神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

月額課金サービスは固定費増に直結するから資産形成の敵!と頭では理解していてもつい使ってしまう

こんにちは。

一般人にとって、資産形成において節約術というのは避けて通れない道です。

年収が3000万円以上あるならば、まぁ好き勝手やってくれよという感じです。

ベンツ買って、マイホーム購入して、子供を進学塾に入れて、年に数回旅行に行って・・・

それで余ったお金で貯金していれば十分でしょう。

実際には、年収3000万円以上の人は日本には0.2〜0.3%しかいないらしいので、ほとんどの人は節約を避けて通れないわけです。

特に、年収1000万円程度で節約を普段から心がけていないと、 なぜか分からないけどほとんど手元にお金が残っていないという人も多いのではないでしょうか。

f:id:shinkei807:20170509113701j:plain

月額課金サービスは固定費増に直結する!と分かっていながらつい使ってしまう

年収3000万円以上の富裕層の方々が、当ブログのような泡沫ブログを見ているとは思えないので、真面目に考えてみましょう。

食費を大幅に削るのは理論上は可能ですが、気持ち的にだいぶ辛いです。

食の質を下げるといかにも「質素」な生活になってしまいます。

私はそんな修行僧のような強い精神力を持ち合わせていないので、食にはお金を惜しみなく使います(外食はあまりしないですが)。

一方、固定費に関しては数千円単位でも厳しくみるようにしています。

ほんの少しだから、と思って固定費増をすぐに許容してしまうと、後からボディーブローのように効いてくるからです。

 

そんな固定費の大敵が各種月額課金サービスだと思います。

こんなに言うんだからお前は月額課金サービス使ってないんだろうな、と思われるかもしれませんが、実際にはけっこう使ってました。。

う〜ん、やはり便利さには代えられないんですね。時間や利便性をお金で買っている、といってもよいかもしれません。

 

Amazonプライム会員:年会費3900円

これは月額ではなく、正確には年会費が3900円ですが、amazonのヘビーユーザーならば加入しない理由が見つからないレベルです。

primeマークがついている商品であれば、お急ぎ便で翌日には届きます。

primeビデオも最新作はあまりありませんが、旧作であればけっこうな種類を視聴することができます。

「絶対にこの作品がみたい!」という人には向きませんが、面白そうなのがあったら見てみようかなという人にはおすすめです。

子供用のアニメのように新旧関係ないものもありますので、子育て世代には便利ですね。

primeビデオに見たいものがなかった場合には、私はiTunes storeで購入、またはレンタルしています。

DVD一枚でレンタル料が500円くらいですね。購入すると2500円くらい。

昔はレンタルするためにGeoやTSUTAYAの店舗に足繁く通っていました。人気のある作品はなかなか借りられなくて苦労した記憶が残っています。

ふと気づけば実店舗で最後にレンタルをしたのは2年前くらいですね。

 

Apple Music:月額980円で音楽聴き放題サービス

月額980円で配信されている音楽が聴き放題というサービスです。

Amazonプライム会員ならprime musicが無料で使えるから本当はさほど必要ないんですが、ただ単に私がアップルのサービス全般が好きという理由で利用しています。

好きな癖にアップルの株は持ってませんが。

他人が配信しているプレイリストをそのままダウンロードすることができ、自分では絶対に聴こうと思わなかったような音楽と出会えるのが楽しいです。

まぁでもAmazonのprime musicがあるから本当はいらないですね。

知っててやってる無駄遣いというやつです。 

 

普段はアイドルグループには全く興味が無いのですが、この欅坂46の「二人セゾン」はいい曲ですね。

Apple musicがなかったら絶対に出会っていないでしょう(笑) 


二人セゾン - Keyakizaka46

 

dマガジン:月額432円で雑誌読み放題サービス

magazine.dmkt-sp.jp

月々432円(税込)で200種類近い雑誌が読み放題というサービスです。

これは私というより妻の生活の一部に完全になっています。

雑誌を月に何冊も購入すると意外とお金がかかりますよね。女性誌など種類が多すぎて、毎月何種類も購入していたら馬鹿になりません。

dマガジンの月会費は雑誌1冊の代金よりも安いですので、毎月確実に元をとっていると思います。

注意したいのは雑誌の全ページが読めるわけではないということです。

うちは携帯が夫婦ともにiphone SEで雑誌を読むには画面が小さいので、雑誌を読む時にはipadを利用しています。

 

入りっぱなしになっている月額課金サービスはないか?

月額課金サービスでありがちなのは、加入キャンペーンで「今加入すると3ヶ月は月会費が無料」というやつですね。

3ヶ月が経過してこちらから解約のアクションを起こさないとそのまま課金が始まります。

月額課金サービスに加入する時は、何月から有料になるか必ずメモっておくようにしましょう。

私も先日見直したら、最近あまり使っていないYahooプレミアム会員になったままでしたので、速攻で解約してやりました。

 

 

こんな記事も書いています。

タネ銭を貯める段階が資産形成で一番きついですね。この時期はとにかくハードワークです。後で必ず報われます。

www.churio807.com

 

『私の財産告白』と『となりの億万長者』を読めばとりあえず資産形成の基本的な考え方が身につくと思います。

www.churio807.com