神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

サッカー日本代表のメンバーについて考えてみる

たまには趣向をかえてサッカーの話をしてみます。

当ブログでは普段は医業やお金の話ばかりしていますが、実は私はサッカーを普段から注目して見ています。

主に欧州サッカーがメインでJリーグはあまり詳しくないのですが、現状でのサッカー日本代表のメンバーについて素人が勝手に考えてみます。

f:id:shinkei807:20170324211236p:plain

 もし自分が監督だったらどんなメンバーを招集するか自由に考えてみる

フォワードは大迫、原口、久保のレギュラー陣に加えて誰を呼ぶか

最近の日本代表戦では大迫がワントップで、左に原口、右に久保を置く配置になっています。今のところ、そこそこ機能しているし結果も出ているため、しばらくはこのスタメンで行くのだろうと予測されます。

一方で、本田と宇佐美は今の状態であれば選外でよいでしょう。

どちらも所属クラブで出場機会に全く恵まれておらず、ハリルホジッチ監督の普段の発言「コンスタントに試合に出場している選手を呼ぶ」が真実ならとっくに代表落ちしていてもおかしくないはずです。

岡崎はブラジルワールドカップあたりまでは、日本代表ではコンスタントに点をとってきた選手であり、途中出場でも活躍の機会があると考え選出しておきます。

 

個人的には、現在のパフォーマンスから言って、横浜Fマリノスの斎藤、ザルツブルクの南野、エイバルの乾を代表で使ってみたいと思います。

斎藤はJリーグレベルでは完全に違いを生み出せる選手になっていますし、南野と乾は海外でコンスタントに試合に出場しており、結果も残しているからです。

 

もし自分が監督なら、大迫、原口、久保、南野、斎藤、乾、岡崎を選出したら面白いと思います。

 

ミッドフィルダーではトップ下に誰を置くか

長谷部がいれば不動のボランチであるが、先のUAE戦では代役の今野が十分に期待に応える役割を果たしました。

今野は読みがよいため、試合に落ち着きを与えられるという意味で今後も長谷部の代わりに起用されるでしょう。

国の代表としては地味なのが問題だが、ボランチには今野のような黒子役が適任です。

相方は最近の実績から言って山口で固定でしょう。

 

トップ下は、近年の日本では人材が豊富で最も争いが激しかったポジションの一つですが、今は逆に人材難になっている。

特に今は、Jリーグに帰ってきた清武のコンディションが極めて悪い。

清武が絶好調ならば前線の3枚との連携面や、セットプレーでのキックの精度を考えてファーストチョイスなのですが。

香川はここ数試合出場機会を得ているが、その日によって調子の波が激しいのが問題です。

また、香川がトップ下になった場合に、セットプレー全般を香川が蹴っているが、全く得点の予感がしないのが問題です。

個人的には、前線を大迫、原口、久保でいくのであれば、彼らを活かせそうな中村憲剛とかを呼んでも面白いと思います。

 

ディフェンダーは長友のパフォーマンス低下により、サイドバックはW酒井か

ワールドカップ最終予選の一番重要な局面を迎えている中で、しかも最近はさほど失点していない現状では、ディフェンスライン、特にCBは替えづらいでしょう。

CBのレギュラーは当面吉田と森重でいくものと思います。

クラブワールドカップでの活躍ぶりから考えると、昌子を見てみたい気もしますが、ディフェンスは連携面の重要性が大きいため、吉田か森重に怪我などが無い限り出場機会はないでしょう。

先のUAE戦をみる限り、長友はクラブでも出場機会がなく、パフォーマンスはピーク時からは程遠いものでした。

ピーク時の内田と長友のサイドバックがいかに充実していて、他を圧倒する不動のレギュラーであったか、今になって実感します。

まぁ現状のクラブでの活躍ぶりからいけば、順当に左が酒井高徳、右が酒井宏樹で決定でしょう。

槙野はCBでもSBでも出られるユーティリティプレイヤーという点で呼ばれると思います。

 

まとめ

他には、国内組ではSBで室屋や西、MFで中島や大島、FWで金崎や鈴木、長沢といったところでしょうか。

全て素人の妄想です。何かご意見あればご自由にどうぞ。

 

こんな記事も書いています。

ただの勤務医のくせに偉そうにマーケティングについて考察してみた記事です。当ブログの本筋と関係なく思いつきのまま書いたという点でこの記事と共通しています(笑)

shinkei807.hatenablog.com