上がるお金の使い方ができると、良いお金を使ったなぁと実感します。

f:id:shinkei807:20170702073717p:plain

 メリハリを持ってお金を使うべき所には惜しまず使おう

日本の病院は大半が主治医制を敷いていますので、長期休暇をとるのはなかなか難しいのですが、我が家では年1回は海外旅行に行くことにしています。

 

なぜ国内旅行ではなく海外旅行かと言うと、

・日本にいては絶対に経験できない海外の文化に触れる機会をつくる

 →子供にとっても貴重な経験になる

・日本を離れて海外にしばらく滞在することで、普段は実感しづらい日本の良さを感じる機会を得る

 →海外に行くたびに、食と治安に関しては日本の上を行く国は無いと実感します

こういった経験を家族全体で共有するためですね。

 

現地での極上の経験に重きを置く

私は海外旅行においては、現地での極上の経験に重きを置いています。

海外旅行の快適度の大半を左右するのは滞在中のホテルです。

ですから、その国において最上級のリゾートホテルを確保することにしています。

日本人の長期休暇はせいぜい1週間〜10日程度ですから、どうせ長くても1週間程度しか滞在できないのであれば、その間は日本では体験できない極上の経験をたくさん得るべきです。

ここでお金をケチっても仕方がありません。

最上級といってもハワイやモルディブなどの物価の高いリゾートを選ばず、フィリピンや東南アジア系の一流リゾートを選べばたかが知れています。

私の中では、東南アジアの成長国の発展状況(経済・不動産)を自分自身の目で確認する視察の意味も兼ねていますが、それを家族に話すと興ざめされること間違い無しなので心の中に秘めています(笑)

まぁリゾート地に到着してしまえばそこは特殊な世界ですので、空港〜リゾート到着までの間でしか視察はできないわけですが。

 

移動手段に関しては節約!節約!節約!

現地滞在中の経験に対しては投資を惜しみませんが、移動手段に関してはできる限り節約をします。

ビジネスクラスやファーストクラスにはもちろん乗りません(笑)

基本エコノミークラスですし、格安航空会社(LCC)が運行している国であればLCCの利用も検討します。

自分が本当に求めているものを明確にしてそこにお金を集中投資する、メリハリをもったお金の使い方ができるようになると「良いお金を使った」と後で実感できることが増える気がします。

 

家族間で価値観の相違があると難しくなる 

ただし、そうは言っても家族間、特に夫婦の間で価値観の相違があると難しいですね。

幸い、うちの妻はブランドバッグやアクセサリーにはさほど興味を示しませんので、私と価値観が似通っており大変助かります。

うちの家族はブランド品にはお金を使わない分、現地での食事にはお金を惜しみません。

今現在独身の人は、このあたりよく注意して結婚相手を選ぶとよいと思います。

女子力が高くて美人な相手に慌てて飛びつくと後で後悔するかもしれません。

女子力や美人といったステータスは、多くの場合出会ってから数年間がピークでそれ以降は落ちていきます。

 

以前に、優秀な人材ほど就活の時に「今」人気のある業界や会社を選ぶがちだということを指摘しましたが、それと同じです。

「今」人気のあるものは大抵その時がピークですので、20〜30年後を見通す目を持ちたいものです。

www.churio807.com