神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

投資経験ゼロの人の初めの一歩にはVTとi-DeCO

おはようございます。

「投資経験が全くないのですが、ブログを読んで投資を始めてみようと思っています。具体的には何を購入したらよいでしょうか?」

上記の趣旨のご質問をいただきましたので、私なりに回答させていただきます。

f:id:shinkei807:20170315214724j:plain

i-DeCOを最大限利用してそれでも余裕があればVTを購入したらどうでしょうか

証券口座:SBI証券なら間違いはない

証券口座をすでに保有されているかどうかがご質問からは不明でしたが、まだ持っていないのであればSBI証券が無難だと思います。

楽天証券もいいですね。私ならそのどちらかに開設します。

開設するだけならば無料ですので、迷ったら両方作っておいてもいいのではないでしょうか。

楽天証券は楽天銀行利用者と相性がよく、ハッピープログラムやマネーブリッジを利用することで普通預金の金利が0.1%にアップしたり楽天スーパーポイントがたまっていきます。

私はSBI証券と楽天証券を両方とも利用しています。

 

初めに手を付けるべきはi-DeCO。給与所得者ならばi-DeCOは最大限活用したい制度

ご質問者が給与所得者という前提で話を進めますが、i-DeCO(個人型確定拠出年金)は絶対に利用すべき制度です。

これは、i-DeCOの掛け金は全額所得控除になるため、誰でも確実に節税することが可能だからです。

特に、所得税率の高い高額所得者ほど積極的に利用したい制度です。

ただし、「不健康でもいいから好きなだけタバコ吸って酒飲んで太く短く生きる」という人には不向きです。

それは、あくまでi-DeCOは個人年金ですので原則60歳までは掛け金を引き出すことができないからです。

そもそもそういう人は長期投資自体向いていませんが。。

 

i-DeCOで実際に何を購入する?

i-DeCOで購入すべき商品ですが、i-DeCOで得た利益には税金がかからないのがメリットですので、i-DeCOでは株式などのリスク資産で運用すべきです。

具体的な購入商品ですが、大半は初めから購入に値しない商品ですので選択肢は意外に少ないです。

 

SBI証券ならば、世界全体の先進国株式市場に投資をする

・DCニッセイ外国株式インデックス

これを買っておけばOKでしょう。

長期投資前提ならば100%これでも問題ありません(多分。。)

 

新興国に投資したければ、

・三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド

ですが、新興国の投信なので信託報酬がやや高め(0.594% )ですね。

でも悪くない選択肢だと思います。新興国に興味があればどうぞ。

 

掛け金の一部でREITに投資したければ、

・三井住友DC外国リートインデックスファンド

でよいでしょう。信託報酬も0.3024%と許容範囲内です。

 

特定口座で初めて購入するならばVTが無難

i-DeCOは上限一杯利用しているのを前提として、次のステップとして特定口座で初めて株式を購入するならばETFがよいでしょう。

一定以上のまとまった金額を投資できる人ならば、保有中のコスト面を考えると投資信託よりもETFがおすすめです。

一番手軽で無難なのはバンガード社のETFを購入しておくことです。

一つだけおすすめするならば、全世界の株式市場全体にこれ一本で投資できる

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

でしょうか。

他にもバンガード社のETFは優れた商品が多いと思いますので、いろいろ調べてみるとよいと思います。

 

NISAは私は利用していませんが、税制面では有利です

株式や投資信託を購入した時に、NISAの枠(年間120万円まで)で購入すれば利益部分に税金がかかりません(通常は20%くらいかかる)

じゃあ絶対に利用すべきだろうと思われるかもしれませんが、現行のNISAは制度として中途半端です。

それは、5年間という縛りがあるからですね。

5年が経過した時点で評価損が発生していると、損益通算や損失の繰越ができないのが致命的な欠点ですね。

恒久化されれば利用するのですが。。

20〜30年のスパンの超長期投資を前提にしている投資家にとっては、NISAは利用しづらい制度ですね。

まぁでもそのあたりを理解して利用するならば悪くないと思います。

 

まとめ

i-DeCOを最大限活用して、それでも余裕があればVTなどのETFを購入するのが無難です

 

こんな記事も書いています。

不動産も組み合わせると資産形成のスピードが大幅に加速します。ただし、レバレッジをかけるため失敗した時のダメージもでかいです。

www.churio807.com

 

今は株高なので適切な参入時期ではないかもしれません。i-DeCOは節税効果があるので参入時期は関係ないですが。

www.churio807.com