神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

まだ一回も株を買ったことがない人は今すぐに証券会社に口座を作って10万円分取引してみましょう

おはようございます。

私は株式投資を始めて10年くらいになりますが、一個だけ確実にアドバイスできることがあります。

それは、株式に関しては机上の勉強より一刻も早く実践した方がよほど勉強になるということです。

何を購入した方がいいとか、購入時期はいつ頃が適切かという質問には絶対的な正解はありませんが、一日でも早く実践した方がいいのは私の経験から間違いありません。

f:id:shinkei807:20170315214724j:plain

一回も取引をしたことがない人はいざチャンスの窓が開いた時に戦えない

当ブログは読んでいるけど、株を買ったことがない人への本日のアドバイスはこれだけです。

 

「このページを閉じて、今すぐに証券会社に口座開設の手続きをしてください」

 

口座を持っているけど一回も取引せずに放置している人は、今すぐに10万円でいいから身銭を切って何か買って下さい。

長い間ログインしてなくてパスワードすら忘れちゃっている人は相当重症ですよ。

SBI証券の回し者ではありませんが、迷ったらSBI証券がおすすめです。

SBI証券は他社が一時的に一歩先を行っても、後から追従して同程度のサービスを提供してくれることが多いので、少なくとも後悔することはないと思います。

証券会社を乗り換えるのは意外と面倒くさいので慎重に。

 

自分のお金のことになると真面目に勉強するようになるから

お金や投資の本は何十冊も読んでいるけど、実際の行動にうつしていない人は要注意です。

こういうのは学生時代に勉強ができた優等生タイプに多いですね。

本を読んだだけで実践しなければ何も意味がありません。

知識を得ただけでは意味がなく、それを実践して実際の生活に役立つ知恵にかえなければ意味がないということですね。

100%理解してから実践しようと考えているといつまでも実践できません。

何も分からず手探りで投資を始めるのは危険ですが、実際にやってもいないのに100%分かるということはありえませんので、社会人になってからは6割か7割くらい理解したらとりあえずやってみる、という姿勢が重要かと思います。

自分のお金が実際に増えたり減ったりすると、「何故だろう?」と真面目に勉強するようになるんですよ。

「そんなことはない!俺は毎日日経新聞を読んで株価や経済の勉強をしている」

とおっしゃる方もいると思いますが、それは「ただ見てるだけ」なんです。

一日も早く身銭を切って勉強してください。今までと違う世界が広がることは間違いありません。

 

で、初心者は何買ったらいいの?→迷ったらVTでも買っておいてください

投資においてコストを意識することは必須ですので、経費率を考えるとバンガード社のETFが優秀ですね。

迷ったら、VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)でいいんじゃないでしょうか。

手数料も安いし、これ買っておけば全世界の株式市場全体を買っているのに等しいですから、失敗する確率は低いです。

学生時代にテストで平均点をとるにはかなりの努力が必要だったかと思いますが、株式投資においてはとりあえずVT買っておけば平均点はとれるということですね。

こう考えると株式投資は受験勉強の100倍以上楽ですね。

昔はこんな商品ありませんでしたから、本当に良い時代になったもんです。

もちろん市況が良すぎる時期に購入すれば値下がりをする危険性はありますが、とりあえず投資の勉強のためにお試しに買うのであればいつ購入してもOKです。

 

VTI(米国)とかVWO(新興国)とかVGK(欧州)とか買ってみたら、もう少し細かい勉強になるかも

株価は政治的なイベント(選挙など)やテロなどの犯罪によってけっこう影響を受けます。

VTだけじゃ単純すぎて経済の勉強にならんわ、という人は国や地域別の株式市場に投資するETFをトライしてみたらいいんじゃないでしょうか。

バンガード社のETFには、全世界の株式全体に投資するVT以外にも、国や地域別に投資できるものがいくつもあります。

 

・VTI(米国市場)

・VWO(新興国市場)

・VGK(欧州市場)

こういった商品ですね。

 

「ん?日本がないぞ?」と思われたかもしれませんが、日本人が日本に住んで社会人やっていれば日本の政治や経済ニュースくらい見るからいいでしょう。

これらのETFを少額購入してみて、大きな値動きがあったらその国で株価に影響を与えうるイベントが何か起きていないか勉強してみるとよいと思います。

 

「私は不動産やってるからそれでいい」という人もいますが、株もやったらいいじゃない

不動産は不動産で確かに株式投資にはないメリットがありますが、一人の人間が一つの投資手法しかやっちゃいけない、といったルールがあるわけではありません。

時期によって、株式投資が強い時期、債権が強い時期、不動産投資が強い時期、外貨を買った方がよい時期などありますから、いろいろ組み合わせてみるのがよいでしょう。

もちろん、せっせと現金をストックしておくのが正解という時期もあります。

不動産は独特の慣習やルールがありますので、狭く深く勉強する必要がありますが、株式、債権や為替に関しては全世界に関して広く浅く勉強しておいて、チャンスの窓が開いたらそのタイミングで参入するのが効率がよいかな、と思います。

 

 

こんな記事も書いています。

これからの時代は日本円ばかり保有してもジリ貧になっていくと思います。外貨建て資産を持つことは必須でしょう。外貨建て資産欲しいけど、いろいろ考えるのは面倒くさいという人はVTですね。

www.churio807.com

 

投資の世界は本当に広くて、人それぞれいろいろな手法で戦っています。自分に合った手法をうまく取り入れて楽しめるようになるとよいと思います。

www.churio807.com